クレジットカード現金化の限度額を確認する方法とは?

クレジットカード現金化の利用を検討している人の中には、自分の持っているクレジットカードでいくらまで現金化をすることができるのか、気になる人が多いのではないでしょうか。

クレジットカード現金化の限度額を把握していることで、万が一現金が足りなくなった場合でも、安心して現金を用意することができます。

しかし、クレジットカード現金化に利用できる限度額を把握していないと、予想外の出費で現金が必要になった場合、十分な資金を確保できないおそれもあります。

では、クレジットカード現金化の限度額を知るにはどうしたらよいのでしょうか。

当記事では、クレジットカードの現金化をするための限度額について解説します。
利用限度額を増やす方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

カード限度額

クレジットカードで設定されている利用枠の種類

クレジットカードには、利用できる金額の枠が設定されています。

クレジットカードの現金化をする際には、自分が持っているクレジットカードにどのような種類の枠が設定されているのかを知ることで、現金化できる金額の上限を把握することができます。

クレジットカードを発行すると、以下の利用枠が付帯されます。

・ショッピング枠
・ショッピング残高枠
・キャッシング総枠

なお、全ての利用枠を合わせた利用金額の合計を「総枠」と呼びます。

現金化に利用できる金額を把握していないと、現金化の際に決済が下りない場合があり、支払いに必要な現金が用意できない状況になってしまう可能性があります。

ショッピング枠

クレジットカードのショッピング枠は、クレジットカードをショッピングで利用する際に、決済ができる上限金額になります。

そのため、クレジットカードを利用する場合、ショッピング枠を超えた決済はできません。
つまり、クレジットカードの現金化をする場合は、ショッピング枠の金額が現金化をすることができる限度額になります。

ショッピング枠は、カード所有者の収入や利用状況によって変動するため、かならずしも一定ではないので注意が必要です。

失業や、転職などで勤務先が変わった場合や、クレジットカードを利用しない期間が長くなると、ショッピング枠が減額されることもあるのです。

そのため、クレジットカードの現金化を利用する前には、クレジットカードのショッピング枠の金額に変更がないかの確認をすることが大切です。

ショッピング残高枠

ショッピング利用枠の内、ショッピングなどの決済で、すでにクレジットカードで利用している金額を差し引いた残額が、ショッピング残高枠になります。

クレジットカード現金化で利用できる金額の上限はショッピング枠でしたが、ショピング残高枠はその時に現金化をすることができる金額の上限になります。

たとえば、50万円のショッピング枠が付帯されたクレジットカードを1円も使っていない状態なら、現金化できる金額の上限は50万円になります。

しかし、50万円のうち10万円をショッピングの決済で使っている場合

50万円-10万円=40万円がショッピング残高枠となるため、現金化ができる金額の上限は40万円になるのです。

クレジットカードの現金化を利用する場合には、ショッピング枠だけでなく、ショッピング残高枠がいくら残っているのかを確認することも大切になります。

ショッピング枠とショッピング利用枠の上限がそれぞれ設定されている場合がある

クレジットカード会社によっては、ショッピング枠は一括支払いで利用できる上限金額になり、ショッピング残高枠はボーナス払いやリボ払いなど、一括払い以外の支払い方法で利用できる上限金額として設定されている場合があります。

さらに、ショッピング枠とショッピング残高枠で、それぞれの上限金額の設定が異なる場合があるので注意してください。

たとえば、ショッピング枠の上限が50万円に設定されているクレジットカードであっても、ショッピング残高枠の上限が30万円に設定されている場合があるのです。

クレジットカードの現金化で利用した金額を、分割で返済しようとした場合、ショッピング枠が50万円で設定されており、1円も使ってない状態であっても、ショッピング分割枠が30万円で設定されていると、分割払いで現金化を利用できる上限金額は30万円になるので注意が必要です。

キャッシング総枠

キャッシング総枠は、クレジットカードを利用して現金を借りることができるキャッシングの上限金額になります。

クレジットカードにキャッシング利用枠が付帯されている場合は、利用枠内であれば、何度でもATMやCDから現金を借りることができます。

キャッシングは審査不要で、クレジットカードの発行元と提携しているコンビニや銀行などのATMやCDを利用することができるので、手軽に現金を借りることができます。

キャッシング総枠は、ショッピング枠とは別に付帯されており、一般的にショッピング枠よりも低い金額に設定されています。

クレジットカードのキャッシングは総量規制の対象になっている

クレジットカードのキャッシングは、総量規制の対象になっているため、年収の3分の1以上の借入をすることができません。

総量規制とは、貸金業者が利用者へ過剰な貸し付けをすることで、返済が困難になる多重債務者になることを防止するために貸金業法によって定められている規制です。

貸金業者として登録している消費者金融や信販会社のカードローンやクレジットカードのキャッシングは総量規制の対象になります。

そのため、無職や専業主婦の方は収入がことから、総量規制の上限が0円になるため、クレジットカードを発行しても、キャッシング総枠が付帯されないので、利用することができません。

クレジットカード現金化に利用できる金額の確認方法

クレジットカード現金化を利用する場合、自分の持っているクレジットカードでいくらまで現金化をすることできるのかを確認する必要があります。

では、現金化に利用できる金額を確認するにはどのようにすればよいのでしょうか。

ここでは、クレジットカード現金化に利用できる金額を確認するための方法をご紹介します。

WEBサービスを利用して確認する

クレジットカード会社のWEBサービスを利用することで、現金化可能な金額を確認することができます。

WEBサービスを利用すれば、24時間好きな時間に、好きな場所で確認することができるので、現金化をする直前でも確認することができるので安心です。

また、WEBサービスでは、クレジットカードの各種利用枠の増額申請や、支払い方法の変更なども行うことができるのでとても便利です。

利用明細で確認をする

WEBでの操作が苦手な方やWEBサービスに登録していない方は、毎月自宅に届く利用明細を確認することで現金化可能な金額を確認することができます。

電話で確認をする

出先にいて明細が確認できない場合や、WEBでの操作が煩わしく、とにかく急いで現金化できる金額を知りたいという方には、電話での問い合わせがおすすめです。

残高確認のできるサポートセンターの電話番号がわからなくても、クレジットカードの裏面に記載されているサポートデスクに連絡をすれば、担当部署につないでくれます。

利用残高の確認には、本人確認情報や、クレジットカード番号などの確認が必要な場合があるので、手元に用意しておくことでスムーズなやりとりをすることができます。

また、電話口で確認する場合は、聞いた金額を忘れてしまわないように、忘れずにメモを取るようにしましょう。

ショッピング残高枠が少ない場合に現金化をする方法

クレジットカードのショッピング残高枠が少ない場合は、現金化するときに注意が必要です。

なぜなら、ショッピング残高によっては、今まで利用していた現金化の方法が使えない場合があるからです。

ここでは、クレジットカードのショッピング残高枠が少ないときに現金化をする場合の注意点をご紹介します。

現金化業者の最低利用金額を確認してから利用する

クレジットカードの現金化を安全に行うには、現金化業者を利用するのがおすすめです。

現金化業者は、決済代行業者を利用しているため、クレジットカード会社に現金化がバレにくいからです。

決済代行業者とは、VISAやJCBなどの国際ブランドと提携しておらず、クレジットカード払いができない店舗の代わりに、利用者の決済を受け、代金を店舗に渡す業務をおこなっている会社です。

そのため、現金化業者を利用した場合、決済名は決済代行業者になるため、クレジットカード会社は、利用者が決済代行業者を使って何を購入したかを把握することはできないのです。

さらに、現金化業者は海外の決済代行業者を利用することで、現金化がばれにくいようにしているのです。

ただし、クレジットカードの現金化業者によっては、最低1万円以上からの利用などの制限があるため、ショッピング残高枠が少ない場合は利用できない場合があります。

たとえば、クレジットカードの現金化に利用しようとしているクレジットカードの利用残高枠が9,000円分しかなかった場合、最低利用金額が1万円に設定されている現金化業者は利用することができないのです。

とくに、キャッシュバック方式の現金化業者では、商品の購入代金の何割かをキャッシュバックとして現金化を行うため最低利用金額が決まっている場合が多いです。

そのため、クレジットカードの現金化業者を利用する場合には、最低利用金額を確認するようにしましょう。

クレジットカードの利用可能額が少なければ自分で現金化をする

クレジットカードのショッピング残高枠が少ない場合は、自分でクレジットカード現金化を行うことで、利用残高枠が少なくても現金化をすることができます。

ギフト券なら少ない金額でも現金化ができる

クレジットカードで購入したギフト券を金券ショップで売却することで、個人でもクレジットカードの現金化を行うことができます。

クレジットカードの現金化におすすめなのが、国際ブランドが発行しているギフトカードです。
国際ブランドがJCBであればJCBギフトカード、VISAであればVJAギフトカードの購入ができます。

それぞれのギフトカードでは、1,000円券、5,000円券などの種類があるため、ショッピング残高枠に合わせて、組み合わせが可能です。

また、ギフトカードであれば、大手金券ショップでは90%以上の高還元率で買取りが可能で、最低金額の設定もないため、効率よく現金化をすることができます。

ギフトカードは、一度に大量に購入して決済が高額になると、クレジットカード会社に現金化を疑われることがありますが、少額であれば決済が通る確率も高くなります。

ただし、返済金の滞納や、以前に現金化を疑われる履歴があった場合には、少額でも決済が通らない場合があるので注意してください。

クレジットカードのショッピング枠の増額方法

月末までの支払いで現金化をしたいけれど、ショッピング利用残高枠が少なくて金額が足りない場合、ショッピング枠の増額をすることができます。

ショッピング枠を増額すれば、現金化できる金額の上限が上がるため高額の現金化をすることができます。

ショッピング枠の増額申請をする

クレジットカード会社にショッピング枠の増額申請をすることで、現金化できる金額を増やすことができます。

ただし、増額申請が承認されるには、クレジットカード会社の審査に通過する必要があります。

クレジットカードを発行したときよりも、年収が増えており、勤続年数が伸びている場合には、増額申請が通る可能性が高くなります。

また、クレジットカードを定期的に利用しきちんと返済している場合にも、利用者の信用があるので、増額申請が通る可能性があります。

ただし、仕事を退職して収入がない場合や、転職して年収が下がった場合には、増額申請の再審査でショッピング枠を減額されてしまうおそれがあるので気を付けましょう。

まとめ

予定外の出費で現金が必要になったとき、審査不要でお金を借りることができるクレジットカードの現金化は便利な方法です。

しかし、クレジットカードの利用枠を把握していなければ、緊急時に必要な現金を手に入れることができません。

また、クレジットカードの利用枠は、利用状況によって変動するのため、常に確認することが重要です。