JCBカードの特徴と注意

クレジットカードの国際ブランドであるJCBから発行されるJCBカード!!
JCBから直接発行されるカード以外にも、楽天やセディナ・ライフなど様々なカード会社から発行されている「日本で唯一の国際カードブランド」です。
このJCBカードはVisaやmasterと比べて利用状況に厳しいカードと言われていますがその特徴や使用上の注意、クレジットカード現金化に使用する際の注意点を紹介します。
(ここではJCB

JCBカード

JCBの特長

一般JCBカードの申し込み審査はイメージとは異なりさほど高くはありません!
申し込み基準も「18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方。」となっていることから、パートやアルバイトであっても審査が通る確率は低くはありません。
一昔前までは使用できる店も少ない印象でしたが、今では加盟店数も増え、VisaやMasterカードと比べると劣るものの日本国内ではとりわけ不便さは感じられないでしょう。
また、「日本で唯一の国際カードブランド」を売りにしていることもあり、日本の顧客の満足度を高める為のサービスが多いことも特徴です。
カード利用者には直接関係することは通常はありませんが、デメリット的な特徴として加盟店手数料が高いことも特徴と言えます。

参考までにJCBカード・ランク別の条件などは以下のようになっています

カード名 JCB一般カード JCBゴールドカード JCB CARD W JCB CARD W plus L JCBプラチナカード
入会条件 18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方or高校生を除く18歳以上で学生の方 20歳以上(学生除く)ご本人に安定継続収入のある方 18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方or高校生を除く18歳以上で学生の方 ご本人または配偶者に安定継続収入のある方or高校生を除く18歳以上で学生の方(男性も可) 25歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方(学生不可)
年会費 オンライン入会で初年度無料(次年度以降1,250円+消費税) オンライン入会で初年度無料(次年度以降10,000円+消費税) 無料 無料 25,000円+消費税
ポイント還元率 0.5% 0.5% 1.0% 1.0% 0.5%

 JCBカードの注意点

他のカードと比べても不正利用防止のためのセキュリティーが高いのがJCBカードです。
カード所持者がいつもの買い物と異なる決済(場所や金額)が行われた場合にはセキュリティーが掛かり、カード会社に電話連絡を行わなければ決済ができないことがあります。

また、海外での利用は地域によっては使用できない店が多いこともあるため、事前に渡航先での利便性は調べておいた方が良いでしょう。

クレジットカード現金化で利用する場合の注意点

クレジットカード現金化でJCBカードを利用する際の注意点として、先の項目で説明したセキュリテーが高いことから、キャッシュバック方式などでの決済の際にセキュリティーがかかってしまう事があります。
その場合にはご自身でカード会社に電話をしてご自身が利用した旨を伝えることで、電話を切った後に改めて利用することが可能となります。
稀にカード会社から電話が掛かってくることもある為、現金化業者側が決済作業まで行う手続きの場合には自信が構えていないタイミングで電話が掛かってきてしまい、思わぬトラブルになる可能性もあることから注意が必要です。
また、決済手数料が高いことなどを理由にクレジットカード現金化業者によっては還元率がVisaやMasterよりも低くなることが多い為、業者選びは慎重におこなわなければなりません。
当サイトでも多くの業者を確認していますが、JCBカード利用の場合、Visa・Masterカードよりも換金率・還元率が低くならない業者はごく一握りであり、実際の還元率が60%台になる現金化業者の方が多い調査結果となっています。