クレジットカードの現金化なら年金受給者でも審査不要で現金を手に入れられる

年金を受給している人の中には、「年金の受給額が少なくて生活するので精一杯」「趣味や旅行を楽しめる金銭的余裕が全くない」など、年金の受給額だけだと余裕のある生活ができない人も多いのではないでしょうか。

年金の受給額で最低限の生活がまかなえたとしても、冠婚葬祭や親戚の祝いごとなどで出費が増えた場合、年金だけでは足りないため、現金を用意するために借り入れを検討している人もいると思います。

そんな方に年金の受給額で最低限の生活がまかなえたとしても、冠婚葬祭や親戚の祝いごとなどで出費が増えた場合

クレジットカードの現金化を利用すれば、必要な現金を簡単に手に入れることができます。

この記事では、年金受給者の方がクレジットカードの現金化を利用して現金を手に入れる方法をご紹介します。

老後に必要な生活費はいくらなのか?

生命保険文化センターが平成28年度に行った「生活保障に関する調査」によると、老後生活に必要な最低限の生活費は、夫婦2人で毎月22万となっています。

また、老後にゆとりのある生活を送ろうとした場合、毎月34.9万円が必要になるという結果が出ています。

しかし、厚生年金に40年間加入したサラリーマンの夫と、専業主婦の妻がもらえる年金受給額は、夫婦2人で平均月約22万円になるといわれています。

厚生年金の納付額によって受給額は異なりますが、年金の受給額だけでは、ゆとりのある老後を過ごすことは難しくなっているのが現状のようです。

そのため、生活費以外で出費がある場合には、借り入れを検討する必要があるのです。

年金受給者がお金を借りるための方法

年金受給者が、借り入れをするための方法は下記の通りです。

・クレジットカードのキャッシング
・消費者金融や銀行のカードローン
・年金担保融資制度

年金受給者は、サラリーマンのような昇給やボーナスがないため、借り入れを行う際は返済計画をきちんと立てることが大切になります。

クレジットカードのキャッシング

キャッシング枠が付帯されたクレジットカードを利用することで、手軽にお金を借りることができます。

クレジットカードのキャッシングとは、クレジットカードに付帯されたキャシング枠の金額内であれば、提携するATMを利用して何度でも借り入れができるサービスです。

クレジットカードのキャッシング枠があれば、収入が年金だけの人でも、審査不要でお金を借りることができます。

ただし、クレジットカードのキャッシングは、カード所有者の収入に応じて利用限度額が変わります。

また、クレジットカードのキャッシングは、利用できる金額の上限が年収の3分の1までになります。

そのため、収入が年金だけになるとキャッシング枠が減らされてしまい必要な金額を借りられない場合があるので覚えておきましょう。

カードローン

年金を受給している人でも、無担保・無保証人で借り入れできるのが消費者金融や銀行のカードローンです。

カードローンは、借り入れをするための目的が自由なので、旅行や趣味に使うお金であっても借り入れることができます。

ただし、カードローンを利用して借り入れをするためには、審査に通過しなければいけません。

審査では、申込者が安定した収入を得ているかを確認するため、勤務先へ在籍確認のための電話連絡が必要になります。

また、カードローンによっては、申込条件の中に65歳未満や69歳未満など年齢制限を設けているところが多いため、年金を受給している人は、年齢で審査に通過するのが難しくなります。

そのため、年金受給者がカードローンを利用する場合は、申込条件をきちんと確認しましょう。

年金担保貸付制度

年金受給者が、公的な機関から融資を受けることができる仕組みが年金担保貸付制度です。

年金担保融貸付制度とは、国民年金や厚生年金を担保にしてお金を借りることができる法律で認められている制度です。

年金担保貸付制度は、10万円から200万円の範囲で融資を受けることができ、医療、介護、福祉に関わる費用や、生活必需品の購入、住宅の修繕などの費用に利用することができます。

年金担保貸付は、2018年時点で金利が2.8%になっており、低金利で融資を受けることができるので、返済時に必要な利息の負担を減らすことができます。

ただし、年金担保貸付制度は、申込から融資まで1か月程かかる場合があります。

そのため、年金担保貸付制度を利用する場合は、期間に余裕を持って申込むようにしましょう。

クレジットカードの現金化がおすすめの理由

年金受給者が、すぐに現金を手に入れたい場合は、クレジットカードの現金化を検討してみましょう。

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を手に入れるための方法です。

たとえば、クレジットカードで換金性の高いクレジットカードを10万円分購入し、金券ショップに持っていき95,000円売却できれば、100,000円分のショッピング枠を利用して、95,000円の現金を手に入れることができるのです。

そのため、クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング利用枠さえあれば現金を手に入れることができるため、年金受給者でも利用することができます。

審査不要で利用できる

クレジットカードの現金化は、審査不要で現金を手に入れることができます。

クレジットカードの現金化は、ショッピング利用枠を利用して現金に換金するため、ローンのような借り入れには該当しないためです。

また、クレジットカードの現金化は、借り入れを行うローン商品と異なるため、利用時の在籍確認がありません。

在籍確認は、ローン商品の契約時に、定期的な安定収入があり、返済能力があるかを確認するために勤務先への電話連絡が行われます。

しかし、クレジットカードの現金化は、すでにクレジットカード会社の信頼を得て付帯されているショッピング枠を利用するため、改めて返済能力を問う在籍確認は不要なのです。

そのため、クレジットカードの現金化を利用すれば、誰にも知られずに、現金を手に入れることができます。

年齢制限が無い

クレジットカードの現金化は、利用するための年齢制限がありません。

クレジットカードの現金化は、クレジットカードを通常のショッピングで利用するのと同じ手順になります。

そのため、クレジットカードをショッピングで利用する際の年齢制限が無いように、クレジットカードの現金化でも年齢の上限は関係ないため、ショッピング枠が余っていれば、年金を受給できる年齢であったとしても利用することができます。

クレジットカードの現金化をするための方法

クジレットカードの現金化をする方法が下記の2点になります。

・個人で現金化をする
・現金化業者を利用する

個人で現金化を利用する

クレジットカードでギフトカードなどの換金性の高い商品を購入し、金券ショップで売却することで、個人でもクレジットカードの現金化をすることができます。

人気のあるギフトカードであれば、換金率が95%以上になることが多いため、100,000円分のギフト券を購入して、換金率95%の金券ショップで売却をすれば、95,000円の現金を手に入れることができます。

少しでも換金率を上げたい場合は、個人で現金化をすることをおすすめします。

現金化業者を利用する

クレジットカードの現金化を簡単に行うなら現金化業者を利用しましょう。

現金化業者とは、クレジットカードのショッピング枠を現金に換えるための業務を専門に行っている業者のことです。

個人で現金化を行う場合、ギフトカードを購入するための手間や、金券ショップに行くまでの時間がかかります。

しかし、現金化業者を利用すれば、申し込みから入金までを全てインターネット上で行えるため、申し込み後30分以内に指定口座に現金が振り込まれることも可能です。

また、現金化業者を利用した場合の換金率は、優良な現金化業者を利用すれば80%前後になります。

個人で金券ショップを購入するよりも換金率が落ちてしまいますが、その分メリットもあるのです。

担当者が丁寧に説明をしてくれる

個人で現金化を行う場合、商品の購入から換金までを全て自分で調べる必要があり、よくわからないことがあっても誰も教えてくれません。

しかし、現金化業者を利用すれば、担当者が現金化までの手順を丁寧に説明してくれて、現金を手に入れるまでのサポートをしっかりしてくれます。

そのため、個人で現金化をするのに不安がある方は、現金化業者を利用することで、失敗せずに確実に現金化をすることができます。

クレジットカードの現金化で気を付けること

クレジットカードの現金化は、法律の整備などがされていないため、何かあっても全て自己責任になります。

そのため、クレジットカードの現金化を利用する場合は、リスクを回避することが大切になります。

悪質な現金化業者に気を付ける

現金化業者を利用する場合には、利用者から現金をだまし取る悪質な業者に注意が必要です。

クレジットカードの現金化業者は、登録制などの規則がないため、インターネット上にサイトを作ればだれでもできてしまいます。

そのため、現金化業者の中には、サイトで提示している換金率よりも実際の換金率を低く設定している悪質な現金化業者が存在するのです。

たとえば、サイトには換金率90%とうたっておきながら、実際に利用するとそこから手数料などを引かれてしまい、実際には換金率が60%程度になってしまう業者も存在するのです。

利用者が実際の換金率を聞いてキャンセルをしようすると、キャンセル料が発生するなどと言って脅し、強制的に低い換金率で換金させてしまうのです。

そのため、せっかくクレジットカードの現金化をしたのに、悪質な現金化業者を利用したことで、必要な現金を集められない場合があるのです。

クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社の利用規約で禁止になっているため、被害に遭ってもクレジットカード会社に報告することができません。

また、警察に報告すれば、クレジットカード会社に情報が行ってしまうため、悪質な現金化業者の被害に遭った場合は、泣き寝入りするしかないのです。

初めての現金化業者は少額から利用してみる

現金化業者を利用するときには、少額から利用するようにしましょう。

少額であれば、換金率が実際と異なっていても被害が少なく済みます。

また、現金化業者を利用する場合は、1社に集中せず分散することでリスクを抑えることができます。

現金化業者によっては、現金化の金額を増やすことで換金率が上がるところもありますが、初めて利用する業者に集中して高額な現金化を行うとリスクが高くなります。

そのため、あえて現金化業者を2~3社に分散することで、被害を減らすことができます。

クレジットカード会社からの問い合わせに素直に答えない

クレジットカードでギフトカードなどの換金性の高い商品を購入した場合、クレジットカード会社から確認の電話が来ることがあります。

なぜなら、クレジットカード会社は、クレジットカードの不正利用を防止するために会員の利用履歴を常に監視しているからです。

そのため、クレジットカード会社は、換金性の高い商品が購入されそうになった場合、決済を保留してカード所有者に電話連絡をします。

電話の内容は、行われようとしている決済がカード所有者の意思であることを確認するためです。

クレジットカード会社は、クレジットカードが盗難されたことにより不正に利用されたのではないかと判断するために電話をしてくるのです。

そのため、カード所有者の決済であることを伝えれば問題無く決済をすることができます。

ただし、商品の購入目的を聞かれたとしても、クレジットカードの現金化を行ったことを、クレジットカード会社の担当者に伝えてはいけません。

クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社の利用規約で禁止にされているため、現金化を行ったことがバレるとペナルティを科せられるおそれがあるからです。

クレジットカード会社から購入目的を聞かれた場合は、贈答用やゴルフコンペの景品用のための購入などの理由を事前に考えておきましょう。

まとめ

年金受給者が、審査不要で即日現金を手に入れたい場合、クレジットカードの現金化が最良の手段になります。

ただし、現金化業者を利用してクレジットカードの現金化を行う場合は、手数料がかかるため、支払いが困難にならないように計画的な利用をすることが大切です。