外国人でもクレジットカードの現金化をすることはできるのか?

留学や研修などで日本に住んでいる外国人の中には、毎月の生活費が足りなくて現金を借りることを検討している人もいるのではないでしょうか。

しかし、外国人の場合、永住権がなければ、銀行や消費者金融から返済能力が無いと判断されてしまうので、お金を借りるのが難しいのが現状です。

そんな場合におすすめなのが、クレジットカードの現金化です。

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を借りるための方法です。

クレジットカードはあるが、キャッシング枠が付帯されていない人や、キャッシング利用枠を使い切っている場合に現金が必要な時に利用することができます。

当記事では、外国人がクレジトカードの現金化をする方法と注意点をご紹介します。

外国人でも現金化?

外国人でもクレジットカードの現金化を利用することができる

海外赴任の外国人だけでなく、留学生や研修生など日本に住む外国人の方であればクレジットカードの現金化をすることは可能です。

なぜなら、日本国籍を持っていなければクレジットカードの現金化をすることができないという法律や規制はどこにもないからです。

また、現金化をするための現金化業者や、金券ショップもそのような表記はありません。
(業者の中には外国人の利用を受けていない業者も存在しています)

そのため、日本国籍を持たない外国人であってもクレジットカードの現金化を利用してお金を借りることができるのです。

外国人がクレジットカード現金化を利用するメリット

外国人がお金を借りる場合、銀行や消費者金融ではなく、クレジットカード現金化を利用することでどのようなメリットがあるのでしょうか。

審査が不要

外国人がクレジットカード現金化を利用する場合、銀行や消費者金融などからお金を借りる場合とは異なり、借入のための審査がありません。

なぜなら、クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用して購入した商品を、売却して現金を手に入れる方法になるので、借入には該当しないからです。

銀行や消費者金融のカードローンを契約する場合、新規の借入になるため、審査を通貨しなければお金をかりることができません。

しかし、外国人の方は、日本にいれる在留期間が決まっているため、返済途中で本国に帰国することがあると、貸し倒れになってしまうリスクがあることから、日本人と比べ銀行や消費者金融から借入を行う際の審査に通り辛くなっているのです。

クレジットカード現金化であれば、ショッピング枠で購入した商品を現金に換えるだけなので、審査が不要のため現金を借りやすいのです。

予想外の出費で生活費がピンチになったとき、ローンの審査に通りにくい外国人にとって、審査不要で現金を借りることができるクレジットカード現金化は力強い味方になってくれるでしょう。

即日融資を受けられる

クレジットカード現金化を利用すると、即日融資を受けることが可能です。

銀行や消費者金融のカードローンでは、審査に時間がかかったり、結果審査に落ちたりする場合があり、いつお金を借りられるのか予想が立てにくくなっています。

しかし、クレジットカードの現金化の場合、クレジットカードのショッピング利用枠があれば、かなりの確率でお金を手にすることができます。

さらに、専門の現金化業者を利用することで、早ければ申込から30分以内に指定された銀行口座に入金されることもできてしまうのです。

クレジットカード現金化の申し込みから入金までのスピードが早いのは、申込者の確認内容が少ないからです。

クレジットカード現金化では、ショッピング利用枠の残高しか見られないため、ローンの審査のように、本人の収入や勤務先などの確認が一切ないので入金が早いのです。

クレジットカード現金化を利用すれば、母国の家族が急にお金が必要になった場合や、明日までの支払いを忘れていた場合でも、現金をすぐに用意することができるのです。

外国人がクレジットカード現金化を利用するために必要なもの

では、外国人がクレジットカード現金化を利用するには何が必要になるのでしょうか。

外国人がクレジットカード現金化を利用するために必要なものは下記のとおりです。

・クレジットカード
・本人確認書類
・銀行口座

外国人がクレジットカード現金化をするために揃えるものは、どれも入手が難しいものはありません。

そのため、これからクレジットカード現金化の準備をする人でも問題なく現金化をすることができます。

クレジットカード

クレジットカード現金化を行うには、クレジットカードは必ず必要です。

国際ブランドがついたクレジットカードであれば、特に指定はありません。

国際ブランドとは、世界中の加盟店で信用取引ができるクレジットカードブランドです。

代表的な国際ブランドは「VISA、Mastercard、JCB、American Express(アメリカンエキスプレス)、Diners Club(ダイナースクラブ)」になり、5大国際ブランドと呼ばれています。

国内で発行されるクレジットカードでは、いずれかの国際ブランドがついているため、現金化をすることが可能です。

外国人でも作りやすいクレジットカードでおすすめなのが「楽天カード」です。

楽天カードであれば、外国人でも申込条件を満たすことができるので、審査に通過すれば、カードを発行することができます。

楽天カードでは、国際ブランドをVISA、Mastercard、JCBから選ぶことができますが、クレジットカード現金化を利用する場合は、VISAを選んでおきましょう。

本人確認書類

クレジットカード現金化には、本人確認書類が必要です。

クジレットカード現金化時に必要な本人確認書類は下記の通りです。

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・在留カード

日本に住む外国人であれば、パスポートか在留カードは全員が持っていると思いますので、本人確認書類を新しく用意する必要はありません。

この後で詳しく説明しますが、クレジットカード現金化では、クレジットカードのショッピング枠で購入した商品を業者に買い取ってもらうことで現金に換えることができます。

本人確認書類は、商品を買取ってもらうときに利用する業者に提出が必要になります。

銀行口座

クレジットカード現金化を利用する場合、換金した現金の入金先として本人名義の銀行口座が必要になります。

しかし、クレジットカードを作る際には、銀行口座が必要になるため、クレジットカードの引き落としに利用している銀行口座があれば、現金化をすることができます。

外国人がクレジットカードの現金化をする方法

ここからは、実際に外国人がクレジットカード現金化をするための方法をご紹介します。

現金化業者を利用して現金化をする

外国人がクレジットカード現金化をするなら現金化業者の利用がおすすめです。

なぜなら、現金化業者を利用すれば、現金化するまでの流れを丁寧に説明してくれるので、現金化に失敗する可能性が低くなるからです。

クレジットカード現金化は、世界中で利用されていますが、国によって方法は異なります。

そのため、日本で海外と同じ方法で現金化を行ってしまうと、クレジットカード会社に現金化がバレてしまい、利用停止や、最悪の場合強制退会などのペナルティを課せられる可能性があります。

ですが、クレジットカード現金化の専門業者であれば、クレジットカード会社に現金化がバレにくいノウハウを持っているため、そのようなリスクを減らすことができるのです。

ただし、現金化業者の中には外国人の現金化は受け付けていない業者もあるため利用可能な現金化業者を探し出す必要性はあります。

アマゾンギフト券を使って現金化をする

外国人が個人でクレジットカードの現金化をするならアマゾンギフト券がおすすめです。

なぜなら、アマゾンギフト券は、クレジットカードでしか購入できないため、クレジットカード会社に現金化がバレにくいからです。

現金化に良く利用されるギフト券としてJCBが発行しているJCBギフトカードや、三井住友カードが発行しているVISA系のVJAギフトカードがありますが、これらはクレジットカードだけでなく現金でも購入することができます。

そのため、これらの商品券をクレジットカードで購入すると、現金でも購入できるのに、なぜクレジットカードで決済したのか?と疑問を持たれる可能性があるのです。

しかし、アマゾンギフト券であれば、クレジットカードでしか購入することができないので、クレジットカード会社も支払方法に疑問を持つことはありません。

アマゾンギフト券を現金化するときにおすすめなのがEメールタイプです。

Eメールタイプを購入すると、金額が登録されたギフトコードのみが届くので、オンラインで現金化ができるため、現金化までのスピードが早いのです。

外国人がクレジットカードの現金化をするときの注意点

日本に住んでいる外国人が、クレジットカード現金化を利用する場合に気を付けることはなんでしょうか。

日本語能力がないとクレジットカードの現金化は難しい

クレジットカードの現金化をするには、手続きが全て日本語で行われるため、ある程度の日本語能力がないと現金化をすることが難しくなります。

たとえば、現金化業者を利用する場合、現金化をするための説明は、電話で日本語のやりとりになります。

その時に、現金化業者とのやりとりができないと、現金化の手順がわからず、現金化をすることができなくなります。

また、契約に関することや換金率などの説明が聞きとれなければ、後々トラブルに発展しかねないため、現金化業者に利用を断られるおそれもあります。

そのため、外国人の方がクレジットカード現金化を利用する際には、ある程度の日本語が理解できるスキルを身に付けておきましょう。

海外で発行されたクレジットカードだと決済できない場合がある

日本に住んでいる外国人の中には、母国で発行したクレジットカードを持っている方もいらっしゃると思います。

クレジットカードが発行されたのが日本以外であっても、国際ブランドが対応していれば現金化をすることができます。

しかし、クレジットカード会社は、会員のクレジットカード履歴を常に監視しているため、海外で高額の決済があった場合は、不正利用の可能性があるとして、決済を保留され、利用停止になってしまう場合があります。

その場合は、クレジットカード会社のサポートデスクに連絡をして、決済はカード所有者の意思によるものということを伝えれば、決済が再開される可能性があります。

クレジットカード会社に疑われないようにする
一度に高額な決済をしない

クレジットカード現金化を利用するために、一度に高額な決済をすると、クレジットカード会社に決済を止められてしまう可能性があります。

決済を止められてしまう理由は、盗難されたクレジットカードが不正利用されたのではないかというクレジットカード会社の判断によるものです。

この場合は、クレジットカード会社のサポートデスクに連絡をすれば、決済ができるようになる可能性が高いです。

しかし、クレジットカードの利用残高の返済を滞納していた場合や、過去にギフト券や新幹線の回数券など、現金化されやすい商品を購入していた場合は、現金化を疑われる可能性があります。

クレジットカード現金化は、クレジットカード会社の会員規約で禁止されてしまうため、現金化を行ったことがバレると、利用停止や強制退会などのペナルティが課せられてしまいます。

そうならないためにも、クレジットカード現金化をする際には、一度に高額な決済を行わないことが大切です。

電話連絡の際の言い訳を考えておく

クレジットカードで現金化を行った場合、不正利用や現金化を疑われると、クレジットカード会社から電話がかかってくることがあります。

そのときに聞かれるのは、決済が本人の意思であることと、場合によっては購入した商品と、その商品を購入する理由を聞かれます。

その時に、現金化をにおわせるような理由を答えてしまうと、決済ができないばかりか、ペナルティを課せられてしまう場合があります。

そうならないためにも、聞かれたときの返答を考えておき、質問を受けた際にはスムーズに答えられるようにしておきましょう。

まとめ

クレジットカード現金化は、外国人でも審査なしで利用できるため、お金に困ったときにとても役に立ちます。

ただし、クレジットカード現金化業者の多くは外国人の利用を断っている業者も少なくありませんので、あらかじめ利用可能な業者を探しておく必要があります。

また、利用可能な業者を利用した際でも、現金化を行う際には、契約書や手順の説明が全て日本語で行われるため、日本語の能力が高くないと現金化をすることが難しくなります。

それさえクリアできれば、毎月の生活費や母国にいる家族へのお金が足りなくなった時でも、急ぎで現金を用意することができます。