クレジットカードの現金化で気を付けるべき利用停止前リストとは?

クレジットカードの現金化を検討している人の中には、現金化を行ったことがクレジットカード会社にバレることにより、クレジットカードが利用停止になることを心配している人も多いのではないでしょうか。

ネットで調べてみると、何回もクレジットカードの現金化ができている人もいれば、1回目で利用停止になってしまった人など一貫性がありません。

そのため、クレジットカードの現金化をする場合、何をするとクレジットカードが利用停止になってしまうのか不安になってしまいますよね。

そこで、基準になるのが利用停止前リストです。

クレジットカードの現金化を疑われて利用停止になる人は、事前にクレジットカード会社の利用停止前リストに入っていると言われています。

利用停止前リストとは一体どのようなものなのでしょうか。当記事では、クレジットカード会社の利用停止前リストについてご説明します。

カード利用停止

利用停止前リストとは

利用停止前リストとは、クレジットカードを利用して、現金化などの不正利用をする可能性が高い人を、クレジットカード会社がピックアップしたリストになります。

ギフト券などの現金化しやすい商品を購入する場合、何度購入しても問題無く決済が通る人と、1度も決済が通らずにそのままクレジットカードが利用停止になってしまった人がいるのは、利用停止前リストで判断されている可能性が高いのです。

つまり、利用停止前リストに入っている人は、クレジットカード会社に不正利用を疑われる利用履歴が見つかれば、すぐに利用停止になってしまうおそれがあります。

クレジットカード会社は、会員の利用履歴を自動プログラムで常に監視しているため、条件を満たせば、漏れなく利用停止前リストに入ってしまいます。

しかし、利用停止前リストは、クレジットカード会社から公開されていません。

そのため、ご自身がクレジットカード会社の利用停止前リストに入っているかは、確認することができないため、利用停止前リストに入ってしまう条件を確認して、利用状況と照らし合わせてみましょう。

利用停止前リストに入ってしまう条件

クレジットカード会社の利用停止前リストに入ってしまうのは、貸し倒れのリスクが高い人になります。

なぜなら、貸し倒れになりやすい人は、現金が無くて返済が困難になっているため、クレジットカードの現金化に手をだしやすいからです。

クレジットカード会社は、クレジットカードの現金化をされてから貸し倒れをされると損失が大きくなってしまいます。

そのため、貸し倒れになりやすい人が陥る利用状況を利用停止前リストの条件にすることで、現金化を未然に防いでいるのです。

たとえば、クレジットカードの利用停止前リストに入ってしまう条件には下記のようなものがあります。

・キャッシング利用枠を限度額まで使っている
・現金化しやすい商品を数回購入している
・クレジットカードの返済額を延滞している

ご自身のクレジットカードの利用状況が上記の条件に当てはまる場合は、クレジットカード会社に貸し倒れのリスクが高いと判断されて、利用停止前リストに入っている可能性があります。

キャッシング枠を限度額まで使っている

クレジットカードに付帯されているキャッシング枠を限度額まで利用している人は、クレジットカード会社の利用停止前リストに入る可能性が高くなります。

なぜなら、クレジットカードのキャッシングを限度額まで利用している人は、限度額以上に現金を借りることができないため、それ以上の現金を作るために、クレジットカードの現金化に手を出しやすい傾向があるからです。

また、クレジットカードのキャッシングと、消費者金融のカードローンは、貸金業で定められている総量規制により、個人年収の3分の1を越える金額を借りることができません。

つまり、クレジットカードのキャッシングを限度額まで利用している人が、クレジットカードの現金化を利用する場合、消費者金融からもすでに借入を行っており、多重債務者になっている可能性があるのです。

そのため、キャッシング利用枠を限度額まで利用している人は、クレジットカード会社から貸し倒れのリスクが高いと判断されることで、利用停止前リストに入れてられてしまいます。

現金化しやすい商品を数回購入している

クレジットカードの現金化がしやすいギフト券などの商品を購入している人は、利用停止前リストに入る可能性があります。

ギフト券などの現金化しやすい商品は、クレジットカード決済が認められていることから、常識的な利用範囲の決済であれば、購入することに何も問題がありません。

たとえば、親戚の子供へ大学の入学祝いに、高額のギフト券をプレゼントする目的であれば、決済に違和感がないため、クレジットカード会社に現金化を疑われる可能性が低くなります。

しかし、高額のギフト券を短期間で複数回購入した履歴があれば、定期的に現金化を行っている可能性があると判断されるため、利用停止リストに入ってしまうおそれがあるのです。

多くのギフト券は現金でも購入することができるため、あえてクレジットカードで複数回購入するのは、クレジットカード会社に現金化することが目的だと捉えられてしまう可能性があるためです。

最近では、クレジットカードでしか購入することができないアマゾンギフト券などが存在するため、現金で払わない理由をクレジットカード会社に詮索されないと思われがちです。

しかし、そのような場合でも、不正利用を防止するために提携店舗からクレジットカード会社へ、事前承認があると言われているので注意が必要です。

クレジットカードの返済額を延滞している

クレジットカードの利用残高の返済を延滞している人は、利用停止前リストに入ってしまう可能性があります。

なぜなら、クレジットカードの返済額を延滞している人は、現金が無いことから、資金繰りが厳しい状態にあると判断されるからです。

そのため、クレジットカードの利用残高を返済することが困難になったことから、クレジットカードの現金化をしやすい可能性が高いため、クレジットカードの返済額を延滞すると利用前リストに入ってしまうのです。

また、クレジットカードの返済金を滞納した状態になっていると、それ以上の決済ができないため、現金化するための商品を購入することができなくなります。

利用停止前リストに入ってしまうとどうなるのか?

クレジットカード会社の利用停止前リストに入ってしまった場合は、クレジットカードの利用停止一歩手前の状態にあります。

その状態でクレジットカードの現金化を行った場合、すぐにクレジットカードが利用停止になる可能性が高くなります。

また、利用停止前リストに入っている人は、クレジットカード会社にクレジットカードの現金化をすることを警戒されているため、現金化を行ったことがバレやすく、様々なリスクやペナルティを受けることになります。

現金化しやすい商品が購入しづらくなる

クレジットカード会社の利用停止前リストに入っている人が、クレジットカードの現金化に使用するための商品を購入しようとした場合、決済が保留され、購入することができなくなってしまいます。

通常であれば、クレジットカード会社からの利用確認電話や、サポートデスクへの電話で対応することで、決済することができるようになります。

しかし、利用停止前リストに入っている人の場合、クレジットカード会社に連絡をすると、利用停止は解除される可能性がありますが、ギフト券などの現金化しやすい商品の決済はできなくなる可能性があるのです。

強制退会の可能性がある

クレジットカード会社の利用停止前リストに入っている人は、クレジットカードの現金化がバレて強制退会になってしまうおそれがあります。

なぜなら、クレジットカード会社の利用停止前リストに入っている人は、貸し倒れのリスクが高いため、利用履歴を厳しく監視してクレジットカードの現金化を行わないかの確認をされているからです。

そのため、一般の人よりも現金化がバレやすくなってしまうのです。

クレジットカードの現金化は、多くのクレジットカード会社の会員規約で禁止にしており、会員規約違反をした場合は、強制退会のペナルティを受けることが明記されています。

三井住友VISAカードの会員規約の中には下記の記載があります。

第13条(会員資格の取消)
1.両社は、会員が次のいずれかに該当した場合、その他両社において会員として不適格と認めた場合は、通知・催告等をせずに会員資格を取消すことができるものとします。

(4)現金化を目的とした商品購入の疑い等、会員のカードの利用状況が不適当、もしくは不審があると両者が判断した場合

両社とは、三井住友カード株式会社と、提携する株式会社スルッとKANSAIのことになります。

つまり、クレジットカードの現金化がバレた場合は、事前連絡なしでいきなり強制退会になってしまう可能性があるのです。

利用停止前リストに入らないために気をつけること

クレジットカード会社の利用停止前リストに入ってしまうと、クレジットカードの現金化を行うことが難しくなります。

現金が不足したときに、クレジットカードの現金化が利用できなければ、支払いが間に合わず資金計画が崩れてしまうことも考えられます。

そのため、利用停止前リストに入らずに、クレジットカードの現金化がいつでも使える状態を保つには、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

キャッシング枠に余裕を持たせる

利用停止前リストに入らないために重要なことは、キャッシング枠を限度額まで利用しないことです。

なぜなら、クレジットカードのキャッシング枠に余裕を持たせることで、キャッシングを利用しなくても生活が維持できていると判断されるため、現金化が疑われる可能性が低くなるからです。

クレジットカードの現金化を利用する人の行動はある程度パターン化されています。

①クレジットカードのキャッシング枠を利用する
②消費者金融のカードローンを利用する
③借りる場所がなくなったので、クレジットカードの現金化を行う

つまり、キャッシング枠を限度額まで利用することは、クレジットカードの現金化を行う第一歩ということになるのです。

そのため、クレジットカード会社の利用停止前リストに入らないためには、クレジットカードのキャッシング枠を使い切らないことが大切になるのです。

現金化業者を利用する

クレジットカードの現金化は、専門の現金化業者を利用することで、決済内容が分かりにくくなるため、利用停止前リストに入りにくくなります。

なぜなら、クレジットカードの現金化業者は、クレジットカードの決済をする際に、決済代行業者を利用しているからです。

決済代行業者とは、クレジットカード会社の提携店になっていない店舗の代わりに、クレジットカード決済を受けるための業者です。

個人でクレジットカードの現金化をした場合、決済した店舗がクレジットカード会社にバレてしまうため、現金化しやすい商品を購入したことがクレジットカード会社のデータベースに記録されてしまい、利用停止前リストに入ってしまう可能性があります。

しかし、クレジットカードの現金化業者を利用した場合は、決済が代行業者の名前になるため、そこから先に何を購入したのかを調べるのが難しいのです。

また、買取方式の業者ではクレジットカードでしか購入できない商品を指定されているため、現金化と言いきれないため利用停止にはなりません。

そのため、現金化を行う場合は、クレジットカードの現金化業者を利用することで、クレジットカード会社に疑われにくいため、利用停止前リストに入りにくくなるのです。

まとめ

クレジットカードの現金化は、クレジットカードで決済できる商品を現金に換えているため、利用状態に問題が無ければ、購入をしても疑われることはありません。

しかし、ショッピング枠を限度額まで利用している場合や、返済に遅延がある場合には、現金が無くて困っている状態から、クレジットカードの現金化をしようとしていると、クレジットカード会社に疑われてしまうのです。

利用停止前リストのことがわからないと、クレジットカードの利用状況が悪い中で、ネットの情報を信じてクレジットカードを利用して現金化をすると、一発で利用停止になってしまうおそれもあります。

そのため、まずはご自身のクレジットカードの利用履歴を確認してみて、利用停止前リストに入っている可能性が無いか確認してみましょう。