クレジットカードの現金化業者の中には元闇金業者が潜んでいる?

クレジットカードの現金化は、専門の現金化業者を利用することで、安全で早くショッピング枠を現金に換えることができます。

しかし、現金化業者の利用を検討している人の中には、インターネットで検索するとたくさんの業者が出てくるので、どこの現金化業者を利用すればいいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

現金化業者の中には、元闇金だった業者が職種替えをして運営していることがあるため、利用してしまうとトラブルに発展しやすいので注意が必要です。

そのため、安全に現金化を行うには、現金化業者を見極める必要がありますが、元闇金業者が運営している現金化業者を見分けるのは難しくなっているため、正しい知識を得てリスクを抑えることが大切になります。

当記事では、元闇金業者が現金化業者に職種を替えて運営している原因とリスクを減らす方法についてご説明します。

元闇金業者が運営している現金化業者を利用するとどうなるのか

元闇金業者が運営している現金化業者であっても、優良な現金化業者は存在します。

しかし、元闇金業者が運営している現金化業者の中には、もともと闇金業者のつながりやノウハウを使うことで、利用者からお金を騙し取ろうとする悪質な業者がいます。

そのため、トラブルを避けるためには、元闇金業者の運営している現金化業者を利用しないことが大切です。

個人情報を売られてしまう

クレジットカードの現金化業者を利用する場合、盗難や偽造されたクレジットカードの不正利用を防止するために、運転免許証や保険証などの本人確認書類とクレジットカード情報を提出します。

なぜなら、現金化業者は、不正に入手したクレジットカードを利用されると、犯罪に巻き込まれてしまう場合や、クレジットカード会社や警察の調査が入る可能性があるため、事前に現金化に利用するクレジットカードが申込者のものであるかの確認をしているのです。

しかし、元闇金業者が運営している悪質な現金化業者の場合、利用者が提出した個人情報を闇金業者に売ることで、利益にしていると言われています。

そのような業者でクレジットカードの現金化を行った後に、闇金業者から融資の連絡が来る場合があります。

クレジットカードの現金化を利用する人は、消費者金融や銀行から融資を受けられない人が多いため、現金化業者が持っている個人情報は、闇金業者にとって優良な顧客リストになるのです。

そのため、現金化業者を利用する人の情報は、高い値段で売れると言われており、よい収入源になっているのです。

換金率を下げられる

闇金業者というのは、高い利息を取られる、怖い取り立てに遭うなど、世間に悪いイメージが浸透しているため、利用する人が少なくなっています。

そのため、闇金業者は、まだ悪い印象が少ないクレジットカードの現金化業者に職種を替えているのです。

しかし、そのような現金化業者を利用してしまうと、提示している換金率から様々な理由で手数料を引かれてしまい、詐欺まがいの換金率で契約させられてしまうのです。

闇金業者の本質は、利用者からどれだけお金を騙し取れるかということなので、還元率が低くてキャンセルしようとすると、キャンセル料が発生すると言われ、個人情報は知っているから自宅に行くなど、利用者を脅してお金を騙しとろうとするのです。

元闇金が現金化業者に職種替えをしている理由

元闇金が、現金化業者に職種替えをしている代表的な原因は次のものが挙げられます。

・現金化業者は闇金と違い警察に摘発されにくいから
・総量規制の関係で利用者が増えているから
・銀行系カードローンに顧客を奪われたから
・現金化業者はインターネット上で運営できるため対面のリスクがないから

闇金業者は、警察の摘発が厳しくなったことから、年々少なくなってきています。

そのため、闇金業者は、より安全な現金化業者に職種替えをして生き残っていこうとしているのです。

現金化業者は闇金と違い警察に摘発されにくいから

闇金業者は、個人にお金を貸すことで、元本と一緒に利息を受け取ることで利益を得ているため、貸金業に該当します。

貸金業をするには、金融庁や財務局へ貸金業者としての登録をしなければ、運営することができないと貸金業法で定められています。

また、貸金業法には、上限金利や取り立て方法などが細かく決められているため、法律を守らなければ、貸金業者を続けることができません。

しかし、闇金は、そのような貸金業者の登録を一切行っていないのに貸金業をしているため、違法になります。

そのため、貸金業をしていることが警察にバレてしまうと摘発されてしまうのです。

また、お金を貸付ける際には、金利の上限が20%以内になるように出資法という法律によって定められています。

闇金業者の金利は、10日で3割のトサンや10日で5割のトゴと言われる超高金利で貸し付けを行っているため、出資法違反になってしまうのです。

しかし、現金化業者であれば、古物商の登録をすることで運営することができ、手数料をいくらとっても法律に違反していないため摘発される心配がないので、安心して営業をすることができるのです。

古物商とは、古物営業法で古物として規定されているものの売買や、交換することを商売としてできる業者や個人のことになります。

現金化業者でよく利用されるギフトカードや、ブランド品がこれに該当します。

古物商の登録は、貸金業よりも簡単なため、闇金は現金化業者の方が営業しやすいことから、職種替えを行っているのです。

総量規制の関係で利用者が増えているから

2010年に行われた貸金業法改正の際には、総量規制という規定が決まりました。

総量規制とは、消費者金融や信販会社のカードローン、クレジットカードのキャッシングを利用して借りられる金額の上限を個人年収の3分の1を上限とする規定です。

たとえば、年収240万円の人が貸金業者から借り入れできる金額は年収の3分の1である80万円が上限になります。

さらに複数の貸金業者から借り入れがあった場合、総量規制の上限金額から、借り入れの合計金額を差し引いた金額が追加で借り入れできる金額の上限になります。

そのため、総量規制により、貸金業者から借り入れることができなくなった人が闇金業者に流れたため、闇金業者は活気づきました。

しかし、それと同時に、貸金業者に過払い金請求をする動きも活発になりました。

2010年の貸金業法改正では、利息制限法で定められている金利を越えて支払った利息が無効になったため、利用者に返還する義務が発生しました。

闇金業者が貸付けた際の金利は、上限金利を大きく超えていたため、上限を越えて受け取った利息は無効になり、貸付けた金額を回収することができなくなったことから、営業を続けることができなくなった闇金が多くなりました。

しかし、クレジットカードの現金化であれば、貸付けではないため、実質高金利で貸付けを行っているのと同じくらいの利益を得ることができるのです。

そのため、闇金業者は現金化業者に移るところが出てきたのです。

総量規制以降は銀行系カードローンに顧客を奪われた

貸金業法の改正によって、総量規制が規定されたため、貸金業者からお金を借りることができない人の一部が闇金業者に流れました。

しかし、総量規制によって、貸金業者から借りられなくなった人たちが闇金以上に流れたのが銀行でした。

総量規制が決まったころから、銀行でも消費者金融と同じようなカードローン商品に力を入れ始めました。

銀行は貸金業法ではなく銀行法によって管理されているため、総量規制の対象外になるのです。

銀行のカードローンは、消費者金融よりもクリーンなイメージがあり、金利も消費者金融と同じ程度だったため、貸金業者からの貸付けが出来ない人は、銀行のカードローンを利用したため、闇金の売り上げが少なくなってしまったのです。

インターネット上で運営できる

闇金業者は、利用者と対面で行う契約や貸付け、債務の回収をする際に、警察の摘発に遭うことが多いため対面での取引ではリスクが高くなりました。

しかし、現金化業者であれば、インターネット上で運営ができるため、誰とも会わずに取引をすることができるのです。

クレジットカードの現金化であれば、カードの決済や取引などがインターネット上ででき、利用者との連絡も電話やメールで済んでしまうので、警察の待ち伏せや、摘発に怯える必要が無いため、現金化業者に移行するところが増えてきたのです。

元闇金業者が運営している現金化業者の特徴

普通の現金化業者と、元闇金の現金化業者を見分けるのはとても難しくなっています。

なぜなら、元闇金業者というだけで、運営方法は他の現金化業者と変わらないからです。

サイトを見ただけでは元闇金の現金化業者と判断することができません。

そのため、万が一元闇金の現金化業者を利用してしまった場合に被害をなるべく少なく抑えるための対策が必要になります。

換金率が低い

闇金業者は、違法の貸金業者のため、いつ警察にバレてもいいように、高い利益で貸付けを行っていました。

現金化業者に変わってからも、そのスタンスはかわらずに、他の現金化業者に比べて手数料が高く換金率が低くなることが多くなっています。

さらに、換金率が低いためキャンセルしようとすると高圧的な態度になり、キャンセル料が発生するなどと脅しをかけてきて、無理矢理契約させようとします。

現金化業者を利用する場合、本人確認書類とクレジットカード情報を提出するため、利用者の住所が知られていることから、利用者は家や職場に連絡が行くと怖いという思いから低い換金率でも契約してしまうのです。

そのため、元闇金の現金化業者にひっかかってしまった場合には、現金化できる最低額で契約をすることでリスクを減らすことができます。

電話対応が悪い

元闇金業者が運営している現金化業者は、電話対応が闇金業者に近いため、対応が高圧的になりがちです。

なぜなら、闇金業者を利用する人は、お金が無くて困っている人なので、闇金業者は利用者に恐怖心を与えて、逃げられないようにして高い金利で契約をさせるのです。

また、闇金業者は、取り立ての際にも、貸金業法の規制が関係ないため、貸したお金を何としてでも返済させるため、脅迫に近い取り立てを行います。

その名残が残っているため元闇金業者が運営している現金化業者に電話をかけると高圧的な態度をされることがあります。

しかし、最近ではそのような態度も改善されつつあります。

悪質な現金化業者を回避するためのコツ

元闇金業者が運営している現金化業者を利用しないためには、本人確認書類の提出の際に必要以上に求められないかということに注意しましょう。

現金化業者は、クレジットカードが現金化を利用しようとしている本人のものであるかの確認ができれば良いのです。

そのため、優良な現金化業者であれば、必要な情報以外の部分を隠して送るように指示してきます。

しかし、悪質な現金化業者の場合は、個人情報を闇金業者に売って利益を得たいので、運転免許証の裏表、クレジットカードの裏表の画像など全ての情報の提出を強制してきます。

初めて現金化業者を利用した人は、勝手が分からないため業者の言うように画像を送ってしまいがちです。

とくにクレジットカード番号と裏面に記載されているセキュリティ番号が分かってしまうと、ネットショッピングで利用することができてしまうため、不正利用されるおそれがあります。

そのため、必要以上の個人情報の提出を求めてくる現金化業者は、悪質な場合が多いので利用しないようにしましょう。

まとめ

元闇金業者が運営している現金化業者が全て悪いとは限りません。

利用者の現金をだまし取ろうとする現金化業者は一部になります。

しかし、クレジットカードの現金化業者は法律の規制がないため、悪質な現金化業者であっても、普通に運営できてしまっているのが事実です。

また、現金化業者は、利用者がいなければ利益にならないため、悪質な現金化業者であっても必死にマーケティングをしてgoogleなどの検索で上位に表示されることもあります。

そのため、検索の上位に出てきた現金化業者だから安心というわけではないのです。

元闇金業者が運営している悪質な現金化業者を利用しないためには、正しい知識を得て、対策をすることが大切になります。

当サイトでは、独自の調査により優良な現金化業者を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。