クレジットカード現金化業者のWEB店舗を利用すれば梅雨時期でも手続きが簡単

「クレジットカードのキャッシング枠がいっぱい」「消費者金融の審査も通らない」という方におすすめなのがクレジットカードの現金化です。

クレジットカードの現金化なら、クレジットカードのショッピング枠を利用することで、審査不要で現金を手に入れることができます。

しかし、梅雨の時期は、天気が悪い日が続くため、外に出るのが億劫になることから、なかなか動けずに返済日が近づいてしまい焦ってしまいますよね。

そんなときには、現金化業者のWEB店舗を利用しましょう。

現金化業者のWEB店舗を利用すれば、家に居ながらでも現金化を行うことができるため、外に出る必要がありません。

この記事では、梅雨時期の天気の悪い日でも、現金化業者のWEB店舗を快適に利用できることを解説します。

クレジットカード現金化業者のWEB店舗とは

クレジットカード現金化業者のWEB店舗とは、インターネット上で運営している現金化業者のことを言います。

現金化業者の中には、実店舗を構えている業者が少数ですが存在します。しかし、利用するには店舗の営業時間中に足を運ばなくてはいけません。

そのため、平日は仕事で夜遅くまで働いている人や、住んでいる近くに店舗がない人は、現金化を利用することができません。

現金化業者のWEB店舗は、実店舗を構えていないため、スマホやパソコンなど、インターネットにつながった端末があれば全国どこからでも利用することができます。

そのため、現金化業者のWEB店舗は、簡単に利用することができるため便利です。

現金化業者のWEB店舗が家に居ながら現金化ができる理由

現金化業者のWEB店舗が、家に居ながらでも現金化をすることができる理由は下記の通りです。

・手続きは電話かメールのみ
・本人確認書類はスマホで写真を撮って添付
・金券ショップに行かなくてもよい

現金化業者のWEB店舗は、インターネットに特化しているため、書類による手続きがないのも特徴です。

そのため、家に居ながらでも簡単に手続きを完了することができます。

手続きは電話かメールのみ

現金化業者のWEB店舗は、手続きに必要な連絡が電話かメールのみになります。

なぜなら、クレジットカードの現金化は、審査不要で利用できるため、現金化業者のWEB店舗を利用すれば、対面での説明や書類での手続きが必要ないからです。

そのため、現金雨の日に店舗に足を運ばなくても手続きをすることができるので、家に居ながらでも現金を手に入れることができます。

本人確認書類はスマホで写真を撮って添付

クレジットカードの現金化には、審査がないため、申込者の年収や雇用形態などが必要ありません。

ただし、現金化業者を利用する場合、申込時に運転免許証などの本人確認書類と、クレジットカード情報の提出が必要になります。

なぜなら、現金化業者は、利用者が購入した商品を買い取り現金と交換するため、古物商としての登録が必要になるからです。

古物商が商品を買い取りする場合、商品の持ち主の身分証明書の提示が必須であることが古物営業法によって定められています。

そのため、現金化業者を利用する場合は、利用者の身分証明書の提示が必要になるのです。

現金化業者のWEB店舗を利用する場合、個人情報の提出はスマホなどで撮った写真を業者に提出すれば申込が完了します。

そのため、書類のコピーや現金化業者にFAXする必要がないため、雨の日にコンビニに行かなくても、家の中で申込をすることができます。

現金化業者のWEB店舗を利用する場合クレジットカード情報も必要になる

現金化業者のWEB店舗を利用する場合、運転免許証などの本人確認書類の他にクレジットカード情報の提出も必要になります。

なぜなら、現金化業者は、本人確認書類とクレジットカードを照らし合わせることで、現金化に利用するクレジットカードが盗難や偽造されたものでないことを確認するためです。

現金化に利用されたクレジットカードが、盗難により不正利用されたものや偽造されたものだった場合、現金化業者がトラブルに巻き込まれる可能性があります。

そのため、現金化業者を利用する際は、クレジットカード情報の提出が必要になるのです。

ただし、クレジットカード情報は、申込者の名義であることが分かれば良いので、券面の名義や有効期限など一部分だけです。

クレジットカード番号やセキュリティ番号は、不正利用されるおそれがあるため、絶対に現金化業者に伝えてはいけません。

金券ショップに行かなくてもよい

クレジットカードの現金化は、個人で行う場合、現金化に必要な商品を店舗まで購入しに行く必要があります。

さらに、購入した商品を換金する場合、金券ショップやブランド品の買い取りショップなどに行きますが、換金率を比較するために何件もハシゴをする可能性もあります。

個人で現金化を行うと、現金化業者を利用した時よりも換金率を上げることができますが、手間や時間がかかるため、雨の日でも1日中外に居なければいけません。

しかし、現金化業者のWEB店舗を利用すれば、家に居ながらでも申込から入金までの手続きができるため、時間の節約にもなるので、雨の日に家でゆっくり過ごすなど、自分の時間を確保することができます。

即日現金化ができる

クレジットカード現金化業者のWEB店舗を利用すれば、時間帯によって即日現金を手に入れることができます。

現金化業者は、利用者のクレジットカードが決済できれば入金が確定するため、早ければ申し込みから30分以内に入金されることもあります。

翌日に銀行引き落としがあるのに、口座の残高が足りない場合、銀行のATMに入金するために雨の中を急いで走らなくても、その日のうちに現金を指定の口座に入金することができます。

銀行や消費者金融のカードローンは、申込後の審査があるため、結果が出るまでに数日間かかってしまうことがあります。

また、結果が出たとしても審査に通過できなければ融資を受けることができません。

そのため、クレジットカードの現金化であれば、ショッピング枠に余裕があれば、審査不要で即日現金を手に入れることができるため、安心して利用することができます。

現金化業者のWEB店舗を利用する際の注意点

現金化業者のWEB店舗は、家に居ながらでも現金を手に入れることができますが、その便利さとは別に注意すべき点もあります。

現金化業者のWEB店舗は、実体が見えにくいことから、思わぬトラブルに発展する可能性もあります。

ここでは、現金化業者のWEB店舗を利用する際の注意点について説明します。

現金化業者は手数料が高い

優良な現金化業者を利用した場合、換金率は80%前後だと言われています。

なぜなら、現金化業者には、運営するための経費がかかっているため、手数料が発生するからです。

たとえば、換金率80%の現金化業者を利用して、クレジットカードのショッピング枠を10万円分現金化した場合、20%の手数料を引かれた8万円が口座に入金されます。

しかし、クレジットカードの現金化で利用した10万円分の利用残高は、翌月にクレジットカード会社から請求されるため、8万円を借りた翌月には10万円の返済をしなければいけなくなります。

つまり、現金化業者を利用することで、高金利でお金を借りているのと同じ意味になってしまうため、計画的な返済計画を立てないと、利用残高の返済が困難になってしまう可能性があるため注意が必要です。

クレジットカードの現金化を利用する人は、どこからもお金を借りられずに困っている人が多いため、現金を手に入れたことで安心してしまいがちですが、その後にクレジットカード会社からの請求が来ることを覚えておきましょう。

悪質な現金化業者も存在する

現金化業者のWEB店舗の中には、利用者のお金を騙し取るような悪質な現金化業者も存在するため、注意が必要です。

悪質な現金化業者を利用した場合、サイトに提示されている換金率と、実際に利用した時の換金率が異なり、想定していたよりも少ない金額で入金されることがあります。

現金化した後に現金化業者に連絡しても「事前に説明をしてある」「サイトに提示されている換金率から手数料が引かれる」などの理由を突きつけられてしまい、現金を取り戻すことが難しくなります。

もっと悪質な現金化業者になると、クレジットカードで決済したのに1円も入金されない場合があります。

クレジットカードの決済は済んでいるため、現金を手に入れられないまま、翌月にはクレジットカード会社からの請求がくるのです。

しかし、悪質な現金化業者のWEB店舗は、サイトに記載されている住所が偽造されていることがあるため、実際にその住所に行ったとしても、会社が無いことがあります。

また、現金化業者のWEB店舗は、利用者との連絡が電話かメールになり、電話も携帯電話番号になっていることがあるため、連絡が付かなくなってしまったら打つ手がなくなってしまいます。

そのため、現金化業者のWEB店舗を利用するには、悪質な現金化業者を利用しないことが大切です。

悪質な現金化業者は電話番号で見分ける

悪質な業者を見分けるには、WEBサイトに記載されている電話番号を確認しましょう。

サイトに掲載されている電話番号が携帯電話になっている現金化業者は、利用してはいけません。

なぜなら、携帯電話を掲載している現金化業者は、事務所を構えていない可能性が高いからです。

事務所を構えていなければ、何かトラブルが発生したときに、連絡が付かなくなり、被害に遭った場合、取り戻すことが非常に難しくなります。

そのため、現金化業者を利用するには、公式サイトに固定電話の番号が記載されている業者を選びましょう。

固定電話があることで、サイトに記載されている住所に事務所があることが分かります。

また、事務所を構えて営業をしているところは、創立してから長いところが多いので、安心して取引をすることができます。

初めての利用は手続きに時間がかかる

現金化業者を初めて利用する人は、現金化するまでの手順で時間がかかってしまうおそれがあります。

しかし、現金化業者を利用すれば、手順を丁寧に説明してくれるため、困ることがありません。

ただし、現金化業者の中には、対応が悪い業者も存在します。そのような業者を利用すると後で換金率や入金の際にトラブルに発展する可能性があるため、別の現金化業者を利用しましょう。

利用残高を返済できないとブラックリストに載ってしまう

クレジットカードの現金化をしたことで、信用情報に傷が付くことはありません。

しかし、クレジットカードの現金化は、利用した残高の返済を滞納してしまった場合、ブラックリストに載ってしまうので注意が必要です。

ブラックリストに載ってしまうと、5年~10年は新たにクレジットカードを発行することや新規のローンを組むことができません。

今持っているクレジットカードも全て使えなくなってしまうため、現金化を行うことができなくなってしまうので注意しましょう。

現金化がクレジットカード会社にバレると社内ブラックに載る

クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社の会員規約で禁止にされているため、現金化がバレると、強制退会になってしまいます。

強制退会になると、利用残高を一括で請求されてしまい、その後に現金化を行ってことが社内データベースに登録されます。

社内データベースに登録されることは、社内ブラックに載ると言われています。

通常のブラックリストは登録期間が決まっていましたが、社内ブラックでは期間が決まっていません。

つまり、クレジットカード会社のデータベースに永年登録されます。

社内ブラックに登録されると、そのクレジットカード会社の審査に通過できないため、2度と同じ会社のクレジットカードを発行することができなくなってしまうと言われていますので気を付けましょう。

まとめ

梅雨時期の天気が悪い日は、現金化業者のWEB店舗を利用することで、申し込みから入金までの手続きを全てインターネットで完結できるため、外に出なくても現金を手に入れることができます。

しかし、現金化業者のWEB店舗は、手続きが簡単で便利な反面、悪質な現金業者を利用してしまうと、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

そのため、現金化業者のWEB店舗は、優良な業者を利用することが大切になります。

当サイトでは、独自の調査による優良な現金化業者を紹介していますので、是非参考にしてみてください。