現金化業者に個人情報やクレジットカード情報を提出する際に注意することは何か?

card-okane

クレジットカードの現金化業者を初めて利用する方は、本人確認書類などの個人情報や、クレジットカード情報などを伝えることに抵抗があるのではないでしょうか。

クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社の会員規約で禁止になっているため、違法ではありませんが、グレーゾーンであることは確かです。

そのため、クレジットカードの現金化を生業にしている現金化業者に情報が洩れると、不正利用されてしまうのではないかと不安を感じることもあると思います。

残念ながら、悪質な現金化業者を利用してしまったことで、クレジットカード情報を不正利用されてしまう事件も発生しているため、絶対に安全とは言い切れないのが事実です。

クレジットカードを不正利用されてしまうと、ショッピング枠やキャッシング枠を勝手に使われてしまい、現金を手に入れるはずが、知らないうちに数十万円の借金を背負わされていたということにもなりかねません。

また、運転免許証などの本人確認書類は、コピーであったとしても不正利用に使用されないとは限りません。

しかし、現金がどうしても必要な場合は、現金化業者を利用することで、クレジットカードのショッピング枠から現金を手に入れることができるので、金欠のピンチを乗り切ることができます。

ですから、現金化業者に個人情報やクレジットカード情報を提出する際には、正しい知識を持ち優良な現金化業者を見極めることが大切です。

当記事では、現金化業者を利用する際の個人情報やクジレットカード情報の提出時に注意することをご紹介します。

現金化業者を利用する際にはなぜ身分証の提示が必要なのか?

クレジットカードの現金化業者を利用する際は、本人確認書類とクレジットカード情報の提出を必ず求められます。

なぜなら、現金化業者は、現金化に利用するクレジットカードが、現金化業者を利用しようとしている本人のものであることを確認する必要があるからです。

現金化業者を利用する人の中には、盗難したクレジットカードを利用して現金化を行おうとするケースも非常に多いのです。

仮に、現金化業者が利用者の本人確認をしなかった場合、盗難されたクレジットカードであっても、利用することができ現金を手に入れることができてしまいます。

クレジットカードが不正利用された場合は、事件に発展する可能性もあるため、現金化業者も犯罪に巻き込まれるおそれがあるのです。

そのようなトラブルを避けるため、きちんと営業をしている現金化業者は、利用者の本人確認とクレジットカード情報を必ず確認しているのです。

現金化業者に提出する本人確認書類の種類とは?

現金化業者を利用する際に本人確認書類として認められるものは下記の通りです。

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・マイナンバーカード

本人確認書類として認められるものは、基本的に顔写真付きのものになるため、運転免許証やマイナンバーカードであれば問題ありません。

ただし、顔写真が入っていない健康保険証などを提出する場合は、現住所が確認できる公共料金の支払い明細書などを一緒に添付することで、本人確認として認められる場合もあります。

また、現金化業者によっては、本人確認書類とは別に申込時に利用者の顔写真を提出する場合があります。

利用者の顔写真を提出することで、顔つきの本人確認書類が、利用者本人のものであることが分かるので、不正利用の防止につながるからです。
本人確認書類は、FAXや郵送ではなく、携帯やスマートフォンで撮った写真を現金化業者に送ることで確認が完了します。

そのため、写真が不鮮明だったり、画像サイズが小さかった場合にはすぐに撮りなおして再提出できるため、確認までのスピードが早いのが特長です。

現金化業者を利用するには銀行口座が必要になる

現金化業者を利用する際は、利用者名義の銀行口座が必要になります。

なぜなら、インターネットで運営している現金化業者を利用する場合、現金化を行った際のお金は銀行口座に振り込まれるからです。

優良な現金化業者であれば、利用者の名義以外の銀行口座に入金することはありません。

そのため、現金化業者を利用する場合は、利用者本人の名義になっている銀行口座が必要になります。

クレジットカード情報を提出する場合の注意点

現金化業者を利用する際は、クレジットカードの券面画像の提出を求められます。

なぜなら、クレジットカードの不正利用を防止するため、本人確認書類とクレジットカード情報を確認することで、本人の利用であることを確認するためです。

クレジットカードの面画像を提出する場合は一部を隠す

現金化業者にクレジットカードの面画像を提出する場合は、カード番号の一部とセキュリティコードを必ず隠してから提出してください。

なぜなら、クレジットカード番号と、セキュリティコードが分かってしまうとネットショッピングなどで簡単に利用できてしまうからです。

大手ショッピングサイトでは、クレジットカードの不正利用を防止するために、注文した商品の送付先が新しく登録された場合、カード番号を再入力するなどの対策が取られていますが、クレジットカード番号が全てわかってしまえば、問題無く注文できてしまうのです。

きちんとした現金化業者であれば、クレジットカードの面画像を提出する際に、セキュリティコードとカード番号の一部を隠すように指示をしてきます。

現金化業者が利用者のクレジットカード情報を確認する理由は、あくまでクレジットカードが利用者のものであることが分かり、不正利用が無いことを証明するためなので、全てのカード情報は必要ないのです。

しかし、悪質な現金化業者の場合、クレジットカードの表裏の画像を要求してくる場合があります。

初めて現金化業者を利用する人は、勝手が分からないため、現金化業者の指示通りに従ってしまいそうですが、教えてしまうと不正利用される可能性が高いため、クレジットカードの画像は絶対にそのまま提出しないように注意しましょう。

クレジットカード会社の盗難補償を利用できなくなる

現金化業者にクレジットカード情報を提出した結果、不正利用されてしまった場合は、盗難補償を受けられない場合があります。

クレジットカード会社によっては、クレジットカードの紛失や盗難によって不正利用された場合、一定期間さかのぼり、不正利用の被害に遭った金額分を補償してくれるサービスがあります。

しかし、盗難補償を受けるのは条件があるのです。

たとえば、楽天カードの会員規約には、盗難補償について下記の記載があります。

“第17条(カードの紛失・盗難、偽造、再発行)
会員がカードの紛失、盗難等で他人にカードを使用された場合、そのカード使用に起因して生じる一切の支払債務については本規約を適用し、すべて会員が責を負うものとします。但し、会員が紛失、盗難等の事実を速やかに当社に直接電話等により連絡の上、最寄りの警察署に届け、かつ所定の届出書を当社に提出し当社が認めた場合、当社がその連絡を受理した日の60日前以降発生したカード使用による支払債務については、当社は会員に対し、その支払を免除します。この場合、会員は、当該支払債務の免除を請求する際、カードの紛失、盗難等で他人によるカードの使用を知った日から30日以内に当社が支払債務の免除に必要と認める書類を当社に提出するとともに、被害状況等の調査に協力するものとします。”

つまり、不正利用が発覚した場合、すぐにクレジットカード会社と警察に連絡をして、盗難補償を受けるための手続きをすれば被害金額をクレジットカード会社が補償してくれるのです。

しかし、盗難補償が適用されないケースとして下記の記載があります。

“紛失、盗難等が会員の故意又は重大な過失によって生じた場合。”

現金化業者にクレジットカード情報を提供してしまうことは、会員の故意や過失に当たる可能性があるため、クレジットカード会社に連絡をしても盗難補償を認められない可能性が高いのです。

また、不正利用されたことをクレジットカード会社や警察に連絡すれば、利用履歴を調べられます。

そのため、現金化業者を利用したことが判明すれば、盗難補償を受けられないばかりか、現金化を行ったことがバレてしまい、強制退会などのペナルティを受ける可能性もあるのです。

このように現金化業者にクレジットカード情報を提供したことにより、不正利用されてしまうと、盗難補償が使えない可能性があるので、大きなリスクを負ってしまうことになるのです。

本人確認書類を提出するときの注意点

現金化業者を利用する際は、運転免許証や保険証などの本人確認書類の提出することは避けては通れない道です。

しかし、運転免許証を提出したといっても写しだから不正利用はされにくいだろうと思ったら大問題です。

たしかに、何かの契約時に本人確認書類として運転免許証を提出する場合は、実物でなければいけない場合が多いです。

しかし、最近ではインターネット上で契約できるクレジットカードなどもあるため、運転免許証などの本人確認書類の情報があれば、第3者が勝手に契約をできてしまうおそれがあるのです。

たとえば、運転免許証には、氏名、生年月日、現住所などの記載があるため、インターネット上で契約できるクレジットカードであれば契約することもできてしまいます。

本人確認書類の提出はクレジットカードのように一部を隠すことはできません。

そのため、トラブルを防ぐには、信頼できる現金化業者を利用するしかないのです。

本人確認をしない現金化業者には要注意

現金化業者に個人情報を提出することで不正利用に使われるのが怖いからといって、本人確認が無い現金化業者を利用することはやめましょう。

現金化業者の中には、本人確認無しで現金化ができるとうたっているところもあるようですが、そのような現金化業者を利用すると思わぬトラブルに巻き込まれるおそれがあるからです。

現金化業者が本人確認をするのは、クレジットカードの不正利用によってトラブルに巻き込まれるのを防止し、信用できる利用者と取引を行うためです。

つまり、本人確認を行わない現金化業者は、盗難されたクレジットカードであっても現金化してしまい、トラブルに巻き込まれそうならすぐに行方をくらます場合があるからです。

そのような現金化業者は、サイトに高換金率を記載しておいて、実際に利用すると換金率が大幅に下がる場合があり、取引を中止するとキャンセル料が発生するなど、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。

また、提出した個人情報を悪用して、クレジットカードなどを勝手に契約する場合や、個人情報を買取る業者に売るなどして、悪用される可能性も高くなります。

本人の知らないうちにクレジットカードが発行されてしまい、利用料金が滞納されれば、ブラックリストに載ってしまい、新規のクレジットカード発行やローンの契約ができなくなってしまうおそれもあります。

一方で、優良な現金化業者は、長く商売を続けることを前提としているため、一時の利益ではなく長期的に安定した収益を得るために、利用時には必ず本人確認を行い信頼のできる利用者と取引を行っています。

現金化業者に個人情報を教えるのが怖いなどの理由で、本人確認の無い現金化業者を選んでしまうと、大きな被害が出てしまうおそれがあるので気を付けましょう。

まとめ

現金化業者を利用する際には、思ったよりも多くの個人情報を提出しなければいけないことに驚くかもしれません。

現金化業者も利用者同様、トラブルや犯罪に巻き込まれたくないため、利用者をきちんと把握するためにこのような対策をしているのです。

そのため、個人情報の提出は、現金化業者が信用のある利用者と取引をするために必要な手続きなのです。

ただし、中には利用者の個人情報やクレジットカード情報を悪用して不正利用する悪質な現金化業者が存在するのも事実です。

そのような現金業者を利用して思わぬ被害を受けないためにも、優良な現金化業者を利用するようにしましょう。

当サイトでは、独自の調査を行い、本当に優良な現金化業者を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。