セゾンカードで現金化をすることができるのか?

株式会社クレディセゾンが発行するセゾンカードは、券面の種類が豊富なことから、自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを作りやすいのが特徴です。

良く行くお店でセゾンカードを紹介されて発行していたら、いつの間にか複数枚のセゾンカードを持っていたという方もいるのではないでしょうか。

そのため、セゾンカードを所持している人の中には、急な出費で現金が必要になったことから、クレジットカードの現金化を考えている人もいると思います。

実は、セゾンカードは、クレジットカードの現金化に利用することもできるのです。

セゾンカードでクレジットカードの現金化ができれば、金欠の時に必要な現金を手に入れることができます。

当記事では、セゾンカードを使ってクレジットカードの現金化をする方法をご紹介します。

セゾンカード

セゾンカードの特徴

セゾンカードの正式名称は、セゾンカードインターナショナルになります。

セゾンカードの申し込み条件は、18歳以上であれば、どなたでも申し込みできるとなっていることから、発行条件が優しいクレジットカードと言えます。

そのため、セゾンカードであれば、収入の無い専業主婦の方でも発行できる可能性があります。

即日発行ができる

セゾンカードは、クレジットカードの中では珍しく、即日発行をすることができます。

セゾンカードの即日発行は、インターネットでセゾンカードを申込み、セゾンカウンターで受け取ることで可能になります。

一般的なクレジットカードは、申し込みから手元に届くまで1週間程かかってしまいます。

そのため、クレジットカードを持っていない人が、急な出費で現金化が必要になった場合、他のクレジットカードよりも早く現金化をすることができるのです。

締め日から引き落としまでの期間

セゾンカードは、2018年1月4日に、支払いサイクルの変更がありました。

変更前は、月末締めの翌々月4日引き落としだったため、月初めに現金化を行うと、引き落としまでの期間が長いのが特徴でした。

しかし、変更後は、セゾンカードの締め日は、毎月10日に設定されており、支払い(引き落とし)日は、翌月の4日なります。

たとえば、4月11日に現金化を行った場合、5月10日に締め日になり、利用が確定します。その後6月4日に引き落とされるため、55日間も支払いを遅らせることができるのです。

つまり、給料が毎月25~月末に入る人は、4月と5月分の給料が入った後に現金化でおこなった請求が来るため、余裕を持って支払いをおこなうことができます。

セゾンカードを使って現金化をする方法

セゾンカードで現金化をする方法は下記の通りです。

・JCBギフトカード
・VJAギフトカード
・アマゾンギフト券
・現金化業者

セゾンカードで現金化を行うには、個人で現金化を行う方法と、現金化業者を利用して現金化をする方法の2種類があります。

JCBギフトカード

セゾンカードで購入したJCBギフトカードを金券ショップで売却することで、現金化をすることができます。

JCBギフトカードは、国際ブランドのJCBが発行するギフトカードです。

JCBギフトカードは、全国の百貨店や家電量販店など、全国100万店以上の取扱店で利用することができるので、贈答用やコンペの景品で人気があります。

そのため、JCBギフトカードは、多くの金券ショップで取り扱いがあるので換金がしやすいギフトカードになります。

JCBギフトカードは換金率が高い

JCBギフトカードは、取扱をしている金券ショップが多く、換金率が高いのが特徴です。

JCBギフトカードを取り扱っている金券ショップの多くは、90%の換金率を提示しています。

ただし、JCBギフトカードを購入できるのは、JCBブランドが付帯したセゾンカードのみになります。他の国際ブランドでは購入することはできないので覚えておきましょう。

JCBギフトカードは公式サイトで購入できる

セゾンカードでJCBギフトカードを購入するには、公式サイトからの注文が便利です。

JCBギフトカードの公式サイトには、購入に利用できるクレジットカードの一覧の中に株式会社クレディセゾンの記載があります。

そのため、セゾンカードであれば、どの券面でもJCBギフトカードの購入に利用することができます。

ただし、JCBギフトカードの公式サイトで注文すると、送料が400円(税別)かかってしまいます。

また、JCBギフトカードの公式サイトで注文すると、手元に届くまで、長ければ1週間ほどの時間がかかってしまうため、時間に余裕を持って注文するようにしましょう。

VJAギフトカード

VISAまたはMastercardの国際ブランドが付帯しているセゾンカードであれば、VJAギフトカードを利用して現金化を行うことができます。

VJAギフトカードは、国際ブランドのVISAが発行しているギフトカードになります。

VJAギフトカードは、JCBギフトカード同様、全国の提携店で利用することができます。

そのため、利用できる店舗が多いことから金券ショップでも人気のあるギフトカードになるため、換金がしやすいのが特徴です。

金券ショップでも換金率が高い

VJAギフトカードは、多くの金券ショップで取り扱いがあり、換金率は90%以上になります。

そのため、VJAギフトカードを利用してセゾンカードの現金化を行うことで、ショッピング利用枠を効率よく現金化することができます。

三井住友カードのサイト内で購入できる

VISAギフトカードは、三井住友カードのサイト内での購入できます。
サイトであれば、インターネットにつながったスマホかパソコンがあればどこにいても注文できるため、時間が節約できます。
ただし、注文してから手元に届くまで約1週間程かかるため、即日現金化をすることができません。

また、VJAギフトカードを注文する際には、送料がかかります。
送料は、10枚以内だと440円(税込)、11枚以上だと540円(送料込)がかかるので覚えておきましょう。
インターネットでの注文が不安な人は、全国の取扱店でも購入することができます。
販売店は、三井住友カードの公式サイトで検索することが可能です。

ただし、販売店で購入する場合は、クレジットカード決済が対応していない場合があるため、事前の確認が必要です。

アマゾンギフト券

アマゾンギフト券は、ショッピングサイトのアマゾンで利用できるギフト券になります。

アマゾンを利用している人は、日本国内で4000万人以上いると言われています。

そのため、アマゾンギフトカードは、人気があり需要が高いため、現金化しやすいギフトカードになります。

アマゾンのサイト内で購入できる

アマゾンギフト券は、アマゾン内で他の商品同様に購入することができます。

アマゾンで利用できる国際ブランドは、Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、銀聯(クレジットカードのみ利用可)になっています。

そのため、アマゾンギフト券は、全てのセゾンカードの券面で選択できる国際ブランドで購入することができます。

セゾンカードの現金化に利用するならEメールタイプを購入する

アマゾンギフト券には、実体のある商品券タイプやギフトカードタイプと、実体のないEメールタイプが存在します。

アマゾンギフト券を利用して現金化を行う場合は、Eメールタイプを購入しましょう。

実は、実店舗を持つ金券ショップの多くでは、アマゾンギフト券の取扱をしていません。

なぜなら、アマゾンギフト券は、記載されているギフトコードをアカウントに反映させて利用できるため、カードの外見だけでは、残高が確認できないからです。

また、残高が確認できたとしても、換金前にコードを控えられていたら、換金直後にアカウントに反映されてしまい、使えなくなる可能性もあるのです。

そのため、アマゾンギフト券は、インターネットで営業しているアマゾンギフト券専用の現金化業者に依頼します。

インターネット上で運営しているアマゾンギフト券専門の金券ショップを利用する場合、アマゾンギフト券を購入して、一度手元に届いてから、金券ショップに送って換金するため、現金化までに時間がかかってしまいます。

しかし、Eメールタイプであれば、アマゾンからメールで送られてくるギフトカードを金券ショップに送ることで、すぐに金額が確認されるので、換金をすることができるのです。

現金化業者を利用する

セゾンカードは、現金化業者を利用することで、即日現金化を行うことができます。

そのため、すぐに現金が欲しい方におすすめです。

現金化業者には、買取り方式とキャッシュバック方式の2種類が存在します。

買取り方式

買取り方式は、利用者が現金化業者の指定する商品をクレジットカードで購入し、現金化業者が商品を買取ることで現金を手に入れる方法です。

現金化業者が指定する商品は、換金性の高い物が多いため、優良な買取り方式の業者を利用することで、80%前後の換金率で現金化をすることができます。

キャッシュバック方式

キャッシュバック方式とは、現金化業者のサイトで販売されている商品を購入すると、購入金額の何割かをキャッシュバックするという名目で現金化をする方法です。

キャッシュバック方式の場合は、注文した商品が実際に自宅に送られてくるため、クレジットカード会社に現金化を疑われにくいのが特徴です。

しかし、キャッシュバック方式は、サイトの運営や、商品発送なのどのコストがかかるため、換金率が買い取り方式よりも低い60~70%と言われています。

そのため、高換金率で現金化をするなら、買取り方式の現金化業者を利用することをおすすめします。

セゾンカードで現金化をする際の注意点

セゾンカードで現金化をする際に、注意しなければいけないことはなんでしょうか。

複数のセゾンカードを持っていても限度額は共有される

セゾンカードは、同じ国際ブランドで複数枚所持していた場合、利用枠が共有されています。

そのため、各セゾンカードの限度額まで現金化の利用できるわけではありません。

複数枚のセゾンカードの内、ショッピング利用枠が一番高額なのが利用上限になりますので覚えておきましょう

クレヒスを積んでおかないと現金化がバレやすい

長期間使っていないセゾンカードは、いきなり現金化に利用すると、クレジットカード会社に不正利用を疑われる可能性があります。

なぜなら、クレジットカード会社は、長期間利用履歴のないクレジットカードで急に決済が行われた場合、盗難による不正利用を疑うからです。

たとえば、クレジットカード会社は、長期間利用実績のない会員の利用履歴に突然高額の決済が現れた場合、決済を保留しカード所有者に電話連絡をします。

電話の内容は、セゾンカードで決済されようとしているのが、カード所有者本人の利用であるかの確認です。

セゾンカードの担当者に、カード所有者の利用であることを使えれば決済が通り、商品を購入できるようになります。

ただし、不正利用や、現金化を疑われている場合は、そのまま利用停止になってしまう可能性があります。

その場合は、セゾンカードのサポートデスクに電話連絡をすることで、利用停止を解除することができます。

そのため、セゾンカードで現金化を行う場合は、セゾンカードに疑われて利用停止にならないためにも、事前に少額の決済を行い、利用実績を作っておくようにしましょう。

現金化がバレると利用停止になる

セゾンカードの利用規約では、セゾンカードをクレジットカードの現金化に利用することが禁止されています。

そのため、セゾンカードを現金化に利用したことがバレると、利用停止になり、最悪の場合、強制退会になってしまうおそれがあります。

強制退会になった場合、セゾンカードで管理されている社内ブラックと呼ばれるデータに永久的に保存されると言われています。

社内ブラックに載った状態だと、セゾンカードに申込んでも審査に通過することが難しくなります。

そのため、セゾンカードを現金化に利用する場合は、リスクを理解してから行うようにしましょう。

まとめ

セゾンカードを使えば、ギフトカードや現金化業者を利用して現金化することができます。

そのため、自分に合った方法を選択することで、用途に合わせて必要な現金を用意することができます。

ただし、クレジットカードの現金化は、セゾンカードの会員規約でも禁止されているため、バレるとペナルティを課せられる可能性があります。

そのため、日頃からセゾンカードで少しずつ決済をして利用実績を作るようにしましょう。