イオンカードをお得に使いながらクレジットカード現金化をする方法とは?

イオン

イオンカードは、イオン系列の店舗で利用することでお得にショッピングができるクレジットカードです。

イオンのショッピングモールやスーパーなどは、全国展開しているため、イオンカードを普段から利用している人も多いのではないでしょうか。

また、イオンカードは、年会費が永年無料のため、使う予定は無かったけどとりあえず作っておいたという人も多いと思います。

イオンカードは、ショッピングだけでなく、現金化でも利用することができるので、金欠で現金が不足したときでも、現金を手に入れることができるクレジットカードになります。

そのため、これからクレジットカードを発行しようとしている人にもイオンカードはおすすめです。

当記事では、イオンカードで現金化をする方法をご紹介します。

イオンカードとは?

イオンカードは、株式会社イオン銀行が発行しているクレジットカードです。

イオンカードには、多くの企業が提携しており、2019年5月時点で、54種類からライフスタイルに合ったイオンカードを選ぶことができます。

国際ブランドは3種類から選べる

イオンカードを発行する際には、VISA、JCB、Mastercardから選ぶことができます。

まだ、クレジットカードを持ったことがないという方は、VISAがおすすめです。

なぜなら、VISAは世界NO.1のシェアを誇る国際ブランドになるため、日本国内だけでなく海外でも利用することができるからです。

そのため、VISAブランドを選んでおけば、海外旅行に行ったときでも、多くの店舗で利用することができます。

ディズニーデザインの券面はJCBブランドのみ

イオンカードの発行時に選択できるディズニーデザインの券面は、JCBブランドしか選択することができません。

そのため、どうしてもディズニーデザインの券面でイオンカードを発行したいという場合は、JCBブランドを選択しましょう。

審査が優しい

イオンカードは、審査が優しいため、発行しやすいクレジットカードと言われています。

イオンカードの申込条件は下記のようになっています。
・18歳以上で電話連絡可能な方

収入や雇用形態の条件は含まれていないため、アルバイト・パート、学生・専業主婦(主夫)・年金受給者でも申し込むことができます。

イオンカードは、イオン系列のスーパーやショッピングモールで利用してもらうことを目的としているため、幅広い層に発行できるようになっているのです。

そのため、収入が無い場合や、正社員以外の雇用形態で不安がある人でも、イオンカードを発行できる可能性がります。

ポイントが貯まる

イオンカードをショッピングに利用することで、200円(税込)の利用ごとにときめきポイントが1ポイント付与されます。

1ときめきポイントは、1円相当の価値になるため、イオンカードのポイント還元率は0.5%になります。

ただし、イオン系列の店舗でイオンカードを利用すると、獲得できるポイントが2倍になるため、200円の利用につき2ときめきポイントを獲得できるので、ポイント還元率は1%になります。

そのため、ときめきポイントをより多く貯めたい場合は、イオン系列の店舗で利用しましょう。

保証が充実している

イオンカードには、ショッピングセーフティ保険と、カード盗難保障がついています。

そのため、イオンカードで決済した5,000円以上の商品であれば、偶然の事故で破損してしまっても購入日から180日以内であれば補償してくれます。

また、カード盗難保障では、万が一イオンカードを紛失した場合や、盗難に遭ってしまったことで不正利用されてしまった場合でも、損害金を補償してくれます。

そのため、イオンカードは、万が一の事態でも安全に利用できるクレジットカードなのです。

イオンカードのお得な使い方

イオンカードには、利用金額に応じてポイントが付くだけでなく、その他にもお得になる使い方があります。

お客さま感謝デーに使うと5%OFF

毎月20日と30日は、全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、などのイオン系列の店舗でお客様感謝デーを開催しており、イオンカードで買い物をすると、購入代金から5%の割引を受けることができます。

また、イオンカードだけでなく、電子マネーのWAONで支払った場合でも5%割引の特典を受けることができます。

そのため、イオン系列のスーパーを利用している主婦の方は、イオンカードを使うことでお得に買い物をすることができます。

イオンシネマで利用すると300円割引

イオンショッピングモールなどに入っているイオンシネマでは、映画の鑑賞料金をイオンカードで支払うと300円の値引きを受けることができます。

値引きを受けられるのは最大で2名になるため、友人や家族と行くと最大で600円の値引きを受けられます。

さらに、毎月20日と30日のお客様感謝デーにイオンシネマでイオンカードを利用すると、一般通常料金から700円OFFで映画を見ることができます。

そのため、映画を良く見に行く人にもイオンカードはおすすめのクレジットカードになります。

イオンカードで現金化をする方法

イオンカードで現金化をするには下記の方法があります。
・ギフトカードを利用して現金化を行う
・現金化業者を利用して現金化を行う

クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社の会員規約で禁止されています。

そのため、イオンカードで現金化を行ったことがバレると、利用停止や、強制退会などのペナルティを科せられるおそれがあります。

クレジットカード会社は、そのような不正利用を防止するため、会員の利用履歴を自動プログラムで常に監視をしており、怪しい履歴があるとすぐに会員に電話連絡をします。

通常の利用であれば、現金化を疑われることはありませんが、普段の利用状況が悪いと現金化を疑われやすくなると言われています。

たとえば、キャッシング枠を限度額まで使いきっている場合や、利用残高の返済を頻繁に滞納している人は、現金化を疑われやすくなるので注意が必要です。

そのため、現金化を行う場合は、キャッシング枠に余裕を持たせることや、利用残高をしっかり返済など日頃の利用状況に気を付けましょう。

ギフトカードを利用して現金化を行う

個人でイオンカードの現金化を行う場合は、ギフトカードを利用します。

イオンカードで購入したギフトカードを金券ショップで買い取ってもらうことで、ショッピング枠を現金に換えることができます。

なお、イオンカードで購入できるギフトカードは下記の通りです。

・JCBギフトカード(JCBブランドのみ)
・VJAギフトカード(VISA、Mastercardブランドのみ)
・アマゾンギフト券

JCBギフトカードとVJAギフトカードは、購入することができる国際ブランドが決まっているため、購入時には注意が必要です。

JCBギフトカードは、JCBの公式サイト、または全国の販売店で購入することができます。

また、VJAギフトカードは、三井住友カードの公式サイト、または全国の販売店で購入することができます。

どちらも、公式サイトで注文すると発送から到着まで1週間程かかる場合があるため、時間に余裕を持って注文してください。

全国にある販売店は、公式サイトで検索することができます。

販売店であれば、即日入手することができますが、店舗によってはクレジットカード払いに対応していない場合があるので、事前に問い合わせをして確認しましょう。

アマゾンギフト券は、ショッピングサイトのアマゾンで購入することができ、イオンカードで選択できるすべての国際ブランドで購入することができます。

ギフトカードは換金率が高い

JCBギフトカードとVJAギフトカードは、利用できる店舗が多いため、人気があるギフトカードになります。

そのため、多くの金券ショップで高い換金率で買い取りを行っています。

換金率は金券ショップによって異なりますが、多くの場合90%以上の換金率で現金化することができます。

そのため、JCBギフトカードとVJAギフトカードであれば、効率よく換金することができます。

アマゾンギフト券は取扱の金券ショップが少ない

アマゾンギフト券には、カードやギフト券などの実体のあるタイプと、ギフトコードだけがメールで送られてくるEメールタイプがあります。

どちらのタイプのアマゾンギフト券もギフトコードをアカウントに反映しないと残高が確認できないようになっています。

アマゾンギフト券は、残高の確認に手間がかかるため、多くの金券ショップではアマゾンギフト券の取り扱いをしていませんが、一部の金券ショップでは実体のあるタイプの買い取りを行っているところがあります。

そのため、実体のあるタイプのアマゾンギフト券で現金化をする場合は、事前に買い取りを行っている金券ショップを確認してから購入するようにしましょう。

現金化業者を利用して現金化を行う

イオンカードを使って安全に現金化をするなら、現金化業者を利用することをおすすめします。

なぜなら、ギフトカードを購入する場合、高額な決済になってしまうとクレジットカード会社に不正利用を疑われてしまい、決済ができなくなる場合があるからです。

一方で、現金化業者は、クレジットカードの現金化を専門に扱っている業者になります。

そのため、クレジットカード会社に不正利用が疑われにくいノウハウを持っているため、高額な高現金化もすることができます。

現金化業者を利用して現金化を行う方法は、買い取り方式とキャッシュバック方式の2種類があります。

買取り方式

買い取り方式の現金化業者は、利用者がクレジットカードで購入した商品を買い取ることで現金化を行う方式です。

クレジットカードで購入する商品は、現金化業者から指定されるため、利用者は現金化業者の説明通りの手順をするだけで、現金を手に入れることができます。

買い取り方式の現金化業者を利用した場合の換金率は、優良な業者で80%前後と言われています。

ギフトカードを使った現金化よりも換金率は落ちてしまいますが、買い取り式の現金化業者を利用する場合は、スマホとクレカがあればどこでも申込ができるので、手間や時間がかかりません。

さらに、即日現金を手に入れることができるので、すぐに現金が必要になったときでも安心して利用することができます。

キャッシュバック方式

キャッシュバック方式の現金化業者は、現金化業者または提携先の商品を利用者がクレジットカードで購入することで、購入金額に応じた金額がキャッシュバックという名目で還元されることで現金化を行うこができます。

キャッシュバック方式は、実際に商品が自宅に届くため、クレジットカード会社に現金化を疑われたときにも、商品を見せられるというメリットがあります。

また、現金化業者のサイトで決済された直後に現金が振り込まれるため、早ければ数十分以内に現金を手に入れることができます。

しかし、キャッシュバック方式の場合、サイトの管理や発送業務などがあるため、運営するのに経費がかかってしまうことから、買い取り方式の現金化業者よりも換金率が低い傾向があります。

そのため、換金率を重視するのであれば、買い取り業者を利用するようにしましょう。

現金化で貯まったときめきポイントも現金化できる

イオンカードを利用した際に貯まるときめきポイントは、JCBギフトカードに交換することで現金化することができます。

ときめきポイントは、1,000ポイント貯めるごとに1,000円分のJCBギフトカードと交換することができます。

たとえば、イオンカードを利用して現金化をした場合、200,000円分の利用で1,000ポイントを貯めることができます。

ただし、一回交換するごとに手数料として250ポイントが必要になるため、250,000円分の現金化をする度に、1000円分のJCBギフトカードを手に入れることができます。

JCBギフトカードは、金券ショップで換金することができるため、イオンカードで現金化をすることで、ポイントもムダ無く現金化することができます。

まとめ

イオンカードを使って現金化する方法をご紹介しました。

イオンカードでギフトカードを購入することで、個人でも現金化することができますし、現金化業者を利用すれば、さらに高額な現金を手に入れることができます。

イオンカードは、普段のショッピングでもお得に利用することができるので、現金化目的だけなくても発行する価値があるクレジットカードになります。

また、イオンカードは、審査が甘いため、クレジットカードの審査が通りにくい専業主婦の方や年金を受給している方でも審査に通過しカードを発行できる可能性があります。

そのため、クレジットカードの発行を検討している方は、イオンカードに申込んでみましょう。