個人事業主の資金調達はクレジットカードの現金化が早くて簡単

個人事業主として独立したけれど、思ったように収益が上がらず、事業の運営や生活のための資金が不足してしまい、融資を受けることを検討している人も多いのはないでしょうか?

事業資金に困った場合、融資先としてまっさきに思い付くのが銀行や消費者金融ですよね。

しかし、個人事業主になりたてでは、信用がないため、銀行や消費者金融の審査が通りづらく、資金調達が難しくなります。

そんなときにおすすめなのが、クレジットカードの現金化です。

クレジットカードの現金化は、クレジットカードに付帯しているショッピング枠を利用してお金を借りることができるので、個人事業主でも安心して資金調達をすることができます。

当記事では、個人事業主の方がクレジットカードの現金化で資金調達をするための方法をご紹介します。

資金繰り

個人事業主がクレジットカードの現金化をする方法

個人事業主がクレジットカードの現金化をする場合は、「現金化業者」を利用するのがおすすめです。

なぜなら、現金化業者に依頼することで、商品の仕入れや取引先への支払いに必要な高額な資金を安全に現金化することができるからです。

現金化業者とは、クレジットカードのショッピング枠を現金に交換するための専門の業者です。

クレジットカードで現金化業者の指定する商品を購入すると、現金化業者がその商品を買取ってくれて、代金が指定口座に振り込まれます。

現金化業者を利用すると安全な理由は、決済代行業者を通してクレジットカードの決済を行っているからです。

決済代行業者とは、クレジットカード会社と提携してない店舗の代わりに、消費者からのクレジットカード決済を受け付けて、店舗に支払う業務を行っている会社のことです。

つまり、現金化業者を利用すると、決済代行業者がクレジットカードの決済をするため、クレジットカード会社に現金化業者を利用したことがわからないのです。

クレジットカードの現金化は、違法ではありませんが、クレジットカード会社の会員規約で禁止されています。

そのため、安全な方法で現金化をしないと、クレジットカードの利用停止や強制退会になるおそれがあります。

個人でクレジットカードの現金化を行うとバレやすい

クレジットカードで換金しやすいギフト券や新幹線の回数券などを購入して、金券ショップに売却すれば、個人でも現金化を行うことができます。

しかし、個人で現金化を行う場合、決済金額が高額になってしまうとクレジットカード会社に現金化をしたことがバレやすくなってしまいます。

なぜなら、クレジットカード会社は、会員の利用履歴を自動プログラムで24時間監視をしているため、現金化を疑われるような履歴があれば、すぐにプログラムに見つかってしまうのです。

とくに、現金化に利用されやすいギフト券や新幹線の回数券は、クレジットカード会社の監視が厳しくなっているため、現金化がバレやすいので注意が必要です。

個人事業主がクレジットカード現金化を利用するメリット

個人事業主になったばかりだと、収入が不安定で信用がないため、金融機関が融資をしてくれません。

そのため、個人事業主の方がクレジットカードの現金化を利用することで、事業をスムーズに運営するためメリットがあるのです。

審査が不要

クレジットカードの現金化は、ローンではないため借入の審査がありません。

そのため、収入が不安定な個人事業主の方でも、必要なときにすぐに現金を手にいれることができるのです。

取引先への支払いが迫っている個人事業主の方は、一刻も早く現金を手に入れたいと思っているはずです。

しかし、銀行や消費者金融から融資を受ける場合、審査に通過しなければいけません。

もし、審査を通過できなければ、融資を受けられず、取引先への支払いが滞ることで信用を無くしてしまい、取引が無くなってしまうことも考えられます。

そのような最悪の状態を回避するためにも、審査が無く確実に現金を手に入れられるクレジットカードの現金化は、個人事業主の方にとって強い味方になるのです。

現金を手に入れるまでの時間が早い

クレジットカードの現金化は、即日で現金を手に入れることができるので、急な出費があっても安心です。

クレジットカードの現金化をする場合、現金化業者を利用すれば、ショッピング利用枠を決済後、すぐに現金を手に入れることができます。

業者にもよりますが、クレジットカード決済後、早ければ30分以内には指定された銀行口座への振込みが完了します。

ビジネスにおいて、当月の売上金が入金されるまでには、2~3か月の期間が開くこともザラにあります。

個人事業主になりたての頃は、最初の売り上げが入ってくるまでの期間に、仕入れ先への支払いや生活費などの支出があり、資金が不足する場合もあります。

また、予想外のトラブルなどで出費がでることも想定されるので、すぐに現金が手に入るクレジットカードの現金化は個人事業主にとって適した方法になります。

手間が少ない

クレジットカードの現金化なら、スマホやパソコンとクレジットカードがあれば自宅にいながら現金を借りることができます。

現金化業者の中にはネットで営業をしているところもあります。

そういった現金化業者を利用することで、家にいながらでも現金化を行うことができるのです。

そのため、現金化業者を利用してクレジットカードの現金化を行うことで、毎日忙しくて、現金化を行うための商品を買うための時間や、金券ショップに行くための時間が無いという個人事業主の方でも簡単に現金を手に入れることができます。

リボ払いなら返済を遅らせられる

クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用しただけなので、翌月にはクレジットカードから使った分の請求がきます。

資金繰りが厳しく、返済金額を一括で支払えない場合は、リボ払いにすることで返済を先延ばしにすることができます。

リボ払いとは、クレジットカードの利用残高を毎月一定金額で返済するための支払い方法です。

そのため、一度で高額の現金化を行った場合でもクレジットカードにもよりますが、毎月10,000円ずつの返済をすることも可能です。

ただし、リボ払いは返済時に支払う手数料が高いので、返済が長期化すると高額の利息を支払うことになります。

そのため、資金が用意できるまで期間など、返済計画をきちんと立ててから利用するようにしましょう。

法人化カードなら高額の現金化もできる

法人カードを利用すると、通常のクレジットカードよりも高額な現金化を行うことができます。

法人カードとは、個人事業主や、企業などに発行されるクレジットカードです。

個人事業主の場合でも、ビジネスのお金の出入りをしっかり分けるために、専用のクレジットカードを用意している人もいると思います。

法人カードでは、事業資金などの決済に利用できるように通常のクレジットカードよりも利用金額が高額に設定されています。

また、事業資金などの高額の決済が想定されているため、クレジットカードの現金化が高額でもバレにくくなっているのです。

ただし、個人事業主が法人カードの審査に通過するには、開業してからの年数と業績が必要になります。

そのため、開業したばかりの個人事業主では法人カードの審査に通過しにくい可能性があります

個人事業主がクレジットカードの現金化を行う場合の注意点

クレジットカードの現金化を行う場合、注意しなければいけないことがあります。

では、個人事業主がクレジットカードの現金化を行う場合は、どのようなところに気を付けたらよいのでしょうか?

換金率の低い現金化業者に注意する

クレジットカードの現金化を行う業者をネットで検索すると、かなりの数がヒットします。
なかには、サイトで提示している換金率と、実際の換金率が異なり、とても低い換金率で強制的に交換される悪質な業者も存在します。

事業資金が足りない中で、やっとの思いで現金化をしたのに必要な金額を用意することができないとなると大変です。

また、個人事業主の場合は、事業資金や生活費などで高額な現金化をする場合が多いため、換金率が少し違うだけでも、現金化できる金額が大きく変わってしまいます。

そのため、現金化業者を選ぶ際には、優良な現金化業者を選ぶようにしましょう。

当サイトでは優良な現金化業者を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードを事前に作っておく

現在は会社員で今後個人事業主になることを考えていられる方は、会社を辞める前にクレジットカードを数枚作っておいてください。

なぜなら、個人事業主になると信頼が無くなってしまうので、クレジットカードの審査に通らなくなってしまうからです。

クレジットカードの審査には、安定した収入を得ていることが条件になっている場合が多いので、個人事業主になりたての収入が安定しない時期はクレジットカードが作れなくなってしまいます。

クレジットカードが無ければ資金が苦しくなっても、クレジットカードの現金化を行うことができないので、退職する前には、必ずクレジットカードを作っておくようにしましょう。

クレジットカード会社バレに注意する

現金化業者を利用したとしても、クレジットカード会社に現金化がバレない可能性は0%ではありません。

もし、クレジットカード会社に現金化がバレてしまった場合、会員規約違反になりクレジットカードの利用停止や、強制退会のペナルティを課せられるおそれがあります。

利用停止になると、クレジットカードで決済ができなくなるため、自動引き落としにしていた支払いも現金で支払うことになるため、負担が増えてしまいます。

また、強制退会になれば、クレジットカードの利用残高の分割支払いができなくなるため、翌月に一括で支払わなくてはいけません。

クレジットカードの現金化が常習化になり、定期的に利用していると、現金化を疑われる可能性もあるので気を付けましょう。

クレジットカード現金化以外でお金を借りる方法

個人事業主の方が資金に困った場合は、まずは公的な機関でお金を借りることができないか相談をしましょう。

クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング利用枠を使っているだけなので、現金化をした金額は翌月にクレジットカードの利用額として請求がきます。

優良な現金化業者の換金率はおおよそ80%といわれているので、クレジットカードの現金化は見方を変えると、ひと月の利息20%でお金を借りていることになるのです。

つまり、現金化を繰り返しおこなっていると、クレジットカードの返済額が多くなり、返済が困難になる可能性があります。

日本政策金融公庫から融資を受ける

個人事業主の方が、公的な機関から融資を受ける際におすすめなのが「日本政策金融公庫」です。

日本政策金融公庫は、事業を新規で始める方や、すでに事業を営んでいる方に事業資金を融資する金融機関です。国が100%出資をしているので、安心して利用することができます。

個人事業主が融資を受ける場合は、事業計画や面接などの審査があるため、簡単にはお金を借りることができません。

しかし、金利が約2%と低いため、融資を受けることができれば、返済の負担を減らすことができます。

闇金には手を出さない

個人事業主の方が、事業資金に困った場合でも闇金は絶対に利用しないでください。

闇金とは、貸金業者の登録を行わずに融資を行っている、未登録業者のことです。

闇金には貸金業法が通用しないため、法外な利息を取られる可能性があります。ちょっとお金を借りたつもりでも、あっという間に利息が膨らんでしまい、中には元本の何倍もの利息を請求されたというケースもあるのです。

そうなれば、事業を続けるどころではなくなってしまい返済に追われることになってしまいます。

そのようなリスクを負わないためにも、闇金には手を出さないようにしましょう。

まとめ

個人事業主として開業されたばかりの方が、資金に困ったらクレジットカードの現金化を利用することで短期的なピンチを乗り切ることができます。

ただし、クレジットカードの現金化は、高い利息でお金を借りている状態なので、並行して公的機関からお金を借りる手続きを進めることも大切です。

個人事業主を開業したばかりだと、想定外のことが起きてしまい資金が足りなくなってしまうこともあります。長期的に資金が不足するようなら一度事業計画を見直してみるのもありだと思います。

クレジットカードの現金化は、個人事業主の資金繰りを助ける手段として役に立つと思いますので、困ったときには検討してみてください。