カード会社にクレジットカード現金化を疑われないためにはどうすればいいのか?

クレジットカードの現金化をする際に気を付けたいのが、クレジットカード会社に現金化を疑われることですよね。

クレジットカードの現金化は、違法ではありませんが、クレジットカード会社の会員規約で禁止されています。

そのため、クレジットカード会社に現金化をしたことがバレると、利用停止や強制退会などのペナルティを課せられてしまうおそれがあります。

では、クレジットカード会社に疑われずに現金化をするには、どうすればいいのでしょうか。

この記事では、クレジットカード会社に疑われずに現金化を行う方法をご紹介します。

クレジットカードの現金化が疑われやすい状況

クレジットカード会社に現金化を疑われやすい人は、クレジットカードの利用状況が悪いことが原因に挙げられます。

なぜなら、クレジットカード現金化のために購入する商品は、一部では換金性が高いものもありますが、基本的にクレジットカード決済が認められている商品だからです。

つまり、クレジットカード会社に現金化を疑われてしまうのは、クレジットカードで決済する商品が悪いのではなく、利用状況に問題がある可能性が高いからです。

クレジットカード会社に現金化を疑われてしまう原因は、下記のとおりです。

・毎月の返済額を延滞している
・キャッシング枠を利用枠の上限まで利用している
・長期間利用していないクレジットカードで現金化を行う

そのため、クレジットカードの現金化は、日頃の利用状況を確認することが大切です。

毎月の返済額を延滞している

クレジットカードの利用残高の支払いを遅延している人は、現金化を行うとクレジットカード会社に疑われやすくなります。

クレジットカードの返済を遅延している人は、引き落とし日に口座に現金がないことから、現金に困っており支払いが困難になっている状況が想定されるからです。

つまり、クレジットカード会社は、利用残高の支払いを遅延している利用者がクレジットカードで高額な決済をした場合、お金に困って現金化を行っている可能性があると判断するのです。

クレジットカードの利用残高の支払いを一度でも延滞すると、利用残高が未回収になるリスクが高い利用者だと判断されるため、クレジットカード会社の監視が厳しくなります。

そのため、クレジットカードの利用残高を延滞している人は、現金化を行うとクレジットカード会社に疑われてしまうため、延滞している金額を返済してからでなければ、現金化を行うことが難しいでしょう。

また、過去に延滞をしてしまった人は、返済してすぐに現金化を行うとクレジットカード会社に疑われやすくなるため、しばらく期間を開けるようにしましょう。

キャッシング枠を利用枠の上限まで利用している

クレジットカードに付帯しているキャッシング枠を利用金額の上限まで利用している人は、クレジットカード会社に現金化を疑われやすくなります。

クレジットカードのキャッシング利用枠を限度額まで使っている人は、キャッシング枠以上の現金を必要としており、現金が無くて困っているとクレジットカード会社に判断されるからです。

そのため、キャッシング枠に余裕がない人は、キャッシング枠を少額でも返済して余裕を出すか、キャッシング枠に余裕がある別のクレジットカードで現金化を行いましょう。

長期間利用していないクレジットカードで現金化を行う

長期間利用していなかったクレジットカードや利用したことが一度もないクレジットカードは、いきなり高額な決済をすると、クレジットカード会社に現金化を疑われてしまう可能性があります。

なぜなら、クレジットカード会社は、利用履歴がしばらく無かったクレジットカードから急に決済があがると、不自然な履歴が発生したことで不正利用を疑うからです。

クレジットカード会社は、いきなり現金化を疑わず、クレジットカードの盗難や紛失により第3者に不正利用された可能性が高いと判断します。

そのため、カード所有者が決済を行ったことを確認するための電話連絡をしてきますが、確認が取れて不正利用でないことが分かると、次に現金化を疑ってきます。

そのため、日頃から日用品や食料品などで決済に使用して、利用実績を作ってから現金化を行うようにしましょう。

クレジットカードの現金化が疑われたときの対策

クレジットカード会社は、通常決済と現金化などの不正利用の決済とを判断するための基準を公開していないため、利用者が知ることができません。

そのため、利用者は、現金化を行った場合、クレジットカード会社にいつ現金化を疑われるかを予想することができないのです。

ですから、現金化を利用している人は、クレジットカード会社に現金化を疑われた場合の対策が必要になります。

クレジットカード会社に明確な購入理由を説明する

クレジットカードで現金化目的の商品を購入する際、決済が保留されてクレジットカード会社から電話連絡がくることがあります。

クレジットカード会社が、カード所有者に電話連絡をする第1の目標は、クレジットカードが紛失や盗難により第3者に不正利用されている可能性を確認するためです。

電話の内容は、クレジットカードで行われようとしている決済が、所有者の意思によるものであるかを確認するためです。

そのため、決済がカード所有者の意思によるものだという確認が取れれば、決済が通るため商品を購入することができます。

しかし、現金化を疑われている場合には、クレジットカード会社に購入する商品の名称と購入目的を尋ねられることがあります。

そこで、受け答えがスムーズにいかない場合や、明確な理由が答えられないと、現金化を疑われてしまい決済保留が解除されない可能性があります。

そのため、現金化を行う場合、クレジットカード会社からの電話連絡が来た時のために購入理由を予め考えておき、尋ねられた時に答えられるように準備しておきましょう。

支払い日近くの利用を避ける

月末や5、10の付く日は、現金化をするとクレジットカード会社に疑われやすくなります。

なぜなら、これらの日は、支払日に利用されることが多いため、前日や当日に高額の決済があった場合、クレジットカード会社から、支払日に現金が足りないため現金化を行った可能性があると判断されてしまう可能性があるからです。

そのため、クレジットカードの現金化は、月末などの支払日に利用されやすい日を避けて行うようにしましょう。

違うクレジットカードで現金化を行う

クレジットカードを複数枚持っている人は、別のクレジットカードを利用することで、クレジットカードの現金化を行うことができます。

なぜなら、クレジットカードの利用履歴は、クレジットカード会社によって個別に管理されているからです。

つまり、1社のクレジットカード会社のクレジットカードで現金化ができなかったとしても別のクレジットカードを利用すれば、決済が通り現金化を行える可能性が高いのです。

そのため、現金化を行う場合は、複数枚のクレジットカードを用意しておくことで、現金化をする確率をあげることができます。

クレジットカード会社に疑われずに現金化を行う方法

クレジットカードの現金化は、違法ではありませんが、できればクレジットカード会社に疑われたくないものです。
では、クレジットカード会社に疑われずに現金化を行うには、どのような方法があるのでしょうか。

現金化業者を利用して現金化を行う

クレジットカードの現金化は、専門の現金化業者を利用することで、クレジットカード会社に疑われずに現金化をすることができます。

現金化業者は、クレジットカードの現金化を専門にしているため、クレジットカード会社にバレにくいノウハウを持っています。

そのため、現金化業者を利用する際は、手数料がかかってしまいますが、高額の現金化を安全に行うことができます。

また、インターネットで運営している現金化業者を利用すれば、スマホ、クレジットカード、運転免許証などの本人確認書類があれば、どこにいても現金化を行うことができます。

現金化業者には、利用者がクレジットカードで購入した商品を買い取る「買い取り方式」と現金化業者のサイトで商品を購入し、購入金額の内の何割かをキャッシュバックして現金化を行う「キャッシュバック方式」の2種類が存在します。

どちらの現金化業者も、現金化業者から指示される手順通りに手続きを進めるだけで現金化ができるので簡単です。

現金化業者に関しての詳しい説明は、他のコラム記事でご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

銀行系クレジットカードを利用するときは受け取り口座を変える

銀行系のクレジットカードで現金化業者を利用する場合、現金の受け取り口座は、クレジットカードを発行している銀行とは別の銀行口座を利用しましょう。

なぜなら、クレジットカードと銀行口座の履歴を一括管理されているからです。

たとえば、クレジットカードを利用して、現金化業者で40万円の現金化を行った場合、クレジットカードの決済と銀行口座への入金が同日に行われます。

クレジットカードの発行元と、現金の入金口座が同じ銀行だった場合、1日の内に同じような金額がクレジットカードで決済されてから口座に入金されているので、現金化を疑われてしまいます。

そのため、銀行系クレジットカードで現金化業者を利用する場合、クレジットカードの発行元と現金の受け取り口座は別銀行にすることで、現金化を疑われにくくなります。

電子マネーを利用して現金化を行う

クレジットカード会社に疑われずに現金化を行うには、一度電子マネーにチャージしてから、現金化に使用する商品を購入することで疑われにくくなります。

なぜなら、クレジットカード会社は、クレジットカードを決済した商品や会社名は判断することができますが、決済した商品をその先どうしたかまでは分からないからです。

つまり、電子マネーにチャージした金額でギフトカードなどの換金性の高い商品を購入してもクレジットカード会社にはバレないのです。

そのため、クレジットカードで現金化をする場合は、なるべく電子マネーにチャージしてから行うことでクレジットカード会社に疑われにくくなります。

ただし、電子マネーにはチャージできる上限金額が設定されている場合が多いので、注意が必要です。

電子マネーには、様々な種類がありますが、現金化におすすめなのがnanacoです。

Nanacoにチャージして現金化を行う方法

クレジットカードの現金化は、電子マネーのnanacoにチャージしてから行うことで、クレジットカード会社に疑われにくくなります。

nanacoは、セブンイレブンやイトーヨーカードーなど、セブン&アイホールディングスの企業で利用することができる電子マネーです。

JCBまたはVISAの国際ブランドが付帯したクレジットカードがあれば、nanacoにチャージすることができます。

現金化の方法は、クレジットカードからチャージしたnanacoを使って、セブンイレブンでアマゾンギフト券を購入するだけです。

あとは、アマゾンギフト券を買取ってくれる金券ショップで換金することで現金化を行うことができます。

クレジットカード会社には、nanacoにチャージした利用履歴のみが残るため、nanacoでアマゾンギフト券を購入したことはわかりません。

クレジットカードからnanacoにチャージできる金額は、1回につき3万円までチャージすることができ、1日の上限が5万円になります。

さらに、1か月でチャージできる金額の上限は20万円になるので覚えておきましょう。

まとめ

クレジットカード会社に疑われずに現金化を行うには、クレジットカードの日頃の利用状況が重要になります。

日頃から、クレジットカードの利増残高の返済遅延や、キャッシング枠を限度額まで使っている場合、クレジットカード会社に現金化を疑われてしまいます。

クレジットカード会社に疑われずに現金化を行うなら、電子マネーに一度チャージしてから現金化を行うことで安全に現金を手に入れることができます。

しかし、電子マネーでは、ひと月にチャージできる金額に制限があるため、高額の現金化を安全に行う場合、現金化業者を利用しましょう。

当サイトでは、独自の調査により見つけた優良な現金化業者を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。