個人ファクタリングは危険なのか?

ファクタリングと言う資金調達方法をご存知でしょうか?
一般の方には聞きなれない言葉で、個人事業主や中小企業の資金調達担当者でなければ「ファクタリング」と言う単語すら聞いたことが無い人も少なくないでしょう。
細かな説明は後程として、基本、企業の資金調達方法の一つであるファクタリングを個人でも可能な業者が近年増えいるようです!
そこで気になるのはメリットやデメリット、違法性の有無などとなりますが、個人でも安心して利用できる資金調達方法なのでしょうか?

ファクタリングとは

ファクタリング企業の売掛債権を買い取り、自己の危険負担で代金回収(債権の管理・回収)を行う金融業務をいいます、その業務を行う企業をファクタリング会社(ファクター)と呼びます。
ちなみに売掛債権を細かく説明すると「商品やサービスなどを提供した、その売却代金や利用料金を請求できる権利」のことを指します。

ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリットとして上げられるのは、売掛先が倒産した場合の支払いリスクを回避できることや、売掛金や受取手形などをファクタリング会社へ売却することで、売掛金を早期に現金化(資金化)できることです。
また、ファクタリングの種類によっては銀行、取引先に知られず資金調達できることもメリットと言えます。

ファクタリングのデメリット

ファクタリングのデメリットとしてはファクタリング会社への手数料が掛かってしまう事や、3社間での取引となった場合、売掛先企業の承諾が必要となることです。
また、手数料を説明しないなどの悪徳なファクタリング会社も存在することからトラブル事例がある事もデメリットと言えます。

2社間取引と3社間取引

ファクタリングには売掛先企業の承諾が必要な3社間と、取引先に売掛債権の現金化がわからない2社間の2つの取引方法があります。
2社間ファクタリングは利用者(債権者)とファクタリング会社の2社間で完結する取引で、取引先(債務者)へ債権を譲渡した旨の通知や承諾が必要ないため、取引先や第三者に知られることなく現金調達をする事が可能です。
3社間ファクタリングは利用者(債権者)と取引先(債務者)とファクタリング会社の3社間で行われる取引です。
ファクタリング会社が債権を全て買い取るため、その後の回収や支払いリスク等は全てファクタリング会社が引き継ぐ形となります。
一般的には3社間取引の方が手数料を安く抑えられます。

個人ファクタリングとは

ここまでの説明で分かるように売掛金や受取手形などの取引がある企業や個人事業主が利用することがメインであるファクタリングですが、中には個人を対象にファクタリングを行う業者も存在しています!
しかし、個人での売掛金と言われても通常はその様な取引はありませんよね!では何を対象に現金化(資金化)できるのか!ずばり売掛金対象は給料債権となります。
債権とは「債権者が債務者に対し、一定の給付を要求できる権利」と定められていることから、個人向けファクタリングでは、債権者=従業員、債務者=勤め先の会社という解釈となり、「勤め先から給料を受け取ることができるという権利」をファクタリング会社が買い取ることで成立する仕組みです。

個人ファクタリングのメリット

まずは銀行や消費者金融で借入ができない、金融ブラックの人でも利用可能という点です。
ファクタリング審査は一般的な融資審査とは異なり、債権の実在性や回収性(回収先)を重視するためブラックだとしても利用可能な可能性は高くなります。
また、ファクタリングは自分が持っている債権をファクタリング会社に買い取ってもらうので、お金を融資する貸金業者とは全く別の取り扱いとなり信用情報に反映されないこともメリットと言われています。

個人ファクタリングのデメリット

デメリットとして一番に出てくるのはやはり手数料です!
2社間取引と3社間取引では手数料は変わってきますが、個人ファクタリングを利用する方のほとんどは会社には内緒にしたいため、2社間での取引となり、割高な手数料が掛かってしまいます。
ファクタリング会社表記の手数料は10%~20%とされているものの、実際は30%程の手数料が引かれてしまう事が少なくは無いようです。
また、利用金額が20万~50万など決まって言う事や、給料債権を買い取ってもらっているので分割やリボなどの返済方法が無いこともデメリットです!(そもそも返済ではないので)

個人ファクタリングは危険なのか?

このような新しい現金(資金)調達方法の場合には悪徳な業者が多く存在するのも事実です!
また、支払い方法に分割やリボがなく手数料を金利に当てはめると、年利100%を軽く超える金利計算になる支払いを個人で行う事は非常に困難と言えるでしょう。
そういった観点からファクタリングはあくまで企業で行う資金調達の手段であり、個人で行う場合には、練りに練った利用計画を作らない限りはリスクの高い危険な現金(資金)調達方法と思われます。

個人でもできる現金化

個人でできる現金化方法の代表がクレジットカード現金化です!
もちろん、クレジットカード現金化にもメリットデメリットが存在しますが、古くからある現金化方法の一つとして信頼できる業者も存在しています。
安心して利用できるクレジットカード現金化業者選びの参考にしてください。
本当のクレジットカード現金化口コミ・比較・評判