車金融の利用は危ないの?

車金融と言う借入方法をご存知でしょうか?
「車金融」というネーミングからするとかなり危険な響きで闇金的なイメージを個人的には描いてしまいます。
丁寧に説明すると「車を担保にお金を貸してくれる金融業者」となり、「車融資」等と呼ぶこともあります。
いくぶん「車融資」のほうが安全な響きと感じてしまいますが、内容は同じです。
なぜ「車金融」と言う呼び名になったのかは不思議でなりませんが、この車金融をインターネットで調べるとその信憑性はさておき、あまり良い情報はなく危険や注意と言った情報が多くみられますが実際に利用は危険なのでしょうか?

車金融

車金融とは?

車金融とはご自身の車を担保に融資をもらう方法のことを呼びます。
自動車担保ローン等とも呼び、車以外に信用になるものがない人にとっては便利とも感じてしまう現金調達方法ですが、反面、業者の中には法律に触れることをしている業者もあるため注意が呼びかけられている方法でもあります。

車金融は大きく分けて二種類あり、業者によってどちらか決まった一方の方式で融資を行っているのが一般的です。

1つ目の方法が担保にした車を利用することができる「乗ったまま融資」です。
融資後も融資前と同じように車の利用が出来るため、どうしても車の利用が必要な方や家族に内緒で融資を受けたい人が選ぶ傾向にあるようです。
2つめは車をいったん手放す「預かり融資」です。
「預かり融資」は、返済が完了するまで業者に車を預けるため、返済を続けている間は借主の手元に車がないことから、普段車を使っていない人や複数車を持っている人などが利用しています

業界内では車に乗りながら融資してもらう「乗ったまま融資」の業者が多いようで、実際利用者も車を利用しながらお金を借りれるため「乗ったまま融資」を選ぶ人が多い傾向のようです。

車検証の名義が変えられる

車金融を利用した場合、車を担保にしているあいだは、車の名義が車金融業者に変えられてしまいます
これは乗ったまま融資でも預かり融資でも同じであり、書類上は担保である車は自分のものではなく車金融業者の名義となります。
借入金額完済後は再び名義変更を行い無事、書類上もご自身の物となります。
※自動車保険や自動車税はご自身(借主)が払います

ローン返済中でも車金融は利用できるか?

自動車のディーラーローンが残っている場合、車検証の名義が借主ではなくてディーラーになっているため、車を勝手に担保にすることはできません。
すなわち車金融の利用は出来ません!
※自動車ローンの残りが少ない場合には、貸したお金で先に自動車ローンを完済して、名義を借主に変更することができる可能性もあるようです。

金利は決して安くない

車と言う担保がある事から、不動産担保ローンの様に低金利で高額を借りられそうイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、決して安い金利ではありません!
8~18.0%と表記する業者が多いようですが「乗ったまま融資」の場合には法定金利ぎりぎりの18.0%になる業者が多いようです。
金利18%で済めばまだ良いのですが、金利以外にも、手数料がかかる事や車を手元に置くためのリース料などを請求する業者も存在しているため、業界全体では決して低い金利とは言えません。

車金融のメリット

車金融のメリットとしてはまず、融資までの時間が早い事です。
車を持ち込む前に事前連絡を業者に入れ、車種や年式・カラーなどを伝えておくと30分~1時間程度で借入可能なこともあります。

車金融のデメリット

車金融のデメリットとして上げられる事柄は以下の内容と言われています。
■支払いが遅れると担保の車があっさりと転売されてしまう可能性が有る事
■担保の車に見合った融資しか受けられないこと
■リース料やレンタル料などの名目で金利とは別の手数料を要求される業者も存在すること
■金利の他に手数料がかかる事
などが挙げられます。

車金融は危険なのか?

結論から伝えると、業界全体では悪徳と呼ばれても仕方が無いような営業方針の業者が多いことから、危険と言う表現になってしまいます。
もちろん、必要経費以上の手数料やリース料などを請求しない真っ当な営業方針の車金融業者も存在しますが、あくまで車を担保に融資を行う事から「貸金業法」の「総量規制」対象に入っている融資であり、車金融での借入が可能ならば、審査の優しいカードローンなどに申し込みをチャレンジする方が良いでしょう。
また、総量規制を超えているにもかかわらず融資を行う業者はいわゆる闇金業者に近いため、利用は避けるべきです。

車金融は危険な業者が多いことや、真っ当な営業方針の業者の場合でも、メリットが少ないことから現金調達の手段としてはおすすめできない方法です。