クレジットカードの現金化は信用情報に傷がつくのか?

クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング利用枠があれば現金を借りることができるため、急な出費が重なり現金が足りなくなった時に便利です。

しかし、クレジットカードの現金化をすることで信用情報に傷がついてしまい、他社からの借入や新たなローン契約に、影響があるのではないかと不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、クレジットカードの現金化をしても信用情報に傷が付かないので、安心して利用することができるのです。

さらに言えば、クレジットカードの現金化がクレジットカード会社にバレたとしても、会員規約違反になりペナルティを受けますが、信用情報には傷がつきません。

当記事では、クレジットカードの現金化を行っても信用情報に傷がつかない理由をご説明いたします。信用情報が心配でクレジットカードの現金化を躊躇していた方はぜひ参考にしてください。

信用情報とは

信用情報とは、クレジットカードやローンなどでお金を借りたときの契約条件や、返済状況などが記録されている情報のことです。

個人の信用情報は「個人信用情報機関」というところが管理をしています。

クレジットカードの発行やローンの申込んだ際には、「申込情報」として、申込者の名前や契約内容が個人信用情報機関に登録されます。

申込情報は登録後6か月間残るので、期間中に複数社に借入の申込をすると、短期間にたくさんの借入をしていることが分かってしまいます。

すでに、クレジットカードの利用や、ローンを契約している場合には、個人信用情報機関にクレジット情報として、どこからいくら借りていて、毎月どれくらい返済して、残りはいくらなのか?という情報が記録されます。クレジット情報は、契約期間中および契約終了後5年間保管されます。

たとえば、クレジットカードでキャッシングをした際の、クレジットカード会社名、キャッシングした日、キャッシングした金額、返済状況、延滞の有無などが信用情報に5年間記録されるのです。

信用情報を保管している個人信用情報機関は下記の通りです。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)
株式会社日本信用情報機関(JICC)
全国銀行信用情報センター(KSC)

クレジットカード会社やローン会社は、審査時に申込者の返済能力を判断するため、個人信用情報機関で信用情報を確認します。

クレジットカード会社やローン会社によって信用情報を確認する個人信用情報機関の種類は違いますが、個人信用情報機関は「相互交流ネットワーク」を使い、3社間で信用情報を共有しています。

そのため、クレジットカード会社やローン会社は、どの個人信用情報機関に確認をしても、同じ信用情報が見られるようになっているのです。

自分の信用情報を登録されたくないと思っても、クレジットカードやローンの申込では、規約の中に個人信用情報機関の登録や利用をすることが記載されているため、避けることができません。

そのため、信用情報を確認すれば借入や返済の状況が正確に把握できるので、クレジットカードの発行やローンの契約の審査で利用されているのです。

借りたお金を返済できないと信用情報に傷が付く

クレジットカードの利用残高やローンを返済できなくなると、信用情報に金融事故情報が登録されます。

金融事故とは、借りたお金を返済する途中で、なんらかのトラブルがありスムーズに取引が行われていない状態をいいます。

信用情報に金融事故情報が登録されると、いわゆる「ブラックリスト」に載った状態になります。

クレジットカードの申込や、ローン契約の審査時に、信用情報を確認されブラックリストになっていることが判明すると、返済能力が無いと判断されるため審査に通ることができません。

では、どのようなことをすると金融事故になりブラックリストに登録されるのでしょうか?

信用情報に金融事故情報が登録される内容は下記の通りです。

・返済の遅延や滞納
クレジットカードやローンの返済額を期日より遅れて支払った場合や、支払うことができずに滞納してしまった場合には、信用情報に金融事故情報として登録されます。

一般的には、返済日より61日以上または3か月以上の支払遅延があると、金融事故情報として登録されるおそれがあります。

・債務整理をする
借金の金額が大きすぎて返済が困難になったときに、返済額の減額や支払の免除を受けることができるのが債務整理です。

債務整理には、借金の返済額を減額できる任意整理、特定調停、個人再生と、借金の返済を免除される自己破産があります。

しかし、いずれの債務整理を行った場合も借りたお金を全て返済してないことになるため、金融事故情報として登録されてしまいます。

・代位弁済される
代位弁済とは、借りたお金の返済先が、もともとお金を借りたところではなく、保証会社などに移った場合のことをいいます。

代位弁済は、借りたお金の返済を一定期間延滞してしまったことでなることが多く、代位弁済が行われた後に完済をしてもブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストに登録されると信用取引ができなくなる

ブラックリストに登録されている期間は、新規でクレジットカードの発行や、ローンの契約ができなくなります。

なぜなら、クレジットカードの発行やローンの契約時には必ず審査があり、クレジットカード会社やローン会社は、申込者の返済能力を確認するために信用情報を確認するからです。

もし、申込者の信用情報に金融事故情報が登録されていれば、返済能力がないと判断されて審査に通過しにくくなるため、ブラックリストに登録されている期間は、お金を借りられなくなってしまうのです。

すでにもっているクレジットカードは、金融事故情報が信用情報に反映されると使えなくなってしまうため、ブラックリストに登録されるとクレジットカードの現金化もできなくなります。

ブラックリストから消えるまでの期間は5年~10年

ブラックリストに登録されている期間は、最低でも5年以上といわれています。金融事故情報や個人信用情報機関によって異なりますが、自己破産や個人再生を行った場合は最も長く10年は残るおそれがあります。

ブラックリストの期間中は、クレジットカードの発行や使用、住宅ローンや車のローンも組むことができません。また、携帯電話の分割購入もローン契約になってしまうため、利用することができなくなります。

ブラックリストから情報が抹消されると、クレジットカード会社やローン会社が信用情報を確認しても、金融事故情報が出てこないため、一般の人と同じようにクレジットカードの発行やローンの契約ができるようになります。

信用情報に傷が付いていないか確認してみる

もし、クレジットカードの審査に通らない場合や、ローンの契約ができなくなったという場合には、個人信用情報機関に信用情報を確認することができます。

個人信用情報機関では、信用情報を確認できる有料の情報開示サービスを行っています。
約1,000円の費用がかかりますが、ネットや郵送でも確認できるので、信用情報が気になる人は試してみてください。

クレジットカードの現金化で信用情報に傷がつかない理由

クレジットカードの現金化を行っても、信用情報に傷はつきません。

なぜなら、信用情報には、契約を結んだ借入しか記録されないので、契約を結ばなくても利用できるクレジットカードの現金化は信用情報には登録されないからです。

借入ではない

クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング利用枠を使っているだけなので、信用情報に傷はつきません。

新しく契約を結んだ借入の場合では、信用情報に契約内容や返済状況が記録されてしまうので、返済トラブルが起きれば金融事故情報として登録され、信用情報に傷がついてしまいます。

しかし、クレジットカードの現金化は、利用時に契約を結ばないので、新しい借入としてではなく、すでに持っているクレジットカードのショッピング枠を利用しただけになります。

そのため、信用情報にはクレジットカードの借入金額に、クレジットカードの現金化で利用した金額が増えるだけなのです。

つまり、クレジットカードの現金化を行ったことは、信用情報のどこにも記録されないので個人信用情報機関は、クレジットカードの現金化を行ったことは把握できないのです。

ですから、他社のクレジットカードを申込む場合、審査時に信用情報を確認されても、クジレットカードの現金化を行ったことがバレる心配はありません。

クレジットカードの現金化は信用情報に直接影響しない

クレジットカードの現金化の流れの多くが、クレジットカードで購入した商品を売却して現金に換える方法をとります。

つまり、現金化と信用情報の間にはクレジットカード会社が存在しているため、クレジットカードの現金化を行ったことは、クレジットカード会社には影響しますが、信用情報には直接影響しないのです。

つまり、クレジットカードの現金化は、クレジットカードをショッピングで使っているのと同じ流れのため、信用情報には何も影響がないので、クレジットカードの現金化をしても信用情報に傷がつかないということなのです。

信用情報に載るには返済できなかった事実だけ

仮にクレジットカードの現金化がクレジットカード会社にバレてしまっても、信用情報に傷はつきません。

なぜなら、金融事故情報には、お金を借りた時の契約条件に対して返済できなかった理由が記録されているため、クレジットカードの現金化を行ったことは、返済できなかったこととは関係が無いからです。

つまり、クレジットカード会社に現金化がバレてしまい、強制退会になり利用残高を一括返済で請求されたとしても、利用残高を返済期日内にきちんと返済すれば信用情報には傷はつかないのです。

クレジットカードの現金化で信用情報に傷が付く場合

クレジットカードの現金化と信用情報は直接の関係はありませんが、現金化を行ったあとの行動で信用情報に傷がついてしまうおそれがあります。

たとえば、クレジットカードの現金化を行った後で、利用残高を返済できずに滞納してしまった場合は、金融事故情報として信用情報に登録されてしまうため、信用情報に傷がついてしまいます。

また、クレジットカードの現金化を行った後の利用残高が返済できずに債務整理をした場合も、金融事故情報が記録されてしまうため、信用情報に傷がついてしまいます。

クレジットカードの現金化がバレると社内ブラックに登録される

クレジットカードの現金化を行っても、信用情報に傷はつきませんが、クレジットカード会社の利用規約違反になるため、バレるとペナルティを受けることになります。

クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社の会員規約で禁止されています。そのため、クレジットカードの現金化がバレた場合には、最悪の場合強制退会になるおそれがあります。

もし、強制退会になった場合、利用残高の分割返済は無効になるため、一括で返済しなければなりません。さらに、強制退会になった後は、クレジットカードの現金化を行った事実がクレジットカード会社内のデータに保管されます。

クレジットカード会社内のデータに登録されることを社内ブラックと言います。

社内ブラックは、通常のブラックリストとは違い、登録期間は決まっていません。

つまり、通常のブラックリストは5年~10年で登録が抹消されるのに対し、社内ブラックは永遠に残り続けるのです。

社内ブラックに登録されている会社のクレジットカードを発行することは、ほぼ不可能だと言われています。

まとめ

クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング利用枠を使っているだけなので、

仮にバレてしまったとしても信用情報に傷はつかないので、他社のクレジットカードの発行やローンの契約には問題ありません

しかし、クレジットカードの現金化がバレると、契約しているクレジットカード会社から強制解約のペナルティを受けることになり、利用残高があれば一括で請求されるおそれがあります。

クレジットカードの現金化は、信用情報には影響しませんが、クレジットカードの現金化をした事実は、会員規約違反になったクレジットカード会社内のデータに永遠と残るため、同じクレジットカード会社とは契約できなくなるリスクもあることを覚えておきましょう。