クレジットカードの現金化業者は利用する度に替えたほうがいいのか?

クレジットカードの現金化を初めて利用した人の中には、2回目以降の利用を検討している人もいるのではないでしょうか。

しかし、ネットで検索すると、たくさんの現金化業者がでてくるため、1回目と同じ現金化業者を使った方がいいのか、新しい現金化業者を利用したほうがいいのか悩みますよね。

2回目の現金化をするときには、それぞれの特徴を知ることで、効率よく現金化をすることができます。

当記事では、現金化業者を利用する際に、同じ業者をリピートする場合と現金化業者を替える場合のメリットをご紹介します。

業者替えはしたほうがいい?

1回目と同じ現金化業者を利用するメリット

初めて利用した現金化業者を2回目以降も利用してリピーターになることで、メリットを得られることがあります。

なぜなら、現金化を利用する人は、1回だけでなく、2回3回と繰り返し行うことが多いため、現金化業者は、2回目以降も利用したくなるサービスを提供することで、継続して利用してくれるリピーターの獲得を狙っているからです。

登録作業が不要なので時間短縮ができる

同じ現金化業者をリピートして利用した場合、現金化までのスピードが速くなるメリットがあります。

なぜなら、初回の利用時に、すでに利用者の情報が登録されているため、顧客の登録作業や現金化の流れの説明の時間を短縮できるからです。

現金化業者の利用には、運転免許証などの本人確認書類と決済に利用するためのクレジットカード番号の提出が必要になります。

本人確認書類やクレジットカードの情報は、一回利用するごとに確認が必要になりますが、現金化業者によっては、一度登録された情報はデータベースに残っているため、2回目以降の利用ではこの工程が省略できる場合もあります。

つまり、初めて利用した現金化業者を2回目以降も利用することで、本人確認書類やクレジットカードの登録作業が不要になるので、手続きを簡略化することができるのです。

その結果、リピートの際には、登録手続きが無い分早く現金化をすることができるのです。

利用説明の時間が短縮できる

現金化業者をリピートすることで、現金化をする流れなどの利用説明を省くことができます。

現金化業者を利用する際に、意外に時間がかかるのが現金化をする際の説明です。

現金化の作業は、申込者が自分で行わないといけない作業があります。

そのため、手順を間違えると現金化ができないおそれがあるので、説明を省略することができません。

また、説明をしっかり聞いておかないと、現金化の手順が分からなくなってしまい、再度確認のための問い合わせをしなくてはいけなくなるため、余計に時間がかかってしまいます。

しかし、一度現金化業者を利用すれば、現金化までの流れがわかるため、2回目も同じ現金化業者を利用すれば、申込の際に「2回目の利用なので手順はわかります。」と申し出ることで、現金化の説明を省くことができるので、現金化までのスピードが早くなります。

2回目の利用は換金率がアップする可能性がある

現金化業者では、リピーターを獲得するために2回目以降の利用だと換金率が上がる場合があります。

なぜなら、現金化業者からの視点で考えると、リピーターの利用者の方が、すでにデータが登録してあり、現金化の説明も不要なので手間がかからないため、換金率を上げても利益が取れるからです。

さらに、利用者が現金化業者との取引に満足をして、1回目の現金化が無事に終わっていれば、信頼がある現金化業者だと判断されるので、2回目以降は利用金額を多くしてくる可能性もあります。

そのため、現金化業者としても、新規の利用者より、1度取引を行った利用者であれば、効率よく取引ができるのです。

ただし、2回目以降の利用だと換金率が上がるという情報は現金化業者のサイトに記載されていることはほとんどありません。

換金率の決まりがあるわけではないので、2回目以降の利用時に現金化業者と交渉することによって換金率を上げられる可能性があるのです。

初回の利用時から2回以上現金化業者の利用を考えているのであれば、初回の利用時に2回目以降の換金率を聞いてみてもいいかもしれませんね

ただし、悪徳な業者では2回目以降が高くなると伝えて手続きをさせ、2回目以降も同じ率でしか手続きできない場合もあるので気を付ける必要はあります。

現金化の流れが分かっているので安心して利用できる

一度利用したことがある現金化業者は、勝手が分かっているため安心して利用することができます。

初めて現金化業者を利用する際は、現金化までの手順や、本当に現金が振り込まれるのかという不安があり、実際に現金を手にするまで心配だと思います。

しかし、一度、現金化業者を利用してみると、現金化までの作業の流れや、実際に現金が振り込まれることが確認できることが分かれば安心できます。

そのため、同じ現金化業者を利用すれば、現金化までの流れや換金率が大きく変わる可能性が低いため、現金が不足した時には安心して利用することができます。

前回とは違う現金化業者を利用するメリット

クレジットカードの現金化業者によって、現金化の方法や換金率も様々です。

初めて利用した現金化業者の対応があまりよくなかった場合や、現金化の手順が複雑だったなどの理由で不満を感じることもあります。

それなら思い切って2回目は別の現金化業者を利用してみましょう。

ネットで検索すればたくさんの現金化業者が出てくるので、初めて利用した現金化業者よりも使いやすいところが見つかる可能性もあります。

換金率が上がる場合がある

2回目以降の現金化の際には、現金化業者を変えることで、換金率が上がる可能性があります。

なぜなら、現金化業者によって換金率が大きく変わるため、2回目に利用する現金化業者を変えることで、以前に利用した現金化業者よりも、換金率が高くなる可能性があるからです。

現金化業者を初めて利用する場合、現金化が本当にできるのかという不安ばかりが先行してしまい、換金率まで頭が回らない場合が多いと思います。

しかし、一度現金化業者を利用して実際に現金化できることが分かれば、不安がなくなるため2回目以降の現金化では、気持ちの余裕を持って利用することができます。

現金化業者によっては、サイトに換金率を明記してあるところも多いので、それらを比較して条件の良い現金化業者を利用することで、より効率的に現金化をすることができるのです。

自分のライフスタイルにあった現金化の方法が見つかる

現金化業者によっては、現金化の方法も様々です。
そのため、現金化業者を替えることで、自分のライフスタイルにあった現金化業者を見つけることができます。

現金化業者は、買取り方式とキャッシュバック方式にわけられます。

買取り方式とは、利用者がクレジットカードで現金化をするための商品を購入して、現金化業者に買い取ってもらうことで、現金化をする仕組みです。

たとえば、現金化の代表的な商品であるギフト券をクレジットカードで購入して、現金化業者に換金してもらうことで現金化をすることができます。

買取り方式の現金化業者を利用する場合、購入した商品を買い取ってもらう手間があります。

しかし、クレジットカードで購入する商品は、ギフト券など換金性の高いことから、買取ってくれる業者が多いので、利用者は換金率の高い現金化業者を選ぶことができます。

また、現金化業者は、ギフト券を売ってもらえなければ商売ができないので、ライバルに負けないために換金率を上げているため、高換金率で安定しているのが特長です。

一方、キャッシュバック方式は、現金化業者のサイトなどで販売されている商品を購入することで、商品の購入代金の内の何割かの金額をキャッシュバックという形で現金化をするための方法です。

キャッシュバック方式では、現金化業者の指定された商品を購入するだけで現金化ができるので、申込から入金までのスピードが早い傾向があります。

しかし、キャッシュバック方式は、購入する商品が現金化業者の独自のものが多いため、現金化業者ごとの換金率に大きな差があるため、キャッシュバック方式の現金化業者を選ぶ場合には注意が必要です。

このように、現金化業者によって、現金化までの手順に違いがあるため、1回目の現金化で手順がややこしいと思われた方は、現金化業者を選びなおしてみることで、もっと簡単に現金化ができる可能性があります。

2回目以降の現金化で気を付けること

クレジットカードの現金化は、回数を重ねるごとにリスクが高くなることがあります。

ここでは、2回目以降の現金化をする際に気をつけるべきことをご紹介します。

クレジットカードを使い分ける

2回目以降にクレジットカードの現金化業者を利用する場合は、1回目とは違うクレジットカードを利用することをおすすめします。

なぜなら、同じクレジットカードで頻繁に現金化業者を利用していると、クレジットカード会社に現金化を疑われてしまう可能性もあるためです。

クレジットカードの現金化業者を利用する場合、決済は決済代行業者が行うことが多いため、現金化業者を利用したことがわかりにくくなっています。

決済代行業者とは、クレジットカードの国際ブランドの加盟店になっていない店舗の代わりに、決済を行うための業者です。

クレジットカード会社は、決済された店舗名は把握できますが、購入した商品まで把握することが難しいため、決済店名を調べても何を購入したのかを把握することはできないのです。

しかし、同じ店舗名から高額の決済が何度も行われた場合、クレジットカード会社は、クレジットカードの盗難による不正利用、またはクレジットカードの現金化を疑います。

そのため、カード所有者に電話確認をして、カード所有者の利用であることを確認してくる場合があるのです。

クレジットカードの現金化を疑われないためには、複数のクレジットカードを用意しておき、ローテーションで利用することをおすすめします。

クレジットカードを複数枚使って現金化業者を利用すれば、一回の間隔が長くなるため、現金化を疑われにくくなります。

悪質な現金化に気を付ける

現金化業者の中には、提示された換金率と実際の換金率が異なり低かったり、対応が悪く手続きに時間がかかったりする場合があります。

そのため、初めて利用する現金化業者の場合、最初から高額な決済はせず、少額で試してみて、換金率や対応などを確認することをおすすめします。

最初から高額の決済をしてしまうと、換金率が低かった場合や、現金化に時間がかかった場合、必要な金額を用意することができないおそれや、支払い日までに現金化が間に合わない場合があるからです。

返済額を滞納するとブラックリストに載る

クレジットカードの現金化で最も大切なことは、現金化に利用した金額をきちんと返済をすることです。

クレジットカードの現金化は、ショッピング枠を利用して現金に換える行為です。

そのため、クレジットカードの現金化で利用した分は、ショッピング枠の利用残高になるため、クレジットカード会社から請求がきます。

返済方法を分割やリボにすることで返済を遅らせることができますが、いずれは支払わなければいけません。

利用残高が支払えず、返済額を長期で滞納してしまうと、ブラックリストに載ってしまうおそれがあります。

ブラックリストに載ってしまうと5年間から10年間はクレジットカードを新規で発行できなくなってしまいます。

まとめ

クレジットカードの現金化を行っている現金化業者は、ネットで検索するとたくさんでてきます。

その中には、優良な業者もいれば、残念ながら悪質な業者も存在します。

しかし、自分の力で最初から優良な現金化業者を見つけるのは、なかなか難しいのが現状です。

クレジットカードの現金化を行う人は、支払い日が迫っているなどの理由で時間の無い場合が多いと思います。

しかし、焦って選んでしまうと、換金率が低く、必要な資金を集められなかったり、支払い日までに現金が用意できなかったりと、取返しのつかないことになってしまう可能性があります。

そうならないためにも、優良な現金化業者を見つけるには、現金化業者の比較サイトなどを参考にしましょう。

現金化業者選びに悩んだ場合は、当サイトをご利用ください。

当サイトでは、独自の調査を行い、厳選した優良な現金化業者を紹介しています。