クレジットカード現金化業者の手数料はどうやったら安くできるのか?

クレジットカードの現金化業者を利用する際、手数料がどれくらい取られるのか気になる人は多いのではないでしょうか。

せっかく現金化をするなら、少しでも多くの現金を手元に残したいですよね。

しかし、現金化業者によっては現金化するときに多くの手数料を引かれてしまい、手元に残るお金が思ったより少なくなるおそれもあります。

そのため、現金化業者を利用する場合には、手数料をおさえることが重要です。

では、現金化業者を利用する場合、手数料を安くおさえるにはどうしたらよいのでしょうか。

この記事では、現金化業者の手数料を安く抑える方法をご紹介します。

現金化業者の手数料とは?

クレジットカードの現金化業者を利用する際、換金率とは別に手数料を引かれることがあります。

なぜなら、現金化業者は、換金率を高くすると、売上が確保できないからです。

本来、現金化業者の売り上げは、換金率の割合によって決まりますが、それだけだと足りない場合、利用者からさらに手数料を取ることで利益を確保しています。

たとえば、90%の現金率をうたっている現金化業者を利用した場合、10%が現金化業者の取り分(売上)になります。

しかし、10%だけでは、経費や売上をまかなえない現金化業者は、さらに利用者から手数料を取ることで、利益を得ているのです。

そのため、現金化業者のサイト上には高換金率の記載があっても、実際に利用した場合、そこから手数料を引かれることで実質の換金率が下がってしまうことがあるので覚えておきましょう。

現金化業者がサイトに記載している高い換金率は利用者を集めるため

現金化業者の利用を考えている人は、少しでも多くの現金を手元に残したいと思っているため、換金率の高さを重要視します。

つまり、低い換金率を掲載している現金化業者は、利用者に選ばれる確率が低いのです。

現金化業者の多くは、実店舗を持たずにサイト上で運営しているため、高い換金率を提示しなければ利用者を集めることができません。

そのため、他社の現金化業者に負けないようにサイトに高い換金率を掲載しているのです。

しかし、現金化業者は、自社のサイトで高い換金率を掲載しても利益を度外視しているため、そのままの換金率で商売をすれば、経費や売上などが確保できません。

そのため、現金化業者は、換金率の他に手数料を引くことで利益を確保しているのです。

手数料の内訳は業者によって様々

現金化業者の手数料は、サイト上に記載されていないことが多いため、実際に利用するまで金額が分かりません。

なぜなら、サイト上に手数料を記載すれば、高い換金率を載せていても、利用者に手数料を計算されることで、実質の換金率が分かってしまうので意味がなくなってしまうからです。

つまり、現金化業者の手数料は、問い合わせをするまで知ることができなくなっています。

そのため、現金化業者の手数料は一律ではないので、高換金率だからといって利用すると、後から多額の手数料を引かれてしまい、実質換金率が大きく下がってしまうおそれがあるので注意が必要です。

現金化業者によっての手数料の違い

現金化業者には、買取り方式とキャッシュバック方式の2種類がありますが、それぞれの現金化業者によって差し引かれる手数料が異なります。

買取り方式の現金化業者は消費税を引かれる

買取り方式は、現金化業者が指定した商品を利用者が自身のクレジットカードで購入し、現金化業者が購入することで現金化をする方法です。

手続きのほとんどを利用者が行うため、買取り方式の現金化業者が行うのは、購入商品の指示と、購入した商品を買い取るところだけです。

そのため、買取り方式では現金化業者の手間が少ないため、手数料を取られることはあまりないでしょう。

ただし、アマゾンギフト券で現金化を行う買取り方式の現金化業者の場合、消費税として手数料を取られることがあります。

金券なので消費税はかからないはずなのですが、「買い取りの手続きに対して消費税がかかる」と言うような理屈を言ってきます。

たとえば、換金率80%の買い取り方式の現金化業者を利用した場合、500,000円分の現金化を行った場、400,000円の現金を手に入れられます。

しかし、消費税分の金額を手数料で取られた場合、500,000円に消費税分の40,000円を引かれた360,000円になるため、換金率が72%になります。

そのため、消費税分を手数料で取られた場合、サイトに記載されている換金率より8%下がってしまうため気を付けましょう。

キャッシュバック方式の現金化業者は手数料を多くとられる

キャッシュバック方式とは、現金化業者のサイトで販売されている商品を、利用者がクレジットカードで購入することで、金額に応じたキャッシュバックをうけるかたちで現金化ができる方法です。

キャッシュバック方式の現金化業者は、クレジットカードの決済にも携わっているため、消費税だけでなく、クレジットカードの加盟店手数料などの名目で、多くの手数料を引かれてしまう場合があります。

細かな内訳は明確になっていないため、詳細を知ることができませんが、サイトに記載されている換金率が95%となっていた場合、実際の還元率は65%~73%の業者が主流なので、計算すると手数料は22~30%ぐらい取られてしまいます。

そのため、キャッシュバック方式の現金化業者は、買取り方式の現金化業者と比べて手数料を取られる確率が高いので気を付けましょう。

現金化業者の手数料を安くおさえる方法とは

現金化業者の手数料を安く抑えるには、現金化業者に交渉する方法と、手数料が安い現金化業者を利用する方法があります。

現金化業者を利用した際、手数料と取られることで換金率が大きく下がってしまい、必要な現金を手に入れられないことがあります。

また、手数料の存在を知らずに高換金率の現金化業者を利用すると、いきなり手数料の話がでたときに心の準備ができていないため、高い手数料で契約をしてしまうおそれがあります。

そのため、現金化業者から手数料の話がでたときに落ち着いた対応ができるように準備をしておきましょう。

現金化業者に交渉する方法

現金化業者の手数料は、利用前に交渉することによって減らすことができる可能性があります。

なぜなら、現金化業者は利用者がいなければ売り上げがないため、利用者の確保に必死だからです。

仮に、サイトを見て問い合わせをしてくれた人が、手数料の交渉をしてきた場合、交渉に応じなければ、すぐに他の現金化業者に行ってしまう可能性が高くなります。

インターネットで検索するとたくさんの現金化業者が見つかるため、利用者は現金化業者選びには困らない状況です。

そのため、現金化業者は、手数料の交渉をされた場合、手数料を少し落とすことで、利益が減りますが、離れてしまって売上がゼロになるよりはマシなのです。

そのため、現金化業者は、少しでも売り上げを確保するために、手数料の値下げ交渉に応じてくれるのです。

交渉するには現金化する金額も関係してくる

現金化業者が手数料の値下げ交渉に応じてくれるのは、現金化する金額も関係します。

たとえば、50万円から100万円ほどの高額な現金化をする場合、現金化業者は手数料を多少下げたとしても利益が取れるので交渉に応じやすくなります。

しかし、1万円から数万円ほどの最低利用額に近い金額だと、現金化業者は手数料を下げると利益が少なくなってしまうため、交渉が難しくなります。

つまり、現金化業者と手数料の交渉ができるのは、高額の現金化の場合が多くなります。

そのため、現金化業者と手数料の交渉をするのは、高額の現金化を行う場合にしましょう。

手数料の少ない現金化業者を利用する

優良な現金化業者を利用すれば、サイトに記載されている換金率以上に手数料がかかることはありません。

なぜなら、優良な現金化業者は、一定数の利用者がいるため、サイトに客寄せのための高換金率を載せる必要がないからです。

現金化する金額が低い場合、銀行振り込み手数料などの関係で数百円程度の手数料が引かれることはありますが、実質の換金率が著しくさがるような手数料が引かれることはありません。

高い換金率を掲載して高い手数料を引けば、実質的な換金率が低くなるため、利用者からのクレームが出ることや、利用者が少なくなってしまうので商売を長く続けられません。

本来は、現金化の際にクレジットカードの加盟店手数料や消費税などを利用者に手数料として請求することは、ありえないのです。

そのため、商売を長く続けている優良な現金化業者は、サイトに掲載されている換金率は他社よりも低いことはありますが、手数料が引かれない分、実質の換金率が高くなることを覚えておきましょう。

手数料を必要以上に取られないための注意点

現金化業者によっては、高い手数料を取られてしまい実質的な換金率が大きく下がってしまうこともあります。

そのため、現金化業者を利用する際には、手数料を取られないことが好ましいですが、できるだけ低く抑えるために注意が必要です。

利用前に手数料の金額をきちんと確認する

現金化業者を利用する前には、サイトに提示されている換金率から手数料が差し引かれるのかを確認しましょう。

現金化業者を初めて利用する人は、なんとなく手数料のことが聞きづらいという人もいるかもしれません。

しかし、利用前にしっかりと手数料の金額を確認しないと、あとから予想よりも高額な手数料を取られてしまい、必要な現金を用意できず、大切な支払いができなかったという事態にもなりかねません。

また、手数料を確認しておけば、手数料の安い他の現金化業者を利用するという手段も検討することができます。

そのため、現金化業者を利用する前には必ず手数料の金額を確認するようにしましょう。

キャンペーンにはだまされない

現金化業者によっては、サイトにキャンペーンをうたっているところがあります。

たとえば、初回の利用者限定で換金率を上げるというものです。

しかし、キャンペーンの多くは、初回利用者様限定が多いため、元々の還元率が分らない状態です。

たとえば、申込みして伝えられた実際の換金率が70%だったとすると、キャンペーン適用を依頼してもすでに適用している換金率と言われてしまうのです。

キャンペーン適用で換金率が5%アップとなっていた場合、元の率は65%となりますが、別の時期は65%かと言うと、それは違い70%と変わりはない形です。

そのため、換金率を上げるキャンペーンは、高い換金率で利用者を集めていることと変わりがないため、そのような掲載をしている現金化業者を利用することはやめましょう。

まずは少額から現金化してみる

現金化業者の中には、振り込んだ後から手数料が引かれると言ってくる悪質な業者も存在します。

その場合、いくら事前に確認しても利用してみるまで手数料が判明しないこともあります。

そのため、現金化業者を決めた場合、まずは少額で現金化をすることを心がけましょう。

少額で現金化をしてみることで、悪質な現金化業者で手数料を多く取られる場合であっても、リスクを減らすことができます。

まとめ

現金化業者のサイトの多くは、利用者を集めるために高い換金率を掲載しているため、利用者を集めるための単なる見世物である可能性が高いです。

そのため、現金化業者を選ぶときは、サイトに掲載されている換金率よりもそこから差し引かれる手数料があるかを確認するようにしましょう。

いくら換金率が高い現金化業者を利用しても、差し引かれる手数料が高ければ、実質の換金率が大きく下がってしまいます。

換金率を信じて利用してしまうと、そこから手数料を大きく引かれてしまい、手元に残る金額が少なくなってしまいます。

現金化業者によっては、交渉することで手数料を下げることもできるので、問い合わせの際には一度確認をしてみることで、希望の換金率に近づけることができる可能性があります。

ただし、悪質な現金化業者の場合、現金化が振り込まれるまで安心はできません。

悪質な現金化業者のリスクを減らすためには、少額からの現金化を試すようにしましょう。

また、当サイトでは、独自調査の結果を基に判断した優良な現金化業者を紹介していますので、是非参考にしてください。