TS CUBIC CARD(ティーエスキュービックカード)は現金化が難しいクレジットカードなのか?

ティーエスキュービックカードは、トヨタやダイハツの自動車を購入する際に入会するとキャッシュバックの特典を受けられるため、持っている方も多いのではないでしょうか。

ですが、ティーエスキュービックカードは、購入した自動車の整備の決済などに利用することでお得にポイントが貯められます。

しかし、日頃の決済では出番が少なく使用頻度が低くなり、クレジットカードの現金化に利用できないか考えた人もいると思います。

実は、ティーエスキュービックカードを利用して現金化を行うことが可能なのです。

しかし、ネットで調べるとティーエスキュービックカードは現金化が難しいクレジットカードという情報が出てくるので、本当に現金化に利用することができるのか不安になりますよね。

実際にティーエスキュービックカードを利用して現金化をすることは可能なのでしょうか。

当記事では、ティーエスキュービックカードを利用して現金化をする方法をご紹介します。

ティーエスキュービックカード

TS CUBIC CARD(ティーエスキュービックカード)とは?

ティーエスキュービックカードは、自動車メーカーのトヨタのグループ企業のトヨタファイナンシャルサービス株式会社の子会社である、トヨタファイナンスが発行しているクレジットカードです。

トヨタ販売店やダイハツ販売店で自動車を購入する際に入会すると、キャッシュバックを受けることができ、修理や整備の際の決済にポイントを利用することでお得に支払うことができます。

年会費がかかる

ティーエスキュービックカードは、レギュラー・セレクト・ゴールドのランクがあり、それぞれに年会費がかかります。

ティーエスキュービックカードの年会は下記の通りです。

レギュラー:初年度無料・2年目以降1,250円(税抜)
セレクト:2,500円(税抜)
ゴールド:10,000円(税抜)

トヨタやダイハツの自動車を購入した際にキャッシュバック目的で入会した方は、そのまま放置していると2年目以降は年会費を引かれてしまうので気を付けましょう。

選択できる国際ブランド

ティーエスキュービックカードを発行する際には、国際ブランドをVISA、Mastercard、JCBから選択することができます。

この後に詳しく説明しますが、ティーエスキュービックカードを発行する際、どの国際ブランドを選んでも現金化を行うことができます。

1-3.ポイントの使い道があまり良くない
ティーエスキュービックカードは、1,000円の利用ごとに10ポイントを獲得することができます。

貯まったポイントはキャッシュバックや他社ポイントと交換することができます。

キャッシュバックの場合、新車購入時に利用することで、1ポイント=1.5円分のキャッシュバックをすることができます。

また、車検・点検・カー用品の購入などに利用すると1ポイント=1.0円でキャッシュバックをすることができます。

他社ポイントとの交換は下記のようになります。

JALマイル:1,000ポイント=250マイル(5,000ポイント以上から)
ANAマイル:1,000ポイント=250マイル(5,000ポイント以上から)
au WALLET:2ポイント=1WALLETポイント(5,000ポイント以上から)
がずポイント:2ポイント=1がずポイント(5,000ポイント以上から)
Suica:2ポイント=1円相当分のSuica(6,000ポイント以上から) <TS CUBIC VIEW CARD会員さま限定>

さらに、ポイントの有効期間は5年間になっています。

ポイントアップマーケットを利用すると、ポイント還元率を上げることができますが、ポイントの利用が整備や自動車関係の用途に限られており、他社ポイントとの交換は、50万円の利用がないとできません。

そのため、せっかくポイントを貯めても利用する場所が限られてしまうため、あまり使い勝手はよくありません。

また、ポイントの有効期限が5年間のため、頑張って使わないとポイントを利用する前に失効してしまうおそれがあります。

ポイントの用途を考えるとティーエスキュービックカードを日頃の決済で利用するメリットがあまり感じられないクレジットカードになります。

TS CUBIC CARDの現金化が難しい理由

ネットで検索をするとティーエスキュービックカードの現金化は難しいと書かれているサイトが多く見受けられます。

なぜ、そういった情報が出てきているのでしょうか。詳しく解説します。

TS CUBIC CARDは海外決済に対応していない

ティーエスキュービックカードの現金化が難しいといわれているのは、海外決済に対応していないことが原因として挙げられます。

基準が明確ではありませんが、実際にティーエスキュービックカードは、海外決済に関して厳しいようで、海外の通販サイトやショップで利用すると断られる場合があるそうです。

決済ができなかった場合にトヨタファイナンスに問い合わせをすると「海外決済では利用できません」と言う答えが返ってくるのみで、決済を通す対応策を教えてくれるわけではありません。

海外決済を試したことで、カードの利用停止や利用限度額を少なくされるなどのペナルティーがあるわけではありません。

現金化業者だと利用できないことが多い

ティーエスキュービックカードで現金化をする際に、現金化業者を利用すると断られる場合があります。

なぜなら、クレジットカードの現金化業者は、海外の決済代行業者を利用しているところが多いため、ティーエスキュービックカードを使うことができないのです。

実は、ティーエスキュービックカードの現金化が難しいと言われている原因はここにあります。

クレジットカードの現金化業者は、決済代行業者を利用しているため、クレジットカード会社に現金化がバレにくくなっています。

決済代行業者とは、クレジットカードの国際ブランドの提携店になっていない店舗の代わりに、利用者のクレジットカード決済を受け付け、受け取った代金を店舗に渡す業務を行っている会社です。

さらに、クレジットカードの現金化業者は、クレジットカード会社に現金化がバレないように、海外の決済代行業者を利用していることが多いのです。

とくに、キャッシュバック方式での現金化業者では、海外の決済代行業者を利用しているところが多いため、ティーエスキュービックカードの利用は断られる場合があります。

一方で、買取り方式の現金化業者を利用する場合は、現金化するための商品の購入は国内で決済できるため、ティーエスキュービックカードの利用制限をうけません。

どうしても、ティーエスキュービックカードで海外決済をしなければいけない場合、トヨタファイナンスに事前承認をもらうことで海外決済も可能になる場合があります。

しかし、事前承認を得られるのは、すべてのカード所持者ではなく、ある程度のクレジットヒストリーを積んでいる人に限られているようです。

TS CUBIC CARDで現金化する方法

ティーエスキュービックカードを使って現金化を行うことは可能です。

ティーエスキュービックカードは、海外決済に対応していないため、現金化業者では利用しにくいクレジットカードですが、現金化業者を利用する以外の方法であれば、ティーエスキュービックカードでも現金化を行うことができるのです。

ここでは、ティーエスキュービックカードを使って現金化をする方法をご紹介します。

アマゾンギフト券を利用して現金化をする

ティーエスキュービックカードで、アマゾンギフト券を購入することで現金化をすることができます。

アマゾンギフト券とは、大手ショッピングサイトのamazonで購入することができるギフト券です。

アマゾンギフト券は、amazon内でしか利用することができませんが、amazonを利用するユーザーが多いため、現金化の商品として人気が高く、買取方式の現金化業者では購入金額の80%前後の換金率で現金化をすることができます。

現金化をするならEメールタイプを購入する

アマゾンギフト券には印刷タイプとギフトタイプとEメールタイプがありますが、現金化が目的ならEメールタイプのアマゾンギフト券を購入しましょう。

Eメールタイプのアマゾンギフト券は、購入するとギフトコードが記載されたEメールがアマゾンから届き、ギフトコードをアマゾンアカウントに反映させるだけで、次回のショッピングから利用することができます。

つまり、Eメールタイプのアマゾンギフト券は、カードなどの実物が無いからため、そのまま現金化業者に送ることができるのです。

アマゾンギフト券の印刷タイプやギフトタイプでは、カードにギフトコードが印刷されており、ギフトコードをアマゾンアカウントに反映することで登録された金額を使うことが出来ます。

そのため、アマゾンギフト券の印刷タイプやギフトタイプでは、アマゾンで注文したあと、発送されたアマゾンギフトカードが手元に届いてから現金化業者に送るため、現金化までに時間がかかってしまうのです。

一方で、Eメールタイプであれば、購入した金額が登録されたギフトコードがメールで届くだけなので、それを現金化業者に送ることで、すぐに確認され現金を受け取ることができるのです。

ティーエスキュービックJCBギフトカードを利用して現金化をする

ティーエスキュービックカードを利用することで、ティーエスキュービックJCBギフトカードを購入することができます。

ティーエスキュービックJCBギフトカードとは、全国の百貨店や家電量販店、コンビニなど100万店以上のJCBギフトカード取扱店で利用できるギフトカードです。

JCBギフトカードは、クレジットカードの現金化をする商品として人気の高いギフト券です。

JCBギフトカードは、利用できる店舗が多く、贈答用や景品用としても人気が高いため、大手金券ショップで95%前後の高換金率になっているため、効率よく現金に換えることができます。

実は、一般的なJCBギフトカードは、JCBブランドのクレジットカードでしか購入することができません。

消費者からJCBギフトカードを受け取った店舗は、後日JCBギフトカードを現金と交換するためにJCBに依頼をします。

JCBはJCBギフトカードと現金を交換する際、手数料を引いた金額を店舗に支払うことで利益を得ているのです。

つまり、JCBギフトカード自体に利益は載っていないため、他の国際ブランドのクレジットカードで購入されると、手数料を払う分損をしてしまうのです。

しかし、ティーエスキュービックJCBギフトカードは、ティーエスキュービックカードであれば全ての国際ブランドで購入することができるのです。

また、ティーエスキュービックカードの公式サイトで案内していることからも、ティーエスキュービックカードでティーエスキュービックJCBギフトカードを購入することは、他のギフト券を購入するよりも現金化を疑われにくいかもしれません(※金額や頻度によっては購入ができないこともあります)

TS CUBIC CARDで現金化をするときに注意すること

少額でもいいので日頃から決済に利用する

長期間利用していなかったティーエスキュービックカードを現金化で利用すると、不正利用を疑われてしまいます。

なぜなら、全く使っていなかったクレジットカードから急に高額な決済があった場合、クレジットカード会社は、クレジットカードが盗難に遭い不正利用されたと判断するからです。

そのため、クレジットカード会社は、まず決済ができないように保留にします。

その後、クレジットカードの所有者に電話連絡をします。

電話の内容は、高額決済が行われようとしたが、カード所有者本人の意思によるものかという連絡です。

この段階では、クレジットカード会社は現金化を疑っているわけではなく、不正利用を防止するための措置になります。

ここで、本人による決済で間違い無いという回答をすれば決済が通る可能性が高いです。

まとめ

ティーエスキュービックカードは海外決済に対応していないため、海外の決済代行業者を利用している現金化業者を利用して現金化を行うのは難しいクレジットカードです。

しかし、アマゾンギフト券やティーエスキュービックJCBギフトカードを利用することで、現金化をすることができます。

とくに、ティーエスキュービックJCBギフトカードは、ティーエスキュービックカードを使って公式サイトから購入するギフトカードになるので、現金化を疑われにくい方法になります。

(※公式サイトでのギフト券購入であっても金額や購入周期によっては購入ができないことがあります(現金化を軽く疑われている状態です)

しかし、ティーエスキュービックカードは、ポイントを貯めても利用用途が限られるため、メインノクレジットカードになる機会は少ないと思います。

そのため、全く利用履歴が無いのに突然現金化で高額な決済をすると、不正利用を疑われてしまう可能性があります。

ティーエスキュービックカードで現金化を行う場合は、少額でも良いので日頃から少しずつ利用履歴を作るようにしましょう。