家族カードを使って現金化をすることはできるのか?

専業主婦の中には、ママ友との付き合いなどでお金が必要なのに、お金を借りられる場所が無くて困っている、という人もいるのではないでしょうか。

専業主婦の方は、収入が無いことから、カードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることが難しくなっています。

そこでおすすめなのが、家族カードを使った現金化です。

家族カードを使えば、収入が無い専業主婦の方でも現金を作ることができます。

当記事では、クレジットカードの家族カードを使って現金化する方法をご説明します。

家族カード

家族カードとは

家族カードとは、クレジットカード会社と契約したときに発行される本会員カードから、追加で発行できるカードになります。

家族カードは、本会員カードのショッピング利用枠を共有することで、一般的なクレジットカードと同じようにショッピングの決済に利用することができます。

クレジットカードを発行するには、クレジットカード会社の審査を通過する必要がありますが、家族カードの場合は、本会員カードが発行される時点で審査が済んでいるため、発行するための審査がありません。

そのため、家族カードは、本会員と生計を同一にする配偶者や親族であれば発行できるため、本会員の配偶者であれば、収入の無い専業主婦の方でもクレジットカードを持つことができるのです。

国際ブランドは本会員カードと同一になる

本会員カードと家族カードの国際ブランドは必ず同一になります。

なぜなら、クレジットカードというのは、クレジットカード会社が発行するカードと、国際ブランドがセットになっているためです。

つまり、クレジットカードを発行する場合は、選択した国際ブランドのついたクレジットカードに対して発行の審査が行われます。そのため、本会員カードの国際ブランドと家族カードでは、違う国際ブランドを選ぶことができないのです。

家族カードのカード番号は本会員カードとは異なる

家族カードは、それぞれに個別のクレジットカード番号が付与されるため、本会員カードとクレジットカード番号は異なります。

また、カードに記載される名義も家族カードを所持する人の名前になるため、見た目では家族カードなのか本会員カードなのか見分けがつきません。

つまり、家族カードは、本会員カードとショッピング利用枠を共有している以外は、一般的なクレジットカードと同じように使うことができるのです。

ただし、家族カードをショッピングで利用した場合、本会員カードと合算されて請求されてきます。

家族カードを使って現金化をする方法

家族カードは、本会員カードとショッピング枠を共有している以外使い方は同じなため、現金化を行う場合も一般的なクレジットカードと方法は一緒になります。

クレジットカードの現金化をするための代表的な手段は、ギフトカードと現金化業者です。

ここでは、2つの方法を具体的に紹介していきます。

家族カードで購入したギフトカードを金券ショップで売却する

家族カードを使って現金を手に入れるには、家族カードで購入したギフトカードを金券ショップで売却することで現金化することができます。

家族カードで購入することができるギフトカードは下記の種類があります。

・アマゾンギフト券
・JCBギフトカード
・VISAギフトカード
・図書カードNEXT

家族カードでギフトカードを購入するには、取扱い店舗が、家族カードに付帯している国際ブランドの加盟店になっていることを確認する必要があります。

また、店舗によってはギフトカードを購入するときにクレジットカード払いの対応をしておらず、現金支払いのみになっている場合があるので、事前の確認が必要です。

購入したギフトカードは、駅前などにある金券ショップで売却することができます。

金券ショップによって換金率が変わってくるので、時間に余裕があるなら複数件回ってみて一番高い店舗で売却することでより多くの現金を手に入れることができます。

お近くに金券ショップが無い場合は、金券ショップのサイトを確認してみましょう。

金券ショップは、インターネットでも買取りを受け付けている店舗もあり、ギフト券を指定された住所に郵送することで、売却することができ、代金を指定の銀行口座に入金されることで現金化をすることができます。

■アマゾンギフト券

アマゾンギフト券は、大手ショッピングサイトのamazon内のショッピングで利用できるギフト券です。

アマゾンギフト券は、amazonのショッピングで利用できるVISA、Mastercard、American Express、Diners Club、JCB、銀聯の国際ブランドが付いたクレジットカードであれば購入することができるため、日本国内ほぼ全てのクレジットカードに対応しています。

アマゾンギフト券には、実物のある商品券タイプや、ギフトカードタイプと、実物のないEメールタイプがあります。

換金目的であれば、Eメールタイプを選択しましょう。

なぜなら、アマゾンギフト券は、印刷されているギフトコードが使用済みかどうかを外見だけでは判断できないため、確認する手間がかかることから、金券ショップでは取り扱っていない店舗が多いのです。

そのため、アマゾンギフト券を換金するには、アマゾンギフト券専門の金券ショップを利用する必要があります。

しかし、アマゾンギフト券専門の金券ショップは、店舗を持たずインターネット上で運営しているところが多くなっています。

そのため、実体のあるアマゾンギフト券だと査定や買取りなどをする際は郵送しなければいけないため、現金化までに時間がかかってしまうのです。

Eメールタイプのアマゾンギフト券であれば、ギフトコードが指定されたメールアドレスに届くだけなので、金券ショップが指定したアドレスにギフトコードを送ることですぐに査定と買取りができ現金化を行うことができます。

アマゾンギフト券は、金券ショップで80%を越える換金率で交換することができるため、購入しやすく換金率が高いことから、現金化するのに人気のギフト券になっています。

■JCBギフトカード

JCBギフトカードは、国際ブランドであるJCBが発行しているギフト券です。

JCBギフトカードは、全国の百貨店や家電量販店など100万店以上の店舗で利用することができるギフト券です。

そのため、JCBギフトカードは、贈答用や、景品などで人気があることから、多くの金券ショップでも取り扱いがあり、換金率も90%以上と高くなっています。

JCBギフトカードは、全国の販売店や、公式サイトから購入することができます。

しかし、JCBギフトカードは、JCBブランドが付帯されたクレジットカードでしか購入することができないので気を付けましょう。

■VISAギフトカード

VISAギフトカードは、国際ブランドのVISAが発行するギフトカードになります。

VISAギフトカードには、VISAの国際ブランドとクレジットカードのような番号が振られているため、世界中のVISA提携店で決済に利用することができます。
また、VISAギフトカードは、クレジットカードのような使い方をすることができるため、店舗での決済だけでなく、ネットショッピングの決済でも利用することができます。

VISAギフトカードも、使える店舗が多いことから、人気のあるギフトカードになるため、多くの金券ショップで取り扱いがあり、換金率も90%以上になっています。

VISAギフトカードをクレジットカードで購入する場合は、三井住友カードの公式サイトから注文することができます。

しかし、JCBギフトカード同様、VISAの国際ブランドが付帯したクレジットカードでしか購入することができないので注意しましょう。

■図書カードNEXT

図書カードNEXTは、従来のパンチング式の図書カードから2016年の6月にリニューアルした新しいタイプの図書カードです。

図書カードNEXTに印刷されたQRコードを店頭で読み取ることで決済することができます。

全ての図書カードNEXTのデータは、センターで一括管理されています。

そのため、利用履歴や残高は、公式サイト内にアクセスし、カード裏面に記載されているID番号とPINコードを入力することで、確認することができます。

図書カードNEXTは、百貨店の高島屋であればクレジットカードで購入することができます。

図書カードNEXTは多くの金券ショップでも取り扱いがあり、換金率は90%以上と高くなっています。

ギフトカードで現金化をするメリット

ギフトカードを使って家族カードの現金化を行うメリットは、換金率が高いことです。

今回ご紹介した、クレジットカードで購入できるギフトカードは、大手金券ショップで換金率が90%以上になっています。

たとえば、10,000円分のギフトカードを金券ショップで換金した場合、9,000円以上の現金と交換することができるのです。

ギフトカードは人気があるため、利益が薄くても回転率が良いことから、金券ショップでは高換金率で買い取っているのです。

ギフトカードで現金化をするデメリット

家族カードでギフトカードを購入した場合、クレジットカード会社に現金化を疑われる可能性があります。

クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社の会員規約で禁止にされています。

そのため、クレジットカード会社は、会員の利用履歴を監視しているため、現金化に利用されやすいギフトカードを、一回で大量に購入した場合や、複数回に分けて定期的に購入した履歴があると、現金化をするために不正利用したのではないかと疑われるためです。

そのため、家族カードでギフトカードを購入する場合は、金額を少額に抑え、回数もあまり増やさないことが大切です。

現金化業者を利用する

家族カードを使って現金化する場合、現金化業者を利用することで安全に現金化を行うことができます。

現金化業者とは、クレジットカードの現金化を専門にしている業者のことです。

そのため、クレジットカード会社にバレにくいノウハウを持っているため、個人でクレジットカードの現金化を行うよりも安全に現金を手に入れることができるのです。

現金化業者には、買取り方式とキャッシュバック方式の2種類があります。

買取り方式とは、現金化業者の指定する商品を利用者が自らクレジットカードで購入し、業者に買い取ってもらうことで現金化をする方法です。金券ショップと同じような手順で現金化を行います。

キャッシュバック方式は、現金化業者の指定する商品をクレジットカードで購入し、その商品の代金から規定の割合がキャッシュバックとして、利用者の口座に現金が振り込まれます。

現金化業者を利用する際は、買取り方式がおすすめです。

なぜなら、キャッシュバック方式では、購入する商品の価格に対してキャッシュバックが行われるため、買取り方式の現金化業者よりも換金率が下がってしまうためです。

現金化業者を利用する際は、現金を振り込んでもらう銀行口座を準備する必要があります。

振込先の口座は、申込者と同じ名義の銀行口座を準備する必要があるため、事前に準備をしておきましょう。

家族カードを使って現金化をするときの注意点

家族カードを使って現金化をする場合、請求は本会員カードと合算されるため、クレジットカードの利用明細に記載されることから家族にバレてしまう可能性が高くなります。

そのため、現金化のために家族カードを利用する場合は、事前に言い訳を考えておく必要があります。

クレジットカード会社に現金化がバレた場合は全てのカードが利用停止になる

クレジットカード会社に現金化を行ったことがバレた場合、家族カードだけでなく、本会員カードも利用停止になります。

なぜなら、家族カードはショッピング利用枠を本会員カードと共有しているため、家族カードの利用履歴は、本会員カードの責任になってしまうからです。

まとめ、

収入が無い専業主婦の方は、家族カードを発行することで、クレジットカードの現金化を行うことができ、現金を手に入れることができます。

しかし、責任も本会員カードと連携されているため、クレジットカード会社に現金化をしたことがバレれば、家族カードだけでなく、本会員カードも利用停止になってしまいます。

家族カードで現金化をする場合は、個人で行うとクレジットカード会社に現金化を疑われる可能性があるため、なるべく、現金化業者を利用して現金化を行いましょう。

当サイトでは、独自に調査した優良な現金化業者を紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。