ゲーム機がクレジットカード現金化に向かない理由とは?

クレジットカードの現金化を検討している人の中には、ゲーム機を利用して現金化をしようとしている人もいるのではないでしょうか。

インターネットでゲーム機の現金化について調べると、金券に比べてクレジットカード会社にバレにくい。安全に現金化できる。と言った情報がでてきます。

そのため、ゲーム機を利用して現金化を行う方法は安全だと感じる人も多いと思います。

しかし、ゲーム機はクレジットカードの現金化に利用するのはおすすめできません。

なぜなら、ゲーム機を利用した現金化は、手間と時間がかかる割に、リスクも高いからです。

今回は、ゲーム機がクレジットカードの現金化に向かない理由を解説します。

ゲーム機を利用したクレジットカードの現金化とは?

ゲーム機を利用したクレジットカードの現金化とは、クレジットカードで購入したゲーム機を、買い取りショップで売却することで現金化を行う方法です。

クレジットカードの現金化では、ギフトカードや新幹線の回数券などが主流でした。

しかし、換金性が高く、現金化に利用されやすいため、購入の際にはクレジットカードの監視が厳しくなりました。

そこで、クレジットカードの現金化をする商品として、ゲーム機にスポットライトが当たりました。

ゲーム機であれば、金券よりもクレジットカード会社にバレにくいという理由から徐々に人気がでてきたのです。

ゲーム機は、家電量販店やゲームショップなど、身近な店舗で購入することができます。

また、ゲーム機を取り扱っている店舗のほとんどはクレジットカード決済に対応しています。

さらに、購入したゲーム機は、買取り業者に持ち込むことで簡単に現金に交換することができます。

そのため、ゲーム機は、クレジットカードの現金化がしやすい商品として人気が高くなってきたのです。

ゲーム機を換金するには買取りショップに持ち込む

発売したばかりの新作ゲーム機は、品薄状態になることがあり、需要が高まることから買取りショップでの換金率が高くなります。

大手ゲーム買い取り店での買い取り価格は、2019年5月時点で下記のようになっています。

Nintendo Switch:希望小売価格29,980円(税別)→買取り価格21,000円
PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 2TB:希望小売価格44,980円(税別)→買取り価格27,000円

換金率が高くなるゲーム機は、PS4やNintendo Switchなど、発売したばかりか、人気ソフトの発売が多い機種になっています。

つまり、発売してから時間の経っているゲーム機や、人気ソフトの無いゲーム機は、買取り価格が低くなってしまうことが多いので、現金化には向きません。

ゲーム買い取り店は、店舗での買取りだけでなく、商品を送ることで査定や買取りをしてくれる店舗も多くなっています。

そのため、ゲーム機を店舗に持ち込まなくても換金することができます。

オークションサイトやフリマアプリなら高換金率を狙える

発売してから2週間以内のゲーム機なら、オークションかフリマアプリに出すと定価以上の価格で売れることがあります。

なぜなら、発売したばかりのゲーム機は、家電量販店に並ばないと購入できなかったり、入荷待ちだったりするなどの理由で入手が困難になっているからです。

新作のゲーム機を発売日や発売直後に手に入れるなら、入荷する店舗に朝から並んで購入するなどの手間がかかってしまいます。

そのような手間を嫌がる人は、オークションやフリマアプリで高くても確実に入手できる方法で購入するのです。

さらに、発売したてのゲーム機であれば定価以上で売れることもあるため、換金率は100%を越えることもありえるので、高換金率で現金化できる可能性があります。

なぜゲーム機はクレジットカードの現金化に向かないのか

クレジットカードの現金化にゲーム機が向かないのは、下記の理由があります。

・ライバルが多い
・価格がすぐに落ちる
・クレジットカード会社に現金化を疑われる
・高額の現金化ができない
・現金化のタイミングが難しい
・新品未開封のゲーム機は買取りを断られる可能性がある

ライバルが多い

人気のゲーム機の購入は、転売を目的としている人もライバルになります。

なぜなら、人気のゲーム機は供給が不足しているため、定価以上で売ることで利益がでるからです。

しかも、新作のゲーム機は、転売をする人にとって高い利益を出せる数少ないチャンスになっています。

そのため、販売店に人が押し寄せる結果、販売店では長い行列ができることや、抽選になってしまうことがあるため、ゲーム機が購入できない場合もあります。

そのため、ゲーム機を現金化目的で購入する場合、手間や時間がかかってしまいますが、確実に購入できるとは限らないため、とても効率が悪いのです。

価格がすぐに落ちる

ゲーム機は、発売してから約2週間で買取り価格が落ちてくると言われています。

なぜなら、市場にゲーム機が流通し始めると、中古で購入する人が少なくなるからです。
ゲーム機のメーカーは、順次生産を続けているため、供給が不足するのが発売から数週間の間で、その後は供給が落ち着くことで、どこの店頭でも購入できるようになります。

発売直後は、なんとかゲーム機を手に入れてすぐに遊びたいという人がいるので、買取りショップも高値で買取ります。

しかし、供給が安定してくると、中古で購入する人は、ゲーム機を安く買いたいと思っている人が多いため、買取り価格が下がってしまうのです。

そのため、ゲーム機の供給が追い付きどこでも買えるようになると買取り価格が一気に下がってしまうため、現金化の効率が下がってしまうのです。

クレジットカード会社に現金化を疑われる

ゲーム機をクレジットカードで大量購入すると、現金化を疑われるおそれがあります。

クレジットカードの現金化は、ギフトカードや新幹線の回数券などが人気の商品でした。

しかし、クレジットカード会社の監視が強くなってきたため、ゲーム機を利用して現金化を行う人が増えてきました。

その結果、クレジットカード会社は、ゲーム機の購入も監視を厳しくし始めてきたのです。

クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社の会員規約で禁止にされています。

そのため、クレジットカードの現金化を行ったことがバレると、カードの利用停止や強制退会などのペナルティを課せられてしまうおそれがあります。

もちろん、ゲーム機自体はクレジットカードで購入することができるので、通常であればカード会社に疑われることはありません。

しかし、クレジットカードの毎月の返済が遅延していたり、キャッシング枠を限度額まで利用していたりすると、現金が無くて困っている人と判断されてしまい、ゲーム機を購入すると、現金化を疑われてしまうのです。

そのため、利用状況が悪い人は、ゲーム機をクレジットカードで購入すると、決済が保留されクレジットカード会社から購入目的を確認される場合もあるので、気を付けましょう。

高額の現金化ができない

ゲーム機を利用したクレジットカードの現金化は、高額の現金化が難しくなっています。

なぜなら、換金率の高い人気のゲーム機は、供給が少ないため一度に大量の購入ができないからです。

新作のゲーム機は、市場の供給も少ないため、販売店でも入荷台数が決まっています。

そのため、購入時には一人で購入できる台数が制限されている場合がほとんどです。

ゲーム機1台の単価を考えると高くても5万円ほどの現金化と考えたほうがよいでしょう。

複数件の店舗を回れば、数量を確保できるかもしれませんが、手間と時間がかかってしまうため、あまり現実的ではありません。

新品未開封のゲーム機は買取りを断られる可能性がある

新品未開封のゲーム機は、ショップに買い取りを断られるケースがあります。

なぜなら、買取りショップは新品未開封のゲーム機を買取ると法律違反になる可能性があるからです。

中古品を取り扱う古物商を規制している古物営業法には、下記の記載があります。

第十五条 第3項 古物商は、古物を買い受け、若しくは交換し、又は売却若しくは交換の委託を受けようとする場合において、当該古物について不正品の疑いがあると認めるときは、直ちに、警察官にその旨を申告しなければならない。

つまり、新品未開封のゲーム機は、盗品や偽物など不正品の疑いがあるため、買い取ることができないのです。

そのため、新品未開封のゲーム機を買取りショップに持って行くと、買い取りを断られるばかりか、警察を呼ばれてしまう危険もあるのでやめましょう。

ゲーム機以外で現金化をするなら現金化業者がおすすめ

クレジットカードの現金化を安全に行うには、現金化業者を利用するのがおすすめです。
現金化業者とは、クレジットカードのショッピング枠を現金に換えるための専門業者です。

店舗は構えず、インターネット上で運営しているため、スマホやパソコンがあれば、どこでも利用することができます。

そのため、新作ゲーム機を購入するために、販売店に並ぶことや、買取りショップに行く手間がありません。

クレジットカードで購入したゲーム機を買い取りショップに売却して現金を手に入れる方法は、手間と時間がかかるため、効率が非常に悪くなってしまいます。

さらに、クレジットカード会社に現金化を怪しまれてしまうおそれがあるため、安全とも言えません。

しかし、現金化業者であれば、そのようなリスクを冒さなくても安全に現金化を行うことができるのです。

高額の現金化が安全にできる

ゲーム機を使った現金化では、購入できる台数に制限があったため、1日で現金化できる金額が5~10万円程でした。

しかし、現金化業者を利用すれば、ショッピング枠内の金額であれば、高額であってもすぐに現金を手に入れることができます。

そのため、数十万単位の現金化が必要な場合、現金化業者を利用すれば、高額な現金化も安全に行うことができます。

現金を手に入れるまでのスピードが早い

ゲーム機を使って現金化する場合、店舗でゲーム機を購入し、買取りショップに持って行って現金に換えるため、クレジットカード決済をしてから現金を手に入れるまで時間がかかりました。

しかし、現金化業者を利用した場合、早ければ30分以内に現金を手に入れることができます。

なぜなら、クレジットカードの現金化には審査がないからです。

現金化業者を利用するには、クレジットカードの決済ができれば、すぐに指定の銀行口座に現金が入金されます。

さらに、現金化業者では、現金化をする手順を丁寧にサポートしてくれるので、つまずくことがありません。

ゲーム機のように、自分でゲーム機の購入先を探して、高く買い取ってくれるショップを探す手間もないのです。

現金化業者を利用するときの注意

現金化業者を利用する際には、注意しなければいけないことがあります。

それは、悪質な現金化業者を利用することでトラブルに巻き込まれることです。

インターネットで現金化業者を検索するとたくさんの業者がヒットします。

その中には、利用者の現金を奪おうとしている悪質な現金化業者が潜んでいます。

悪質な現金化業者を利用してしまうと、サイトに提示している換金率よりも実際の換金率が低かったり、クレジットカードの決済をしたら連絡が取れなくなってしまったりして、必要な現金が手に入れられないおそれがあります。

クレジットカードの現金化は、法律の規制がありません。そのため、現金化業者は運営サイトがあればすぐに商売を始めることができてしまいます。

つまり、優良な現金化業者も悪質な現金化業者も混ざっている状態になっているのです。

そのため、現金化業者を利用する際には、悪質な現金化業者を利用しないことが重要になります。

まとめ

新作のゲーム機をクレジットカードで購入して買取りショップで売却して現金を手に入れるというのは、手間と時間がかかります。

また、新作ゲーム機は、ゲームのユーザーだけでなく、利益を目的とした転売屋などがライバルになります。

そのため、現金化するのにライバルに勝たなければいけないのです。

新作ゲームでなくても現金化を行うことはできますが、供給が間に合っているゲーム機では換金率が下がってしまうため、ゲーム機を使ったクレジットカードの現金化はあまり現実的ではありません。

手間や時間の無駄をなくして安全にクレジットカードの現金化を行うなら、現金化業者を利用しましょう。

当サイトでは独自の調査の基、厳選した優良な現金化業者を紹介していますので、是非参考にしてみてください。