クレジットカードを現金化する業者は闇金なのか?

クレジットカードの現金化業者を利用することで、クレジットカードのショッピング枠を使い、早く安全に現金を借りることができます。

そのため、クレジットカードのキャッシングや、消費者金融から限度額ギリギリまで借入をしている人でも、クレジットカードのショッピング枠に余裕があれば、現金が足りなくなった時に利用することができるのです。

しかし、クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社の会員規約で禁止されているため、それを行っている現金化業者は、危ないことをしているところで闇金に近いのではないかと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、現金化業者と闇金は全く関係がないため、激しい取り立てや高額な利息などを心配する必要はありません。

当記事では、現金化業者と闇金の違いや、現金化業者を使うことのメリットをご紹介します。

闇金?

クレジットカードの現金化業者は闇金ではない

クレジットカードの現金化業者は、消費者のクレジットカードの利用枠を現金と交換する業務を行っているため、お金を貸し付ける闇金とはやっている内容が異なります。

では、実際に現金化業者と闇金の違いはどういったところにあるのかご紹介します。

お金を借りる訳ではないので取り立てはない

クレジットカードの現金化業者は、闇金と違いお金を貸し付ける業務は行っていないので、取り立てはありません。

闇金と言えば、強面の人が家に乗り込んできて家財道具一式を持っていかれるような、激しい取り立てをされるのをイメージする方も多いと思います。

2010年に貸金業法が改正されてから、消費者への夜間の取り立てや、第三者に依頼して取り立てを行うことができなくなりました。

そのため、貸金業者に登録されている消費者金融などから借りたお金を返済できなくなっても、激しい取り立てに遭うことはなくなりました。

しかし、闇金は、貸金業者の許可を得ずに貸金業を営んでいるため、貸金業法で決められている取り立て方法は関係ありません。

そのため、貸したお金を回収するためには手段を選ばない闇金も存在するため、返済が困難になった場合には激しい取り立てに遭う可能性があります。

一方で、クレジットカードの現金化業者を利用した場合、指定した銀行口座に代金が振り込まれますが、決済はクレジットカードで行うため、返済先はクレジットカード会社になります。

つまり、クレジットカードの現金化で作った借金は、クレジットカードのショッピング利用枠に含まれるので、現金化業者へは返済する義務はないのです。

闇金はお金を借りるために利用するのに対し、現金化業者はクレジットカードのショッピング利用枠を現金化するために利用するため、根本的な目的が違うのです。

金利や利息はない

クレジットカードの現金化業者を利用した場合、闇金と違い金利や利息は関係ありません。

闇金の特徴として、高い金利を思い浮かべる人は多いと思います。

貸金業の登録をしている消費者金融やクレジットカード会社などは、貸金業法で定められている金利を越えてお金を貸すことはできません。

貸金業法で定められている金利の上限は下記の通りです。

・元本が10万円未満は年利20%
・元本が10万円以上100万円未満は年利18%
・元本が100万円以上は年利15%

しかし、闇金は貸金業の登録をしていないので、貸金業法で定められている金利を上回った利息を請求される可能性があるのです。

闇金業界で使われる金利の用語にトイチやトサンと呼ばれるものがあります。

トイチとは、10日で1割、トサンは10日で3割の利息がつくという意味です。

闇金からトイチで20万円をかりた場合、10日後には22万円、20日後には22万円の1割が利息になるので、返済金は24万2千円、30日後には26万6千を返済しなければいけなくなるのです。

そのため、闇金から一度お金を借りてしまうと利息を払うのでやっとになってしまいます。

しかし、クレジットカードの現金化業者の場合は、提示された換金率で現金化を行うだけで取引は完了します。

そのため、闇金とは違い、取引後に現金化業者からお金を請求されることは一切ありません。

現金化業者の仕組み

クレジットカードの現金化業者は、どのような仕組みで現金化をしているのでしょうか。

クレジットカードの現金化業者には、大きく分けて買取り方式とキャッシュバック方式の2種類が存在します。

それぞれのメリットデメリットをご紹介します。

買取り方式の現金化業者

買取り方式とは、現金化業者の指定する商品をクレジットカードで購入したあと、現金化業者が商品を買取り、代金が銀行口座に振り込まれることで現金化を行うことをいいます。

買取り方式のメリットは、価値のある商品を買取ってもらうので、換金率が高く安定しているということです。

買取り式は、実店舗で取引をする場合やWEBで取引をする場合のいずれであっても、現金化業者が指定する商品を一度購入する必要があります。

たとえば、実店舗で現金化をする場合なら、ギフト券を購入する場所と、現金化をする金券ショップは異なります。

また、WEBで現金化する場合であっても、一度業者の指定する商品を別サイトから購入し、届いた商品を現金化業者に送ることで、商品が買取られて指定された口座に振り込まれます。

このように、買取り式の場合は、購入した商品の価値に応じて現金化できる金額が決まるため、換金率が高く安定しているのです。

一方で、買取り方式には、現金化までに時間がかかるというデメリットがあります。

買取り式は、一度商品を購入しなければいけないため、商品が手元に届く時間や、商品が業者に届くまでの時間がかかってしまいます。そのため、買取り式で現金化をする場合は、時間に余裕をもってすることが大切です。

しかし、最近では、指定された商品を購入した後、商品を購入したことが証明ができれば、即現金化を行ってくれる業者も出てきています。

そのため、商品の到着や、業者に送る手間がないので買取り式であっても、現金化までのスピードが早いため、商品の購入から振込みまで最短30分で行うことができます。

キャッシュバック方式の現金化業者

業者が指定する商品を購入することで、指定された金額のキャッシュバックが受けられるという方式です。キャッシュバックにあたる部分が現金化として利用されています。

キャッシュバック方式は、申込から現金化までのスピードが早いのがメリットです。業者の指定する商品をクレジットカードで決済した直後に、キャッシュバック分の金額が口座に振り込まれるので、申込から5分~10分で現金化を行うことができます。

また、購入した商品が実際に手元にあるため、現金化のために購入した商品を売ってはいないという証明ができることから、クレジットカード会社に現金化がバレにくいというのがメリットです。

たとえば、キャッシュバック方式の現金化業者から10万円のCDセットを購入し、8万円のキャッシュバックを受けたとします。

もし、クレジットカード会社に現金化を疑われた場合には、実際に購入したCDセットを見せることで、商品を購入したあとに現金化を行っていない証明をすることができるのです。

ただし、キャッシュバック方式の現金化業者は、現金化までのトラブルが多いのがデメリットです。

キャッシュバック方式は、申込から現金化まで現金化業者1社で完結してしまうことからトラブルが多発してしまうのです。

トラブルの中で多いのが、キャッシュバックの金額が提示されている金額よりも低くなると違うことです。

サイトには、換金率90%以上と記載されていても、そこから送料や手数料を引かれ、実際の換金率が70%以下になってしまうこともあります。キャッシュバック方式では、実際に、購入した商品が届くのですが、購入する商品はほとんど価値が無いため、買取り方式と違い商品の価値を担保にできないのです。

買取り式の現金化業者の場合は、消費者から買い取った商品を販売することで、利益を出すことができます。

しかし、キャッシュバック式の現金化業者の場合は、消費者が現金化するときにしか利益を得られないため、手数料を差し引いてなるべく換金率を下げ利益を取ろうとするので、トラブルが増えてしまうのです。

現金化業者を使うメリット

クレジットカードの現金化は個人でも行うことができますが、現金化業者を利用するメリットは何があるのでしょうか。ご紹介します。

クレジットカード会社に現金化がバレにくい

現金化業者は、クレジットカードの決済に決済代行業者を利用しているので、クレジットカード会社に現金化がバレにくくなっています。

決済代行業者とは、クレジットカードの加盟店になっていない企業の代わりに、消費者からクレジットカードの決済を受け、代金を企業に渡すサービスをしている会社のことです。

現金化業者は、決済代行業者を利用していることが多いため、現金化を申込むと、決済名は現金化業者ではなく、決済代行業者になるため、クレジットカード会社は、現金化業者を利用したことが分かりにくくなるのです。

手間がかからない

個人でクレジットカードの現金化を行う場合、換金するための商品をクレジットカードで購入し、商品が手元に届いたら金券ショップやリサイクルショップに行き、商品を売却して現金化をします。

そのため、商品の購入から現金化をするまでの移動時間や交通費などの手間がかかってしまいます。

しかし、現金化業者を利用することで申込から現金化までを全て行ってくれるので、自分で動かなくても、申込をして待っていれば現金化ができてしまうのです。

そのため、現金化業者を利用することで、時間が無くて忙しい人や、金欠で交通費が出せない人でも、現金化を行うことができます。

現金化までのスピードが早い

WEBでサービスを提供している現金化業者を利用すれば、申込から入金までが30以内に完結することができます。

個人で現金化を行うと、購入した商品が手元に届くまでの時間や金券ショップに行くまでの時間などがあるため、現金化までに時間がかかってしまいます。もし、1秒でも早く現金が必要なときに金券ショップが休みだったとなれば、現金化を行うことができません。

一方で、WEBで現金化を行っている業者であれば、365日24時間営業しているところも多いので、現金が必要なときにすぐ現金化を行うことができます。

悪徳業者がいるので気を付ける

クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用してお金を借りる行為のため、換金率が低ければ高い利息でお金を借りているのと同じ意味になります。

現金化を行った翌月には、使った金額の請求がくるので、換金率60%で現金化を行ったとなれば1か月で40%の利息を払ってお金を借りたことになるのです。
現金化業者は闇金ではありませんが、換金率が低い業者を選んでしまうと、実質、闇金よりも多くの利息をとられてしまうことになりかねないのです。

また、クレジットカードの情報を盗んで不正利用をする現金業者もいます。
現金化をする場合には、免許証や保険証などで本人確認をする必要が必ずありますが、悪質な業者はクレジットカードの情報も求めてくることがあるのです。

決済をするためにはカード番号は必要なのですが、この場合はクレジットカードの表裏麺の画像を求めてくるのです。

現金化業者を利用したことが無ければ、深く考えずに提出してしまいそうですが、クレジットカードの全ての情報が写った画像は絶対に渡してはいけません

なぜなら、クレジットカード番号と裏面に記載されているセキュリティコードが分かると、通販サイトなどで使うことができてしまうからです。

現金化業者を利用した人の中には、このようにクレジットカード情報を業者に提出してしまい、不正利用されてしまったというケースがあるので注意しましょう。

まとめ

現金化業者は、利用者にお金を貸しているわけではないので、貸金業を行っている闇金ではありません。
そのため、闇金にイメージされるような激しい取り立てや、高い利息の請求がくることはありません。

むしろ、現金化業者を利用することで、個人で現金化を行うよりも、早く安全に現金化ができるメリットがあるのです。

しかし、現金化業者の中には、消費者からお金を騙し取る悪質な業者も存在することは事実です。

そのため、現金化業者を利用する際には、きちんとした実績のある業者を選ぶことが大切になります。

当サイトでは、数多くの現金化業者を比較し、厳選された優良な業者を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。