クレジットカードの現金化業者は少額でも利用することができるのか?

金欠で困った場合には、クレジットカードの現金化業者を利用することで、手軽に現金を手に入れることができます。

そのため、クレジットカードのキャッシング枠を限度額まで使っている人の中には、クレジットカードの現金化業者を利用して、現金を手に入れることを検討している人もいると思いるのではないでしょうか。

しかし、給料日まであと数千円だけ用意したいとなった場合、少額でも現金化業者を利用することができるのか不安ですよね。

クレジットカードの現金化で少額の現金を手に入れる場合には、現金化業者を利用することができるのでしょうか。

当記事では、現金化業者は、少額でも利用することができるのかご紹介します。

また、現金化業者を利用する以外の方法で、クレジットカードの現金化を少額で行う方法も説明していますので、参考にしてください。

現金化業者はいくらから利用できるのか?

クレジットカードの現金化で現金化業者を利用する場合は、下限額が決まっています。

なぜなら、クレジットカードの現金化業者は企業になるため、会社を維持するための人件費などの経費などがかかってくることから、少額の現金化だと赤字になってしまう可能性があるからです。

現金化業者が1度の現金化にかかる作業は、金額に関わらず一緒のため、少額の現金化の件数が増えてしまうと、利益が少ないのに手間が増えてしまいます。

そのため、現金化業者では、利用できる金額の下限を設けているのです。

ですから、少額の現金化の際に現金化業者を利用する前には、下限額がいくらで設定されているのかを確認するようにしましょう。

現金化業者によって下限額が異なる

現金化業者には、「買取り方式」と「キャッシュバック方式」の大きく分けて2種類があり、種類によって下限額が異なります。

これは、買取り方式とキャッシュバック方式では、現金化するまでの工程が違うためです。

それぞれの現金化業者の下限額の目安は下記の通りです。

・買取り方式の現金化業者を利用できる下限額:1万円程度
・キャッシュバック方式の現金化業者を利用できる下限額:3万円程度

買取り方式とは、現金化業者の指定する商品を利用者が自身のクレジットカードで購入し、現金化業者に買い取ってもらうことで現金化をする方法です。

一方で、キャッシュバック方式では、利用者が現金化業者のサイトで販売されている商品をクレジットカードで購入し、購入代金の内の規定の割合がキャッシュバックという形で現金化する方法です。

キャッシュバック方式の現金化業者を利用する場合、利用者が現金化業者のサイトから指定された商品を購入します。

つまり、キャッシュバック式の現金化業者は、自社サイトの管理や商品の発送までを行うためのコストがかかるのです。

そのため、買取り方式とキャッシュバック方式では、買取り方式の現金化業者の方が、下限額が低いと言われています。

ただし、現金化業者の中には、数千円程度からでも利用できる業者も存在するため、利用する前には下限額を確認してみましょう。

少額のクレジットカードの現金化で現金化業者を利用するメリット

クレジットカードの現金化を少額で行う場合に、現金化業者を利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

スマホやパソコンがあればどこでも現金化をすることができる

クレジットカードの現金化を利用する際に、現金化業者を利用することで、手間を無くすことができます。

なぜなら、インターネット上で運営している現金化業者を利用すれば、スマホやパソコンを使ってどこからでも申し込みができ、現金化をすることができるからです。

そのため、仕事が忙しくて時間が無い人は、少額であっても現金化業者を利用することをおすすめします

少額のクレジットカードの現金化で現金化業者を利用するデメリット

少額の現金化で現金化業者を利用する際には、便利な反面、気を付けなければいけないことがあります。

少額現金化で現金化業者を利用すると換金率が下がる

現金化業者を利用して少額の現金化をする際には、換金率が下がってしまうことがあるため注意が必要です。

なぜなら、現金化業者の利益は、利用者のクレジットカード決済の額から経費を引いた金額になるため、決済額が少額だと赤字になってしまうおそれがあるからです。

現金化業者は、利用者のクレジットカード決済額が少額の場合、通常の換金率よりも低い換金率で現金化行い利益を確保するのです。

そのため、現金化業者によっては、最低下限額で現金化をした場合の換金率が通常よりも下がってしまう可能性があるため、必要な現金を用意するのにクレジットカードのショッピング利用枠を多く使ってしまうことになります。

たとえば、1万円の現金を手に入れるために、通常換金率が80%の現金化業者を利用した場合、12,500円のショッピング利用枠を使用します。

しかし、仮に最低下限額で現金化を行った場合の換金率が70%だった場合は、約14,300円のショッピング利用枠が必要になるのです。

クレジットカードのショッピング利用枠を現金化した場合、後日、現金化した利用金額がクレジットカード会社から請求されます。

そのため、返済金額が大きくなると、クレジットカード会社への返済が困難になってしまう可能性があるので注意しましょう。

ただし、現金化業者を利用することで、自宅や出先に居ながらでもすぐに現金化ができるため、換金率が下がったとしても、現金化業者を利用することで手間をかけずに現金を手に入れることができます。

そのため、少額の現金が必要だけど、仕事が忙しくて時間が取れないという人は、現金化業者を利用するようにしましょう。

現金化業者を使わずに少額のクレジットカード現金化を行う方法

クレジットカードの現金化を少額で行う場合は、現金化業者を利用せず、個人で現金化をすることで、換金率を上げることができます。

なぜなら、現金化業者を利用して現金化を行う場合は、現金化業者に手数料を支払う必要がありますが、個人で現金化をすれば、現金化業者に支払う手数料が必要ないからです。

現金化業者を利用せずに少額の現金化を行う方法は下記のとおりです。

・クレジットカードでギフトカードを購入し金券ショップで換金する
・ご自身のクレジットカードを利用して買い物を代行する

クレジットカードでギフトカードを購入し金券ショップで換金する

クレジットカードの現金化をする方法として定番なのが、ギフトカードを利用した現金化です。

ギフトカードを利用したクレジットカードの現金化は、ご自身のクレジットカードで購入したギフトカードを、金券ショップで売却することで現金化を行うことができます。

人気のあるギフトカードでは、金券ショップでの換金率が90%を越えるため、現金化業者を利用するよりも効率よく現金化を行うことができます。

現金化に利用されるギフトカードには下記のものがあります。

・amazonギフト券
・JCBギフトカード
・VISAギフトカード

ただし、クレジットカードの国際ブランドによっては、購入できないギフトカードもあるため、購入前には確認が必要になります。

ご自身のクレジットカードを利用して買い物を代行する

友人や知人が購入する商品を代わりにクレジットカードで決済し、後で代金を受けることで換金率100%の現金化をすることができます。

高額の現金化では難しい方法ですが、数千円~数万程度の価格帯であれば、趣味の洋服などの購入などでも到達するため、友人と一緒にショッピングに行った際の会計時にお願いしてみましょう。

また、会社などで飲み会があれば、進んで会計役になり、会計時にメンバーから現金を集め、自分のクレジットカードで決済することでも、現金を手に入れることができます。

個人で少額の現金化を行う場合のメリット

現金化業者を使わずに、個人で少額の現金化をする場合には、どのようなメリットがるのでしょうか。ご紹介します。

個人で現金化をすると下限額がない

個人で現金化をする場合は、下限額がないため、数千円でも数百円でも現金化をすることができます。

少額の現金化で現金化業者を利用する場合は、下限額が決まっており、金額が少ないと換金率が下がってしまうおそれがありました。

しかし、個人の現金化であれば、現金化業者を利用しないため、金額によって換金率が変わることもありません。

そのため、個人で少額の現金化をすることで、クレジットカードのショッピング利用枠を利用する金額と、手に入る現金の差額を少なくすることができるのです。

現金化業者よりも換金率を上げることができる

個人で少額の現金化を行う場合は、現金化業者を利用するよりも換金率を上げることができます。

なぜなら、現金化業者を利用するには手数料がかかり、金額が少額になると換金率が下がってしまう可能性があるからです。

一方、個人で現金化をすることで、ギフトカードを利用すれば金券ショップで90%以上の換金率で現金を手に入れることができます。

また、友人や知人の決済を代行することで、換金率は10%になります。

現金化業者を利用した際の通常の還元率は優良店でも80%前後と言われています。

少額の利用であれば、さらに換金率が下がる可能性があるため、換金率を少しでも高くしたい方は、個人で現金化をするようにしましょう。

少額のクレジットカードの現金化で現金化業者を利用するデメリット

少額の現金化は、個人で行うことで現金化業者を利用するよりも、少額で現金化を行うことや、換金率を上げることができるなどのメリットがありました。

しかし、個人で現金化を行うにはデメリットも存在します。

個人で現金化を行うデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。ご紹介します。

時間と手間がかかる

個人でクレジットカードの現金化を行う場合、現金化業者を利用するよりも、手間と時間がかかるのがデメリットです。

現金化業者では、スマホやパソコンがあれば、家に居ながらでも、仕事の休憩時間でも申込むことができました。

しかし、個人で現金化を行う場合は、ギフトカードを購入するために、サイトで注文することや、販売店まで購入しに行く手間がかかります。

また、購入したギフト券を金券ショップまで換金しにいかなければいけません。

金券ショップによって換金率が異なる場合があるため、何件か回り価格を比較しているうちにかなりの時間を費やしてしまいます。

また、ギフトカードを購入するときや、金券ショップにギフトカードを換金する場合には、それぞれの営業時間内に足を運ぶ必要があります。

そのため、仕事が忙しく、営業時間内に行くことが難しい人は個人での現金化が難しくなります。

少額でもクレジットカード会社バレに注意する

個人でクレジットカードの現金化を行う場合は、少額の現金化であっても、クレジットカード会社にバレないように注意する必要があります。

なぜなら、クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社の利用規約で禁止にされているため、現金化を行ったことがバレると、ペナルティを課せられるおそれがあるからです。

とくに、ギフトカードの購入は、現金化でも良く利用されるため、クレジットカード会社の監視が厳しい商品になります。

そのため、ギフトカードを購入する場合は、仮に少額の現金化であったとしてもクレジットカード会社にバレにくい方法で現金化をする必要があるのです。

クレジットカード現金化でギフトカードを購入する場合は、電子マネーを一度経由してから、利用することでクレジットカード会社に現金化がバレにくくなります。

なぜなら、クレジットカード会社の利用履歴には、決済した会社名が記載されるため、チャージした電子マネーで購入したものを確認することができないからです。

ただし、電子マネーのチャージには、対応したクレジットカードが必要になるため、ご自身のクレジットカードが電子マネーに対応しているのかを確認しましょう。

まとめ

クレジットカードの現金化業者を利用する場合、下限額が設定されているため少額の利用時には注意が必要です。

現金化業者によって下限額は異なりますが、買取り方式で1万円、キャッシュバック方式で3万円ほどだと言われています。

しかし、現金化業者を利用すれば、現金を手に入れるまでの手間が少なく、スピードも速いため、忙しく時間の無い人におすすめです。

少額でも換金率を少しでも高くしたい場合には、個人で現金化をすることをおすすめします。個人で現金化を行えば、下限額や現金化の金額による換金率の変動もありません。

どちらの方法もメリットとデメリットがあるため、自分にあった方を選択するようにしましょう。