クレジットカードの現金化を結婚資金で利用するための方法

これから結婚を考えている人にとって、必要になるのが、結婚資金ですよね。

本来であれば、長期的な計画で積み立てをして資金を作りたいところですが、やむおえない事情で、急に結婚資金を準備しなければいけないこともあると思います。

2人の貯金では必要な資金が用意できない場合、資金を調達するために借り入れを検討している人もいるのではないでしょうか。

結婚資金を借り入れることができれば、貯金が無くても結婚資金が用意できるので、新婚生活をスタートすることができます。

しかし、借り入れには条件があるため、必要な資金を全て借りられるとも限りません。

そこでおすすめなのがクレジットカードの現金化です。

クレジットカードの現金化であれば、審査不要で現金を手に入れることができるため、借り入れでも足りない分の資金をカバーすることができます。

当記事では、結婚資金を借り入れとクレジットカードの現金化を、組み合わせて準備するための方法をご紹介します。

結婚資金

結婚資金はいくら必要なのか?

ブライダルに関する情報雑誌を発行している「ゼクシィ」が2018年に行った調査によると、結納から新婚旅行までにかかる費用が全国平均で466.6万円になっています。

さらに、夫婦となった2人が、新婚生活に必要な住居費や家具家電などを揃える資金まで含めると、合計で600万円は必要だと言われています。

結婚式では、結婚式でのご祝儀や、親族からの援助をもらうことができますが、それでも結果的に赤字になってしまうことが多いようです。

そのため、足りない分の結婚資金は、2人で調達をしなければならないのです。

しかし、新婚生活は、予想外の出費が重なることがあるため、貯めた貯金を結婚資金に全て使ってしまうと、急な出費に対応できないというリスクが伴います。

そのため、結婚資金は、貯金がある場合でも借り入れを行って、何かあったときのために現金を残しておくことが大切です。

クレジットカードの現金化で結婚資金を利用する方法

結婚資金の準備でクレジットカードの現金化を活用する場合は、なるべく少額に抑えることが大切です。

なぜなら、クレジットカードの現金化は手数料が高いため、結婚資金を準備するために高額な現金化をしてしまうと、返済金額が膨らんでしまい、始めたばかりの新婚生活が返済に追われてしまう可能性があるからです。

たとえば、結婚資金の不足分が100万円あり、換金率80%の現金化業者を利用して現金を手に入れようと思った場合、必要な資金を準備するのに125万円のショッピング枠が必要になります。

現金化で利用した125万円は、後日クレジットカード会社から請求さるため、返済をしなくてはいけません。

つまり、クレジットカードの現金化は、100万円を借りて、1~2か月後には、125万円を返済しなければいけないため、高金利でお金を借りているようなものになります。

さらに、利用残高の返済を分割やリボ払いにした場合は、手数料が上乗せになるため、返済期間が延びるたびに返済額が増えていきます。

そのため、クレジットカードの現金化は、手数料が高いため、結婚資金で活用する場合、貯金や他の借り入れの足りない部分を補うように少額で利用するようにしましょう。

結婚資金の準備に適した借り入れ方法

結婚資金を借り入れで準備する場合は、金利の低いところから借りるようにしましょう。

借り入れ時の金利が低ければ、返済の負担を減らすことができるので、新婚生活を良い状態でスタートすることができます。

結婚資金を準備するための借り入れには下記の方法があります。

・ブライダルローン

・フリーローン

・カードローン

結婚資金は高額になるため、まずは金利の低いところから借り入れ、足りない部分をクレジットカードの現金化で補うことができれば、返済の負担を減らすことができます。

ブライダルローン

結婚資金の借り入れで、真っ先に思い浮かぶのがブライダルローンではないでしょうか。

ブライダルローンとは、目的別ローンの一種で、結婚式にかかる費用を借り入れることを専門としたローンになります。

ブライダルローンは、利用する結婚式場が金融機関と提携している場合があるため、勧められることもあります。

ブライダルローンは、結婚式の費用に利用することが目的のため、結婚式関係の用途以外に利用することができません。

しかし、ブライダルローンは金利が安く、年利が3%~7%前後と言われています。

たとえば、楽天銀行の場合は、年利7.0%の固定金利で、最高300万円までを借り入れることができます。

そのため、ブライダルローンは、結婚資金のために高額な借り入れをしても、返済時の利息を抑えることができます。

ただし、ブライダルローンは、借入金額が多くなり、金利も低いことから、審査が厳しいと言われています。

そのため、申込者の収入や、勤続年数によっては、審査に落ちてしまい借り入れができないおそれがあります。

また、ブライダルローンは、借入の金額が高額になるため、申込者の返済能力を確認するための審査に時間がかかる場合がかかります。

そのため、ブライダルローンを利用する場合は、結婚式まで日にちに余裕がある状態で行うようにしましょう。

結婚式の費用は、ローンではなく現金で払ってしまいたいと思うかもしれませんが、無理に現金で支払ってしまうと、万が一ケガや病気などで、収入が途絶えてしまうことや、急な出費があった場合、現金がないと対応できなくなってしまうおそれがあります。

そのため、結婚式の費用で貯金が全てなくなってしまう可能性があるのなら、ブライダルローンを利用して少しでも手元に現金を残しておくようにしましょう。

フリーローン

貸付金の利用目的が自由なため、借入金を結婚資金全般で使用できるのが、フリーローンです。

フリーローンとは、無担保・無保証人で借り入れができ、使用目的が自由な個人向けローン商品です。

フリーローンは、銀行がサービスを行っており、借入金の用途に制限がないため、新婚旅行や、新居の費用などにも利用することができます。

また、フリーローンは、借り入れできる金額が大きく、金利も比較的安いので利用しやすいのが特徴です。

たとえば、イオン銀行のフリーローンでは、10万円から700万円の借り入れが可能で、金利は年3.8%から13.5%となっています。

ただし、フリーローンは、一度金額を決定して借り入れを行うと追加借入をすることができません。

追加借入を行う場合は、再度審査を受ける必要があります。

また、フリーローンでは、高額の借り入れができ、金利も低いため、借入審査が厳しいと言われています。

そのため、フリーローンを利用するためには、申込者の返済能力が高くないと利用することが難しくなります。

カードローン

カードローンを利用することで、利用限度額までなら何度でも借り入れを行うことができます。

カードローンとは、無担保・無保証人で借り入れをすることができるローン商品になります。

カードローンは、フリーローンと性質が良く似ていますが、大きく違うのが借り入れ可能な回数です。

フリーローンは、一度借り入れを行うと、追加借入をする場合には、再度審査を受ける必要があります。

しかし、カードローンでは、契約時に設定された限度額までなら、何度でも借り入れをすることができるのです。

そのため、カードローンを契約することで、結婚式や新生活での急な出費に対応することができます。

カードローンは大きく分けて2種類がある

カードローンには、消費者金融カードローンと、銀行系カードローンの2種類があります。

・消費者金融系カードローン

消費者金融系カードローンとは、金融庁や財務局に貸金業の登録をしている消費者金融や信販会社が行っているローン商品になります。

有名なところでは、アイフルやアコム、プロミスなどが消費者金融系カードローンになります。

消費者金融と聞くと、少し怪しいイメージがあるかもしれませんが、大手の消費者金融のほとんどが銀行グループの傘下に入っており、貸金業法に沿った運営をしているため、安心して利用することができます。

・銀行系カードローンに比べて金利が高い

消費者金融系カードローンは、銀行系カードローンに比べて、金利が高い代わりに、審査に通りやすいと言われています。

なぜなら、消費者金融は、金利を上げることで利益を多く取ることができるため、貸し倒れのリスクを取ることができるからです。

そのため、消費者金融であれば、雇用形態が正社員でなくても安定した収入が数ヶ月程度あれば、審査に通過して借り入れすることができます。

・借り入れできる金額は年収の3分の1まで

消費者金融系カードローンで借り入れできるのは、年収の3分の1が上限金額になります。

なぜなら、貸金業法で定められている総量規制という規定があるからです。

総量規制とは、消費者金融が利用者に過剰な貸付けをすることによって、返済が困難になる多重債務者になることを防ぐための規制になります。

たとえば、年収240万円の人が、消費者金融から借り入れることができるのは、総量規制により80万円が上限金額になるのです。

さらに、複数社からの借り入れがあった場合、年収の3分の1から借り入れの合計金額を差し引いた金額が、借り入れの上限金額になります。

・即日融資が可能

消費者金融系カードローンは、即日融資ができるところが多いため、申込日に借り入れをすることができます。

結婚式場の費用は前払いが基本ですが、支払い前日であっても、資金を用意することができます。

・銀行系カードローン

銀行系カードローンは、三菱UFJ銀行や、三井住友銀行などのメガバング系や、地方銀行が提供している、無担保・無保証人のカードローン商品になります。

銀行系カードローンは、消費者金融系カードローンよりも金利が低く設定されていることが多いため、返済時の利息の負担を減らすことができます。

ただし、銀行系カードローンは、消費者金融系カードローンよりも金利が低い分、審査に通過するのが厳しいと言われています。

そのため、ある程度の年収と勤続年数があれば、審査に通過しやすくなるでしょう。

・銀行系カードローンは総量規制の対象外

銀行系カードローンは、貸金業法ではなく銀行法が適用されるため、貸金業法で定められている総量規制の対象外になるため、借入金額の上限を年収の3分の1とする規定がありません。

そのため銀行系カードローンであれば、消費者金融系カードローンよりも多くの借り入れができる可能性があります。

資金が用意できなかった場合は時期をずらしてみる

転職したばかりで勤続年数が短い人は、結婚資金を借り入れる際に、どこの審査も通らず借り入れができない場合も想定されます。

その場合は、結婚資金を作るために、時期をずらして貯金をするか、結婚式のプランを変更することをおすすめします。

なぜなら、無理な借り入れをして資金を作っても、返済が困難になり、後の生活が大変になってしまうからです。

たとえば、結婚資金が貯まるまでは、期限限定で夫婦どちらかの実家で同居することで、結婚資金を貯めやすくなります。

賃貸マンションなどを契約する場合、引っ越し費用や生活するための家具家電を揃えるのに60万円ほどの資金が必要になります。

引っ越してしまえば、翌月から家賃が発生するため、借り入れの返済と家賃の支払いで余裕のない新婚生活になってしまうおそれがあります。

また、一度引っ越しをすると、動きづらくなってしまうため、妥協したところを契約してしまうと数年間我慢して住まなくてはいけません。

それであれば、一度どちらかの実家に住まわせてもらい、理想の住まいへ引っ越せるための資金を貯めるほうが長期的に見て、安定した生活をおくることができます。

また、結婚式を挙げる資金が無い場合は、衣装と写真撮影だけして、結婚資金が貯まったら、結婚式を挙げるなどの方法を取れば、余裕のある資金計画を立てることができます。

まとめ

結婚資金は高額なため、手数料の高いクレジットカードの現金化だと、返済する金額が多くなってしまい、せっかくの新婚生活が、返済に追われてしまうことで楽しめなくなってしまいます。

そのため、結婚資金を借り入れて準備するのであれば、まずは資金の大部分を金利の安いブライダルローンやフリーローンで工面することをおすすめします。

ただし、新婚生活は、予想外の出費が多く、追加借り入れのできないローンでは対応することができません。

そのため、少額の足りない部分をクレジットカードの現金化でカバーすることで、余裕のある新婚生活をおくることができます。