話題のPayPayとは

電子マネーアプリのPayPayは「ソフトバンク」と「ヤフー」が株主の「PayPay株式会社」がサービス提供しているスマートフォン用アプリです。
「100億円あげちゃうキャンペーン」でニュースでも取り上げられるなど、電子マネーとしては後発ながらその知名度は高いものとなりました。
話題のアプリと言うこともあり電子マネーとしての使い勝手などを簡単に紹介します。

PayPayの使い方

PayPay「QRコード決済サービス」であるPayPay!スマートフォンアプリですので、まずはスマートフォンにアプリをインストールを行います。
インストールが完了したらアプリを起動させ、電話番号とパスワードを設定します。
次にアプリに残高をチャージします。
チャージの方法は
➀クレジットカードでチャージ(ヤフーカードのみ)
➁銀行口座でチャージ
の2種類となります。
店頭での支払い方法は
➀チャージ残高で払う
➁Yahoo!マネーで支払う
➂クレジットカードで支払う
の3通りです。
それぞれの登録やチャージを完了するとスグに利用可能となり、支払いの際には「店に設置されたQRコードをスマートフォンのカメラで読み取って金額入力して支払う」もしくは「スマートフォンに表示されるバーコードを店スタッフに見せて読み取ってもらい支払う」2つの方法があり、店によって異なるようです。
使い方はたったこれだけで簡単ではありますが、他の電子マネーの場合には決済用端末にかざすだけで決済が完了するため、支払いの際にひと手間かかることに少し煩わしさを感じる方もいるかもしれません。

PayPayの特徴

PayPayが他の電子マネーと違う点として説明される代表的な点は「個人間送金」が可能な点です。
ただし、個人間送金はチャージ残高の金額でしか行う事が出来ない為、クレジット払いなどを利用しての個人間送金は出来ません。
利用者側の大きな特徴は「個人間送金」が可能と言う1点と後発アプリの為、利用者拡大を狙い様々なキャンペーンがおこなわれること位であり、他の電子マネーと比べて大きな特徴は感じられません。

支払い方法の一つとして設置する店側から見た特徴は「決済手数料無料」と大きな特徴があります。
この特徴は店側として大きなメリットであることから今後、利用できる店は増えてくるものと思われます。

PayPayのデメリット

デメリットと言っても利用することでマイナスとなる事柄が起こるわけではありません。
他の電子マネーと比べて見劣りするという意味ではあります。

■ポイント還元が0.5%
(他の電子マネーと比べると少ない還元率ですが、その分キャンペーンで補っている感じではあります)
■一度に3万円以上の買い物をした際、本人確認書類が必要となる
■決済の際にアプリを起動させる手間がかかる
■PayPayの支払い後にキャンセルする場合には、利用した店舗に出かけて行って処理する必要
■使用できる店舗が現状では少ない
■クレジットカードでのチャージはヤフーカードでしかできない
■銀行口座でのチャージに必要な登録が少し手間がかか
などとなっています。
この内容を見るとメリット的な要素よりもデメリット的な要素が多く感じてしまいますが、ソフトバンクグループが携わっている携帯アプリであることから、今後は改善される点も多くあると思われます。

PayPaを使ったカードの不正利用

paypayでクレジットカードの不正利用、詐欺が多発しているとの報告がSNS上で多発しているようです。
paypayのサイト内でも

「■PayPayを利用したことがない場合、レシートを見ても対象の履歴がなかった場合
ご利用にお心当たりがない場合は、該当のクレジットカードが不正に利用されている可能性があります。
大変お手数ですが、速やかにカード会社へご連絡くださいますようお願いいたします。

との記載もあり、paypayに登録していない、アプリすら持っていない方の被害も出ているようです。
原因として「カード登録にロックが掛からない事」や「複数アカウントに同じカードが登録できること」等があげられていますが、カード番号とセキュリティコードが分かっていればこのような不正が簡単におこなえてしまうため、最低限個人で行える不正防止策としてカード情報を他人に漏れないようにする注意は払うべきです。