クレジットカード現金化は手続き途中でもキャンセルできるか

現在、多くの業者が存在しているクレジットカード現金化ですが、その営業方針は業者ごとに様々であり、経営方針の違いにより利用者への対応も業者ごとに違いがあります。
利用者にとっては「クレジットカード現金化業者を利用する際に気になること」の一つとして手続き途中でもキャンセルが可能なのか?と言う事は重要な業者選びのポイントだと思います。
後から手数料や消費税を差し引いてくる業者が多く存在しているため、途中キャンセルが出来ない業者は利用者にとってハイリスクな手続きを行わされる危険な業者と言っていいでしょう。

キャンセル

業界全体での傾向

クレジットカード現金化業界での全体的な傾向として手続き途中のキャンセルは可能な店舗が多数を占めているようです。
厳密に伝えるとキャンセルできないやキャンセル可能でもcキャンセル料金が発生するなどと伝えてくる業者は少なくありませんが、強い意志で伝えれば業者側もトラブルを避けたいことからキャンセルは受け付けてくれます。
もちろん手続きの途中でもその手続き段階によってはキャンセルが不可能な場合もありますが、カード決済作業を行うまでは絶対にダメと言う業者は一部の悪徳業者ぐらいでしょう。

キャンセル料を請求してくるクレジットカード現金化業者の特長

当サイトでも調査した業者の中にもちらほらと途中キャンセルの場合にはキャンセル料がかかる事を匂わす業者の報告は受けています。
このような業者の特長は、問い合わせで実際に換金率(還元率)を質問しても申込を行い、身分証明証・クレジットカード情報を送らないと教えてもらえない業者に多いようです
このような業者は実際の換金率(還元率)がサイト記載の換金率(還元率)とは大きく違いがあり、実際の振込み金額を伝えた際にあまりにも低い換金率のためキャンセルされることを防ぐ意味合いがあるのだと思います。
ただし、実際にキャンセル料を請求されるかと言うと、先にも書いたようにトラブルになる事を避けて行わない業者の方が多いと推測できます。

悪徳な業者も存在する

先に「実際にキャンセル料の請求する業者は少ない」と書いてはいますが中には悪徳な業者も存在するため油断は大敵です!
クレジットカード情報を全て伝え、決済作業を業者スタッフが行う手続き方法のクレジットカード現金化業者でキャッシュバック方式の業者の場合には業者側がキャンセル料金名目で簡単に決済することも可能なため、悪質な業者の場合にはキャンセル料をクレジットカード決済で支払われることもあります。

手続き過程によってはキャンセルできないこともある

ストップ

手続き途中のキャンセルと言っても、そのキャンセルのタイミングは様々で手続きの進み具合いによってはキャンセルが出来ないこともあります。
通常のネットショッピングでも商品発送後のキャンセルはNGな店がある事や、旅行予約などの場合には当日キャンセルの場合、キャンセルは出来るがキャンセル料がかかることもあります。
レストランなどでは料理がテーブルに運ばれてきた段階でのキャンセルはほぼNGです。
どの業界でも手続き途中のタイミングによってはキャンセルが出来ないことがあるのは不思議な事ではありません。
クレジットカード現金化業界も同様であり、そのタイミングは買取方式かキャッシュバック方式かによっても違いがあります。
通常、買取方式の場合は業者指定の商品を利用者が購入する為、購入商品が業者側に届くまではキャンセル可能な場合が多いです。
ただしこの場合には指定された購入商品のキャンセル作業は利用者がおこなう必要性が有ります。
キャッシュバック方式の場合は決済手数料などを業者側が負担する為、業者販売商品を購入(決済完了)後のキャンセルはできないとする業者がほとんどです。

お手続き内容によってキャンセルも考えているなら

クレジットカード現金化業者選びの際に後から手数料や消費税を差し引かれることや、その他の不安要素から手続き途中でのキャンセルも考えている場合には、キャンセル可能でキャンセル料を取られる心配もない買取方式の業者を選択する方が賢明でしょう。