急な転勤で引っ越し資金が足りないならクレジットカードの現金化を利用しよう

転勤が多いサラリーマンにとって、異動の辞令が出る3月は、心構えが必要な時期なのではないでしょうか。

定期的な転勤があるとはいえ、引っ越しの準備にかかる金銭的負担はかなりのものです。

毎月少しずつでも貯金ができていれば、急な異動でも慌てることがありません。

しかし、結婚や、お子さんの進学など、環境の変化により出費が重なると、せっかく蓄えた貯金が無くなり、転勤に必要な資金が用意できなくなってしまうことも考えられます。

そこでおすすめなのがクレジットカードの現金化です。

クレジットカードの現金化であれば、審査なしでお金を借りることができるので、急な転勤で高額な現金が必要になった場合でも安心です。

当記事では、転勤に伴う引っ越し費用をクレジットカードで捻出するメリットをご紹介します。

引越し資金

引っ越し費用は意外とかかる

転勤の際に、大きな負担になるのが引っ越し費用です。

株式会社リクルートが運営する不動産情報サイト「SUUMO(スーモ)」の調査結果によると、3月、4月は引っ越し業者の繁忙期になり、平均料金は12万5140円になっています。

通常期の5月~2月では、平均料金が8万8938円になっているため、繁忙期は通常よりも約3万6000円も高いことがわかります。

引っ越し業者は、見積時に交渉をすることで値下げを期待することができますが、繁忙期では値下げ交渉がしにくいのです。

つまり、異動の辞令がでる3月は、引っ越し業者の繁忙期にかかってしまうため、負担が大きくなってしまうのです。

引っ越し費用は前払いが基本

引っ越し業者への支払方法は、クレジットカード払いに対応していない場合、現金か銀行振込になります。

大手引っ越し業者ではクレジットカード払いに対応するところも増えていますが、中小規模の引っ越し業者では、現金のみの対応をしているところも多いのです。
そのため、引っ越し業者に依頼する場合は、現金を用意する必要があります。

また、引っ越し業者に支払う料金は、「標準引越運送約款」の規定により、前払いが基本になっています。

標準引越運送約款とは、国土交通省が引っ越し業者と消費者間にルールを決めトラブルを防ぐことを目的に制定をしたものです。

標準引越運送約款の第十九条には「当店は、荷物を受け取るときに見積書に記載された支払方法により、荷送人から運賃等を収受します。」との記載があります。

つまり、原則は引っ越し業者が荷物を積み込む前に、見積書に記載された引っ越し料金を支払うことになるのです。

また、引っ越しの荷物を積込中に、見積りに含まれていない大型の荷物や、特殊な荷物が出てきた場合は、追加料金が発生することもあります。

そのため、当初よりも料金が増えてしまうおそれもあるので、引っ越し費用は見積金額ぴったりではなく、多めに現金を用意しておく必要があるのです。

現金があれば引っ越し業者の選択肢が広がる

クレジットカードの現金化を利用して、引っ越し費用を現金で用意できれば、利用できる引っ越し業者の選択肢が広がります。

引っ越し業者を多くの選択肢から選ぶことができれば、相見積もりをとることで安い業者を利用することができるのです。

たとえば、引っ越し業者に依頼するための現金が用意できなかった場合、クレジットカード払いに対応している引っ越し業者から選ぶことになります。

クレジットカードは、決済をした企業がクレジットカード会社に手数料を払う仕組みになっています。

そのため、引っ越し業者は、クレジットカードで支払われると手数料分安く依頼を受けてしまうことになるため、引っ越し業者の営業と事前に料金を決める際に、値引き交渉に応じにくくなることも考えられます。

引っ越し費用は、引っ越し業者との交渉次第で大きな値引きを期待することができるので、クレジットカード払いにすると通常よりも高い値段で依頼しなければいけない可能性があるのです。

しかし、現金で引っ越し費用を用意できれば、全ての引っ越し業者が選択肢になるため、各社から見積もりをとって安い業者を使うことができるのです。

賃貸契約の初期費用は現金か銀行振込みが基本

転勤先の生活拠点となる賃貸マンションや賃貸アパートを契約する際の初期費用も、転勤に伴う引っ越し費用の中で、大きな負担になるものです。

賃貸契約の際にかかる初期費用は下記の通りです。

・敷金…家賃1か月分
・礼金…家賃1か月分
・前家賃…家賃1か月分
・仲介手数料…家賃1か月分
・火災保険料…2万円程度

たとえば、家賃が6万円の賃貸マンションを契約する場合の初期費用は

6万円×4か月分=24万円になるため、24万円の初期費用がかかってしまうのです。

引っ越し費用と合わせると、36万円程の現金が必要になるので、大きな負担になることがわかります。

このように、賃貸契約には家賃4か月分程度の高額な初期費用がかかるのですが、多くの不動産会社では、クレジットカード払いに対応していないため、支払方法は基本的に現金か銀行振込になります。

最近では、クレジットカード払いに対応する不動産業者が増えてきているのですが、まだまだ多くの不動産業者ではクレジットカード払いに対応していないのが事実です。

そのため、賃貸契約に伴う初期費用は現金で用意をする必要があるのです。

クレジットカード現金化なら審査なしでお金を借りられる

クレジットカードの現金化なら、転勤に伴う引っ越し費用のように高額な現金を、すぐに借りることができます。

なぜなら、クレジットカードの現金化は、ショッピング利用枠があれば審査不要ですぐにお金が借りられるからです。

異動の辞令がでるのは、転勤の1週間~2週間前程だと言われています。

そのため、辞令が出てからすぐに引っ越し業者と住む場所を決めないと、転勤までの期間に間に合わなくなってしまうのです。

しかし、手持ちの現金が無ければ、引っ越し業者を依頼することや、不動産業者と賃貸契約を結ぶことができません。

現金が無い場合、お金を借りる選択肢として、消費者金融や銀行カードローンなどを検討する人もいると思いますが、どちらも審査を通過しなければお金を借りることはできません。

そのため、審査に落ちてしまうと引っ越しまでに費用が用意できないおそれがあります。

また、貸金業者や金融機関に融資の申込をしてことは、信用機関に登録されるため、短期間に複数の融資を申込むと審査に通りにくくなってしまうのです。

つまり、貸金業者や金融機関では、一度審査に落ちると、それ以降に審査を受けても融資を受けられない可能性が高くなってしまいます。

審査に通過してお金を借りられたとしても、貸金業者や金融機関では、初回の利用だと大きな金額を融資してもらえる可能性が低いので、転勤に伴う費用を捻出するのは難しいのです。

クレジットカードの現金化であれば、クレジットカードのショッピング利用枠の限度額までお金を借りることができます。

さらに、早ければ当日中、遅くても翌日には現金を借りることができます。また、土日でも現金を用意することができるので、引っ越しギリギリでも安心です。

クレジットカードの現金化をすれば後清算の場合でも安心

会社によっては、転勤に伴う費用を一度従業員が負担し、後で清算する場合があります。

そのため、引っ越し費用を一度自分で支払う必要があるため、現金を用意する必要があるのです。

転勤に必要な資金は、引っ越し費用と、賃貸契約の初期費用だけでなく、その他生活に必要な物資も含まれます。ですから、全て用意するとなるとかなり高額な費用がかかってしまいます。

定期的に異動をしている人なら、いつでも転勤できるための蓄えがあるかもしれません。

しかし、会社の組織改革などで、本社勤務だった人がいきなり地方の営業所に転勤になると、引っ越しに備える蓄えが全くない可能性が高いです。

異動の辞令が出てから転勤までの期間が1週間から2週間ということを考えると、給料日を挟む可能性が低くなります。

そのため、短期間に自力で現金を集めるのは難しいと思います。

クレジットカードの現金化を利用すれば、引っ越し費用が後清算の場合でもクレジットカードのショッピング枠を利用して現金を用意することができるので、急な異動の辞令でも転勤の費用を捻出することができるのです。

クレジットカード現金化は専門業者を使うのが安全

転勤に伴う引っ越し費用や、賃貸契約の初期費用は高額になるため、クレジットカードの現金化をするなら、現金化業者を利用した方が安全です。

なぜなら、現金化業者は決済代行業者を利用しているため、クレジットカード会社に現金化がバレにくいからです。

決済代行業者とは、国際ブランドの加盟店になっていない店舗の代わりに、クレジットカードの決済を代行する業務を行っている企業です。

クレジットカード会社は、会員の利用履歴から、利用した店舗を確認することができますが、何を購入したかまでは見ることができません。

そのため、クレジットカードの現金化業者を利用したとしても、決済代行業者の名前で決済されれば、クレジットカード会社には現金化業者を利用したことがバレにくいのです。

必要な現金が少額であれば、ギフトカードなどを利用して、個人でクレジットカードの現金化をすることも可能です。

しかし、クレジットカード会社は不正利用がないかを常に監視しているため、引っ越し資金のように高額な資金を現金化する場合には注意が必要です。

現金化を疑われるような履歴があった場合、決済が保留になり、クレジットカード会社からカード所有者に電話連絡をして購入商品と購入目的の確認をします。

問題が無ければそのまま決済が再開され商品を購入することができますが、クレジットカードの現金化がクレジットカード会社にバレてしまうと会員規約違反になり、クレジットカードの利用停止や、最悪の場合強制退会になることもあります。

クレジットカードが利用停止や強制退会になってしまうと、転勤後に必要な生活物資が購入できなくなってしまいます。

そのようなリスクを減らすためにも、高額なクレジットカードの現金化は、現金化業者を利用することをおすすめします。

現金化業者選びの注意点

転勤に伴う費用は高額になるため、優良な現金化業者を選ぶことが重要になります。

クレジットカードの現金化業者の中には、提示されている換金率と、実際の換金率が異なる悪質な現金化業者も存在します。

サイトで提示している換金率は、手数料が引かれる前のもので、そこから消費税やクレジットカード決済のための手数料などが差し引かれてしまうので、実際は換金率が大きく下がってしまうのです。

換金率90%を提示しているのに、利用すると手数料を引かれてしまい、実際は60%程度になってしまうという詐欺に近いような現金化業者が存在するのも事実です。

例えば、転勤に伴う費用として40万円が必要だったので、換金率90%をうたっている現金化業者で45万円を利用したが、色々な名目で手数料を引かれてしまい、換金率が実質60%だった場合、手に入れられる現金は27万円になってしまうのです。

そのため、引っ越し資金のために現金化業者を利用したのに、換金率が低いため必要な資金を集められなかったということもありえるのです。

転勤までの限られた時間の中で資金を作らなければいけないので、現金化業者を選ぶ際に焦ってしまうことも考えられます。しかし、悪質な現金化業者を選んでしまうと、大きな損失を出してしまうことになります。

安全な現金化をするためにも、高換金率だけに惑わされず、最終的な換金率がいくらになるのかを確認する必要があります。

まとめ

クレジットカードの現金化を利用することで、急な転勤による高額な引っ越し費用を捻出することができます。

貸金業者や金融機関からお金を借りるには、審査が必要なため借りるまでに時間がかかってしまうだけでなく、必要な資金を借りられるのかも確実ではありません。

しかし、現金化業者の選び方を間違えると、せっかく現金化をしても引っ越しに必要な資金が用意できないおそれがあるため、優良な現金化業者を選ぶことが大切です

クレジットカードの現金化業者の中でも、当サイトでおすすめしているネオギフトであれば、提示されていると実際の換金率が変わらないため、安心して利用することができます。