ダイナースクラブカードを利用して現金化をすることは可能か?

ダイナースクラブカードは、ステータス性の高いクレジットカードとして有名です。

発行するためには厳しい基準の審査があり、ある程度の社会的地位がなければ持つことが難しいと言われています。

しかし、ダイナースクラブカードを持っている人の中には、事業資金や生活資金などで現金が足りず、現金化できないかと考えている人もいるのではないでしょうか。

当記事では、ダイナースクラブカードを使って現金化をする方法を紹介します。

ダイナースカード

ダイナースクラブカードとは

ダイナースクラブカードは、ダイナースクラブインターナショナルが発行するクレジットカードです。

日本国内では、三井住友トラストクラブが発行元になっています。

ダイナースクラブカードは、日本で一番長い歴史をもつクレジットカードになります。

それゆえ、ステータス性の高いクレジットカードと言われており、バブル期には、医者や弁護士などの職業でなければ発行することができないといわれたほどです。

年会費は、本会費22,000円(税抜)、家族会員は5,000円(税抜)とかなり高額になっています。

また、付帯されるサービスも充実しているため、ダイナースクラブカードの価値は、他社のゴールドカードに匹敵するといわれています。

現在では多少基準も緩和されたようですが、それでもダイナースクラブカードを発行するための審査に通過するのは難しいのが現状です。

ダイナースクラブカードの申込条件は公開されていないのですが、発行するための目安は、年齢27歳以上で年収が500万円以上必要だといわれています。

また、安定した職業についており、勤続年数が3年以上必要とも言われているので、かなり条件の厳しいクレジットカードと言えます。

利用限度額が決まっていない

ダイナースクラブカードは、アメリカン・エキスプレスカード同様利用限度額が決まっていません。

ダイナースクラブの公式サイトには「ダイナースクラブでは、お一人おひとりのご利用状況に応じてご利用可能枠を設定しています。高額の商品のお支払いや出費が重なる月、長期の海外出張の際でも、ゆとりをもってご利用いただけます。」という記載があります。

つまり、ダイナースクラブカードは、持っている人の信用があれば、限度額を気にせず利用できるクレジットカードなのです。

ダイナースクラブカードは現金化できるのか?

ダイナースクラブカードは、審査基準が高くステータス性が高いので、現金化が難しいイメージがありますが、意外にも現金化をすることは可能です。

ダイナースクラブカードは、他社のクレジットカードと異なり、申込時の審査基準が高くなっています。

そのため、カードが発行される人であればある程度の信用ができているので、不正利用を疑われにくいのです。

さらに、ダイナースクラブカードは、利用限度額が決まっていないため、一般的なクレジットカードよりも高額な現金化ができる可能性が高くなります。

現金化は信用情報に借入記録が残らない

ダイナースクラブカードを持っている経営者や個人事業主の方は、事業資金の不足を現金化で補てんしているケースもあります。

なぜなら、クレジットカードの現金化は、ローンによる借入ではないので、信用情報に借入履歴が登録されないからです。

つまり、現金化であれば、借入していることが金融機関にバレないため、融資を受ける際の審査が有利になるのです。

たとえば、会社の経営者が銀行に融資の申請をした場合、銀行は経営者の信用情報を個人信用情報機関で確認します。

その時に複数の借入履歴が残っていると、貸し倒れのリスクがあると判断され融資を受けられない可能性があるのです。

しかし、クレジットカードの現金化であれば、信用情報に履歴は一切残らないので、そのようなリスクを回避することができます。

その結果、事業資金が不足して危ない状況だったとしても、金利の低い銀行からお金を借りることができるのです。

ダイナースクラブカードは高額商品購入前の事前承認が不要

ダイナースクラブカード同様、ステータス性が高いアメリカン・エキスプレスカードは、高額な商品を購入する前に、商品名と金額を伝えて決済の許可をもらうための事前承認が必要です。

そのため、ギフトカードのような現金化を疑われるような商品では承認がおりない場合があります。

しかし、ダイナースクラブカードでは承認が不要です。

そのため、高額な商品を決済しやすいため、決済が通れば比較的高額な(100万~150万円)現金化をすることができるのです。

ダイナースクラブカードで現金化をするための方法

ダイナースクラブカードは高額な決済が可能なため、現金化ができれば、一度にまとまった金額を借りることができます。

では、ダイナースクラブカードを使って現金化をするにはどのような方法があるのでしょうか。

ここでは、ダイナースクラブカードを使った現金化の方法をご紹介します。

現金化業者を利用する

ダイナースクラブカードを利用して現金化を行うには、現金化業者を利用するのが安全です。

なぜなら、現金化業者は、決済に決済代行業者を利用しているため、クレジットカード会社に現金化がバレにくくなっているからです。

決済代行業者とは、クレジットカードの国際ブランドと提携していない店舗の代わりに、利用者からのクレジットカード決済を受け付け、利用者から受け取ったお金を店舗に渡すという業務を行っている会社です。

つまり、ダイナースクラブカードを現金化業者で決済した場合、決済店舗名は決済代行業者になるため、ダイナースクラブカードには、現金化業者を利用したことがわからないのです。

現金化業者の種類

現金化業者には、買取り方式とキャッシュバック方式の大きく分けて2種類が存在します。

買取り方式とは、クレジットカードで現金化業者の指定する商品し、業者がその商品を買取ります。

買取った代金は、指定された口座に入金されることで、現金化が完了します。

本来は、購入した商品が一度手元に届き、それを業者に送らなければいけないため、手間と時間がかかります。

しかし、買取り方式の現金化業者の中には購入履歴を確認すれば、商品が手元に無くても買取りをしてくれる現金化業者も存在します。

そのような現金化業者を利用すれば、業者指定の商品を購入するための決済が確認されると、すぐに業者に買い取ってもらえるので、決済をしてから30分以内には、指定した銀行口座に代金が振り込まれます。

しかも、取引は全てWEB上で完結するので、スマホやパソコンがあれば自宅に居ながら現金化ができてしまいます。

優良な現金化業者であれば、換金率は80%ほどになるので、100万円分を現金化すれば約80万円が即口座に振り込まれるのです。

キャッシュバック方式は、現金化業者の指定する商品を購入することで、購入代金の何割かが現金で返ってくる仕組みです。

返ってきた代金が口座に入金されて現金化が完了します。

キャッシュバック方式では、実際に購入した商品が手元に残るため、クレジットカード会社に購入商品を確認されたとしても、商品を見せることで納得してもらえます。

しかし、キャッシュバック方式は、悪質な業者が多いのがデメリットです。

たとえば、キャッシュバックの割合が、提示されている金額よりも低い場合や、注文した商品が届かないなどのケースがあります。

被害者があまりに多かったため、キャッシュバック方式の現金化業者は、以前に逮捕者がでたほどです。

そのため、現金化業者を利用する際には、なるべく買取り方式を選ぶことをおすすめします。

当サイトでは、優良な買取り方式の現金化業者を紹介していますので、是非参考にしてみてください。

アマゾンギフト券を購入して現金化をする

ダイナースクラブカードで購入したアマゾンギフト券買取専用の現金化業者で現金化を行うことができます。
いわゆる買取り方式の現金化業者を利用する方法です。

大手ショッピングサイトのamazonでは、同サイト内のショッピングに利用できる「アマゾンギフト券」を販売しています。

アマゾンギフト券には、様々な種類がありますが、現金化におすすめなのが、Eメールタイプです。

Eメールタイプは、カードなどの実物はなくギフトコードが発行されるだけです。

Eメールタイプのアマゾンギフト券は、任意の金額を設定することができ、最高で500,000円までの金額設定が可能になります。

決済にダイナースクラブカードを利用することができるので、購入したアマゾンギフト券を現金化業者に売却すれば、現金を手にすることができます。

アマゾンギフト券は、換金率が80%前後と高いため、500,000円分のアマゾンギフト券であれば、400,000円の現金化を行うことができます。

さらにアマゾンでは、家具、家電などの高額商品も多数取り扱っているため、アマゾンで高額決済があったとしても、ダイナースクラブカードは何を購入したのかまでは把握できないので、現金化を疑われにくくなります。

ダイナースクラブカードを現金化するときの注意点

G30が出たら不正利用を疑われている

現金化のために商品を購入する場合、店舗での決済時にカード端末にG30「カードガイシャニオトイアワセクダサイ」と表示された場合は、決済ができずに保留にされてしまいます。

ダイナースクラブカードでは、不正被害を防止するための策として、疑わしい取引が行われた場合、店舗のカード端末にこのような表示がでるようになっています。

ダイナースクラブカードの公式サイトには「不正防止の観点から一部商品や加盟店様でのカード利用時に『本人確認』の対策を講じています。」と記載があることから、ギフトカードなどの現金化しやすい商品の購入時には、不正利用を疑われてメッセージが表示される可能性があります。

メッセージが出た場合は、ダイナースクラブ・オーソリセンターに連絡をして、カード所有者の利用であることを伝えれば決済が通るのですが、頻繁に現金化を行うと疑われてしまう可能性が高くなるため注意が必要です。

決済できる現金化業者が少ない

ダイナースクラブカードは、VISA、JCB、Mastercardなどの国際ブランドと比べて、提携している現金化業者が少ないため、現金化が難しい場合があります。

ダイナースクラブカードは、基本的に買取り方式の現金化業者で利用することができましたが、2018年ごろから、キャッシュバック式の現金化業者でもダイナースカードで決済可能な現金化業者も出てきているようです。

しかし、利用できるのは一部の業者に限られているため、使い勝手は他の国際ブランドに比べてあまりよくありません。

加盟店手数料が高いので現金化業者を利用したときの換金率が下がる

加盟店手数料とは、商品の購入やサービスを受けたときの代金をクレジットカードで支払った場合、決済を受けた店舗がクレジットカード会社に支払う手数料です。

加盟店手数料は、国際ブランドによって異なり、最も安いのがVISAやMastercardといわれており、決済金額に対して、3~5%と言われています。

しかし、ダイナースクラブカードでは、加盟店手数料が約7%と他の国際ブランドよりも高くなっているため、店舗側はダイナースクラブカードで決済をすることで他のクレジットカードで決済したときよりも売り上げが減ってしまうのです。

ダイナースクラブカードで現金化業者を利用した場合、現金化業者は他の国際ブランドのついたクレジットカードを利用されるよりも手数料を多く取られてしまうので、その分換金率を下げられてしまいます。

その結果、ダイナースクラブカードで現金化業者を利用すると、換金率が下がってしまうのです。

まとめ

ダイナースカードで現金化をするメリットは、利用限度額が決まっていないため、高額の決済ができることです。

とはいっても、現金化をするためにギフト券や新幹線の回数券を100万円分も購入するのは、金券ショップに売却する手間や、現金化を疑われやすくなるため、あまりに非効率です。

そのため、現金化業者を利用すれば、手間をかけずに安全に高額の現金化を行うことができます。

ただし、現金化がバレてしまうと、利用停止や強制退会などの厳しいペナルティを課せられてしまいます。

しかも、強制退会になると、現金化を行ったことが永久に社内のデータベースに記録されるため、再度ダイナースクラブカードを発行することはほとんど不可能になります。

他にはないサービスが魅力のダイナースクラブカードが二度と持てなくなるのは、大きなリスクだと思います。

そのため、ダイナースクラブカードで現金化を行う場合は、細心の注意を払いながらするようにしましょう。