なぜクレジットカードの現金化は審査なしで利用できるのか?

お金を借りたい人が、消費者金融や銀行などの金融機関から借り入れの申し込みをする場合、必ず通らなければいけないのが審査です。

借り入れ前の審査では、金融機関が申込者の収入や他社の借り入れ状況を確認し、返済能力が無いと判断されると融資を受けることができません。

そのため、借り入れを申し込んだのに、条件を満たすことができずに審査に落ちてしまい、融資を受けられなかったという人も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのがクレジットカードの現金化です。

クレジットカードの現金化は、金融機関のローン商品と異なり審査不要で現金を手に入れることができます。

当記事では、クレジットカードの現金化が審査不要で現金を手に入れることができる理由についてご説明します。

なぜ審査が必要になるのか?

消費者金融や銀行などの金融機関が行っているカードローンやローン商品を利用するには、申し込み後の審査に通過しなければ、融資を受けることができません。

なぜなら、金融機関は、収入が無い場合や借り入れが多いなど、返済能力が低い人に融資をすると貸し倒れのリスクが高くなるからです。

金融機関のローン商品を利用してお金を借りた人は、毎月の返済時に元本と一緒に金利に応じた利息を支払いますが、この利息が金融機関の利益になります。

つまり、金融機関は、元本だけでなく利息も回収しないと利益を得ることができないのです。

そのため、金融機関は、返済能力の低い人に貸付けをして、返済額の滞納や貸し倒れにより貸付けたお金を回収できないと、損失が出てしまうため、申込時に審査をして返済能力の高い人を判断して貸付けを行うのです。

クレジットカードの現金化は返済能力を確認する必要がない

クレジットカードの現金化は、消費者金融や銀行などからお金を借りるローン商品ではないため、利用者の返済能力を確認する必要がありません。

消費者金融や銀行が提供しているカードローンなどの商品を、返済能力が無い人に貸し付けると、回収できなくなった場合に貸し倒れのリスクが発生します。

金融機関は、貸し倒れのリスクを抑えるために、申込者の収入や借り入れ状況を確認して返済能力を確認する必要があるのです。

ローン商品では、貸付けを行った金融機関が借りた人から直接お金を返してもらう必要がありますが、クレジットカードの現金化では、クレジットカードのショッピング枠を利用したことにより利用者が返済するのは、クレジットカード会社になります。

そのため、クレジットカードの現金化は、ショッピング枠があれば利用者の返済能力が関係ないため、誰でもクレジットカードの現金化を利用して現金を手に入れることができるのです。

クレジットカードの現金化に審査が不要な理由

クレジットカードの現金化は、本来現金化することができないクレジットカードのショッピング枠を換金して現金を手に入れる方法です。

クレジットカードの現金化は、個人で現金化をする方法と、専門の現金化業者に依頼して現金化をする方法の2種類が存在します。

個人でクレジットカードの現金化をするには、ギフトカードなどの換金性の高い商品を購入し、金券ショップで売却することで、ショッピング枠を利用して現金を手に入れることができます。

一方で、専門の現金化業者を利用する場合は、現金化業者の指示に従って手続きを進めることで現金化をすることができます。

クレジットカードの現金化は、どちらの方法であっても、審査不要で現金を手に入れることができます。

信用があり付与されているショッピング枠を利用するため審査がいらない

クレジットカードの現金化は、すでにカード所有者の信用によって付与されているショッピング枠を利用して現金を手に入れるため、審査不要で利用することができます。

金融機関のローン商品を利用する場合は、新たにお金を借りることになるため、申込時に返済能力を判断されるための審査を受ける必要があります。

しかし、クレジットカードの現金化は、クレジットカードの発行時の審査で返済能力が認められて付与されたショッピング枠を利用しているため、改めて審査を受ける必要がないのです。

そのため、クレジットカードの現金化は、安定した収入が無くてローンの審査に通過しにくい人でも利用することができるのです。

ショッピング利用時の決済と同じ手順なので審査がいらない

クレジットカードの現金化は、ショッピング枠で決済をしてから現金に換金するため、審査不要で利用することができます。

たとえば、個人でクレジットカードの現金化をする場合、ギフトカードなどの換金性の高い商品をクレジットカードで購入して金券ショップで売却して換金します。

また、現金化業者を利用して現金化を行う場合、業者が指定する商品を購入するためにクレジットカードで決済をします。

その後にキャッシュバック方式であれば、購入金額に応じたキャッシュバック率で計算された金額が指定口座に振り込まれますし、買取り方式であれば換金率に応じた金額が指定口座に振り込まれます。

つまり、クレジットカードの現金化は、クレジットカードをショッピングで利用するときと同じように決済をする必要があるため、ショッピングでクレジットカード決済をする手順と何ら変わりがありません。

その先に、ギフトカードを誰かに送るのか、金券ショップで売却して現金化に換えるかの違いでしかないのです。

そのため、クレジットカードをショッピングで利用する度に審査がないのと同じように、クレジットカードの現金化も決済時には審査が行われないのです。

総量規制の対象外になっているから借り入れ総額が関係ない

貸金業者から借入できる金額は、総量規制の規定により年収の3分の1が上限までになっているため、審査時には個人信用情報機関で申込者の借り入れ状況を確認されます。

総量規制とは、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などの貸金業者が、利用者に過剰な貸付をすることで多重債務者になることを防ぐため、貸付金額の上限を年収の3分の1までとした規定になり、貸金業法によって定められています。

たとえば、年収が240万円の人が、貸金業者から貸付けを受ける場合、総量規制により年収の3分の1にあたる80万円までしか借り入れることができません。

さらに、複数の貸金業者からの借り入れがある場合、80万円から合計の借り入れ金額を差し引いた金額が追加で借り入れできる金額の上限になります。

つまり、貸金業者は申込者に年収の3分の1以上の貸付けをしてしまうと、法律違反になってしまうため、審査時に申込者の年収と他社借り入れがいくらあるのかを確認する必要があるのです。

しかし、クレジットカードの現金化は、総量規制の対象外のため、審査をする必要がないのです。

そのため、総量規制により、貸金業者からの借り入れが難しい収入の無い専業主婦や無職の人でも、クレジットカードの現金化なら審査なしで利用することができるのです。

クレジットカードの現金化で必要なのは本人確認だけ

クレジットカードの現金化は、個人で行う場合や現金化業者を使う場合も、審査不要ですが、本人確認書類の提出が必要になります。

本人確認書類には、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど顔写真が掲載されている書類を用意するようにしましょう。

金券ショップは古物商になるため本人確認が必要になる

個人でクレジットカードの現金化を行う場合、ギフトカードなどの換金性の高い商品を購入しますが、金券ショップでギフトカードを売却するときに本人確認書類が必要になります。

なぜなら、金券ショップは、物品を売買する古物商になるため、古物営業法の規定を守らなければ営業ができないからです。

この古物営業法の中で、買い取りをする際に本人確認を行うことが義務づけられています。

そのため、ギフトカードなどを金券ショップで売却する場合には本人確認書類の提示が必要になるのです。

また、換金性の高い商品として、ブランド品やゲーム機などがありますが、これらを換金するリサイクルショップや、買取り専門店も古物商になるため、買取りの際には本人確認書類の提出が必要になります。

現金化業者の利用は本人確認書類とクレジットカードの画像を提出する

専門の現金化業者を利用する場合は、クレジットカードの不正利用を防止するために、下記の書類の提出が必要になります。

・本人確認書類
・クレジットカード

現金化業者を利用する際に、本人確認書類とクレジットカード情報の提出するのは、盗難や偽造されたクレジットカードを利用されることで犯罪に巻き込まれるおそれがあるからです。

たとえば、クレジットカードを盗難した人が、現金化業者を利用して現金を手に入れようとした場合、仮に本人確認がなければクレジットカードの情報で現金化ができてしまいます。

後から盗難被害に遭った人が、不正利用に気付いてクレジットカード会社に連絡をした場合、クレジットカード会社は警察に届け出ます。

その後、クレジットカードの利用履歴から現金化業者を利用したことが判明すれば、現金化業者は警察の事情徴収を受けることになります。

クレジットカードの現金化自体は違法ではありませんが、現金化業者が古物商などの登録を行っていない場合には摘発されてしまうおそれがあります。

そのため、現金化業者はそのようなトラブルを避けるため、現金化に利用されるクレジットカードが申込者のものであるかの確認するために本人確認書類の提出を必須にしているのです。

本人確認書類の提出時に気を付けること

現金化業者を利用してクレジットカードの現金化を行う場合、提出する個人情報の範囲に注意する必要があります。

なぜなら、悪質な現金化業者を利用した場合、提出した個人情報を悪用される恐れがあるからです。

運転免許証やクレジットカード情報は、売ることができるので悪質な現金化業者は顧客の個人情報を売ることで売り上げにしているところもあると言われています。

現金化業者は、クレジットカードの名義と本人確認書類が一致していればよいので、必要以外の情報は、提出する必要がありません。

優良な現金化業者であれば、必要ない部分は隠してから提出するように指示をしてきます。

そのため、本人確認書類やクレジットカードの両面の提出を必須にしている現金化業者は、個人情報を不正に利用する可能性が高いので利用してはいけません。

買取り方式の現金化業者は提出する情報が少ないので安心

クレジットカード情報の流出が怖ければ、買取り方式の現金化業者を利用することをおすすめします。

なぜなら、買取り方式の現金化業者は、商品の購入を利用者自身で行うため、クレジットカードの情報を全て知られないからです。

キャッシュバック式の現金化業者の場合、現金化業者のサイトで決済をすることが多いため、決済時にクレジットカードの情報が全て知られてしまいます。

しかし、買取り方式の現金化業者では、クレジットカードの名義と有効期限、クレジットカードの一部など、悪用できない範囲で情報を伝えるので安心して利用することができます。

そのため、不正利用を防ぐためには買取り方式の現金化業者を利用すると、安心して現金化を行うことができます。

クレジットカード情報を伝えて不正利用されても補償されない

クレジットカード会社によっては、クレジットカードの盗難や情報漏洩により不正利用があった場合、規定の日数をさかのぼって不正利用された金額を補償してくれる盗難補償を付帯しているところがあります。

しかし、クレジットカード情報を全て現金化業者に渡してしまって、不正利用された場合、利用者に過失がかったことになるため、クレジットカード会社の盗難補償の対象外になってしまう恐れがあるのです。

そのため、現金化業者を利用する際は、提出する個人情報の範囲には十分気を付けましょう。

まとめ

クジレットカードの現金化は、消費者金融のカードローンや銀行のローンと異なり審査不要で利用することができます。

しかし、クレジットカードの現金化は、個人で行う場合も現金化業者を利用する場合も、本人確認書類の提出が必要になります。

さらに、現金化業者は申込者とクレジットカードの所有者が一致することを確認するためにクレジットカードの画像の提出も必要になります。

ただし、個人情報を提出する際には悪質な現金化業者に個人情報を売られてしまうおそれがあるため注意が必要です。

そのため、画像を提出する際には、必要な部分以外は隠すなどして対策をするようにしましょう。