クレジットカードを使って図書カードの現金化はできるのか?

入学祝いや景品などでもらうことが多いのが図書カードです。

しかし、書籍を購入する機会が少なく、いつの間にか引き出しの奥にしまっている人も多いのではないでしょうか。

実は、図書カードは金券ショップでも人気の商品で、換金率が高く現金化に適した商品なのです。

そのため、使う予定のなかった図書カードがあれば、現金化をすることで他の商品を購入することができます。

しかし、従来あった図書券や図書カードは現在販売をしていないため、新たに購入することはできません。

現在販売されているのは図書カードNEXTという新しい規格の図書カードになります。
実は、この図書カードNEXTもクレジットカードの現金化に利用することができるのです。

当記事では、図書カードNEXTを使ったクレジットカードの現金化をする方法をご紹介します。また、図書カードNEXTの仕様についても説明していますので、図書カードNEXTをつかった現金化に興味のある人は参考にしてください。

図書券

図書カードNEXTとは

図書カードNEXTは、日本図書普及株式会社が発行する全国共通図書カードになり、2016年の6月から発行が始まった次世代の図書カードです。

1960年から発行されていた、ギフトカードのような紙製の図書券は2005年に販売が終了しており、1990年にはプリペイド式の図書カードが発売されていましたが、2016年に販売が終了しており、現在は図書カードNEXTのみが販売されています。

図書カードNEXTは、従来の図書券や図書カードと比べても新しい機能が追加されています。

図書カードNEXTの新しい機能のひとつに支払い方法があります。

図書カードNEXTの裏面にはQRコードが印刷されており、店舗にある専用端末で読み込むことで、決済が可能になります。

図書カードNEXT一枚一枚の残額や、利用履歴の情報は全てデータサーバで一括管理されているため、従来の図書カードのように利用残高をパンチングの穴で確認する必要がありません。

また、図書カードNEXTは、従来の図書カードとは異なり、紙製のカードになるので、磁気による影響をうけなくなっています。

さらに、図書カードNEXTでは、図書カードの裏面に記載されているID番号とPIN番号を、図書カードNEXTの公式サイト内にある残額確認のページに入力すると、図書カードの残額や利用履歴を確認できるようになっているのです。

そのため、わざわざ店舗にいって残高確認しなくても、スマホやパソコンがあればどこでも残高確認をすることができるようになったのです。

従来の図書券や図書カードは、現在販売はされていませんが、引き続き店舗で使用できることができます。

しかし、現在新規で購入することができるのは、図書カードNEXTのみになります。

図書カードNEXTはどんな種類があるのか?

図書カードNEXTの券面デザインは、現在10種類発売されています。

また、記念品や景品、プレゼント用にオリジナルデザインの図書カードNEXTをつくることもできます。

オリジナル図書カードNEXTは、発行元である日本図書普及株式会社の100%子会社である株式会社カードサポートに依頼することで作成することができます。

現在発行されている図書カードNEXTの額面の種類は下記の通りです。
・500円
・1,000円
・2,000円
・3,000円
・5,000円
・10,000円

図書カードNEXTは全国の書店で使うことができますが、最近では書店でも文房具や雑貨なども取り扱っているため、高額な図書カードNEXTをもらっても、書籍以外の様々な商品と交換することができます。

また、取扱店の中には、幅広い雑貨を取り扱う「ヴィレッジヴァンガード」も提携しているため、生活雑貨や趣味に関係する商品とも交換することができることから、図書カードNEXTは幅広い用途に使うことができます。

ただし、決済には特殊な端末が必要になるため、ネット通販では使うことができません。たとえば、amazonや楽天などから電子書籍を購入する場合には、図書カードNEXTは利用することができないのです。

図書カードNEXTをクレジットカードで購入する方法

図書カードNEXTは、全国の書店や、百貨店などの取扱店で購入することができます。
しかし、購入には現金のみの店舗が多く、クレジットカードで購入することが難しくなっています

高島屋であれば図書カードNEXTをクレジットカードで購入できる

多くの取扱店は現金だけの販売になっている中、百貨店の高島屋では、図書カードNEXTをクレジットカードで購入することができます。

高島屋の公式サイトでは、図書カードの購入方法として下記の記載があります。

■現金以外に、商品券、ギフトカード、お買物券、商品お取替券、
クレジット(1回払いのみ)がご利用いただけます。

このことからも、クレジットカードで図書カードNEXTを購入する場合は、高島屋であればスムーズに購入することができることがわかります。

クレジットカード払いは一括のみの対応ですが、決済後にクレジットカードの支払い回数や支払方法を変更することで、分割で購入することも可能になります。

クレジットカードの国際ブランド関係なく購入することができる

高島屋の公式サイトには、図書カードNEXTを購入する際のクレジットカードの国際ブランドによる制限の記載がないので、代表的な国際ブランドであれば利用することができます。

換金性の高いギフト券などは、購入に使用できるクレジットカードが限定されている場合があるので、持っているクレジットカードによっては現金化できない場合があります。

しかし、高島屋で図書カードNEXTを購入する際には、クレジットカードの国際ブランドが関係ないため、現在所持しているクレジットカードを気にせず利用することができます。

図書カードNEXTを換金する方法

図書券や図書カードは多くの金券ショップでも取り扱いがあるため、買取りを受け付けているのですが、図書カードNEXTを買取りしている金券ショップは多くないのです。

なぜなら、図書カードNEXTは、従来の図書カードと異なり、利用してもパンチングによる穴が開かないため見ただけでは残額が残っているかの判断がつかないからです。

図書カードNEXTは、公式サイトにカード情報を入れることで残額を確認することができるのですが、買取りの枚数が多い場合、一枚ずつ確認していると手間がかかってしまうため、買取りを行っていない金券ショップが多いのです。

また、図書カードNEXTを取り扱っている金券ショップは、買取りの際にPIN番号部分を削ってしまうと買取り額が下がってしまうので注意が必要です。

図書カードNEXTの裏面には、付帯されている金額の盗難を防ぐために、PIN番号の部分にシールで封がしてあります。購入後にはPIN番号のシール部分を削ってから使用するのですが、この部分にシールがしてあると、未使用品だという証明になるのです。

そのため、金券ショップは図書カードNEXTのPIN番号の部分を確認すれば、わざわざ残価を確認しなくても良いので、手間がかからないため、買取り価格が下がらないのです。

ですから、現金化目的で図書カードNEXTを購入する場合には、PIN番号のシールを削らないようにしましょう。

図書カードNEXTの換金率は高い

買取ってもらえる金券ショップが少ない図書カードNEXTですが、取り扱っている金券ショップでは換金率が90%を越えているところが多いため、換金率の高い商品だといえます。

換金率が高い理由としては、お祝いの品や景品で人気があることや、利用できる店舗が多いことがあげられます。

たとえば、大学生であれば、入学の際に揃える教材は、大学内の購買で購入することも多く、図書カードNEXTが利用できることも多いのです。

その他にも、図書カードNEXTは様々なシーンで利用される機会が多いので需要が高いことから、現金化に適した商品だと言えるでしょう。

図書カードNEXTは未成年がもらう機会が多いと思いますが、入学祝いなどで高額な図書カードNEXTをもらったからと言って、換金して別の商品を買おうと思っても、20歳未満の未成年では金券ショップでの買取りを受け付けていないので覚えておきましょう

金券ショップ以外でも換金することができる

金券ショップ以外で図書カードNEXTを換金する場合は、オークションサイトがおすすめです。

大手オークションサイトのヤフオクで図書カードNEXTの出品履歴を確認すると、5,000円分の図書カードNEXTが4,700円で落札されていたり、100,000円分の図書カードNEXTが95,000円で落札されていたりと、いずれも95%に近い価格で取引されています。

近くにある金券ショップで図書カードNEXTの買取り不可の場合や、ネットの買取り業者を使うのが不安だという人は、オークションを利用すると高換金率で図書カードNEXTを現金化することができます。

ただし、ヤフオクの場合、出品者が送料や手数料の負担をしなければいけません。そのため、定価に近い価格で落札されたとしても、その後の手数料を差し引くと換金率が下がってしまいます。

さらに、ヤフオクへの出品はプレミアム会員という有料会員になる必要があり、月額462円(税抜)がかかってしまいます。

図書カードNEXTの現金化の際に気を付けること

図書カードNEXTを現金化するときにはいくつかの気を付ける点があります。

換金率を下げないために重要なことなのでしっかりと確認しておきましょう。

紙製なのでキズ・汚れが付かないように気を付ける

図書カードNEXTは紙製のため、表面にコーティングが施されているのですが、従来のプラスチック製に比べてどうしてもキズや汚れに弱くなっています。

図書カードNEXTの買取りを行っている金券ショップでも、キズや汚れがある場合は買取り価格が下がってしまいます。

さらに、折れや曲がりがある場合には買取り不可になる場合もあるので、せっかく購入した図書カードNEXTが現金化できなくなってしまわないように、取り扱いは注意しましょう。

有効期限があるので早めに現金化する

図書カードNEXTには10年間の有効期限があります。

従来の図書券や図書カードには、有効期限が無いため、いつでも使うことができることから金券ショップでの換金率も高いのですが、図書カードNEXTは有効期限があるので、時間が経過すると買取り価格が低くなる可能性があります。

図書カードNEXTの有効期限はカード裏面に記載されているので確認することができます。

一度に高額決済をすると現金化を疑われる

図書カードNEXTを一度に大量に購入し、決済が高額になるとクレジットカード会社に現金化を疑われてしまうおそれがあります

クレジットカード会社は、会員の利用履歴を自動プログラムによって常に監視しています。

そのため、いきなり高額な決済があった場合は、自動プログラムに発見されてしまい、決済が保留されクレジットカード会社から電話連絡が入ることがあります。
高島屋でクレジットカードを利用し図書カードNEXTを購入した場合、クレジットカード会社には購入した店舗情報はわかりますが、購入した商品名まではわかりません。

そのため、電話確認があった場合は、クレジットカードの決済がカード所有者の利用であるかの確認と、購入しようとした商品と目的を尋ねられます。

その場合は、カード所有者の利用であることと、図書カードを親戚の入学祝いのために購入することを伝えてクレジットカード会社に納得してもらえれば決済をすることができます。

たとえ少額であったとしても、今まで全く使っていなかったクレジットカードを使った場合にはクレジットカードの不正利用を疑われてクレジットカード会社から電話連絡がかかってくることがあります。

そのため、事前に購入理由を考えておくと電話連絡の際に焦らずスムーズに決済を進めることができます。

また、日頃のクレジットカードの利用状況も大切になります。クレジットカードの返済額を延滞していたり、キャッシング利用枠を限度額まで使っていたりすると、電話連絡なしに急に利用停止になってしまうおそれがあります。

まとめ

図書カードNEXTは、高島屋であれば、クレジットカードで購入することができ、換金性が高いので、現金化に優れた商品だと言えます。

しかし、材質が紙のため取扱いに気を付けなければいけないことと、有効期限があるため現金化する際には注意が必要です。

そのため、購入したらすぐに現金化をすることで換金率を上げることができます。

ただし、一度の購入金額が高額になってしまうことや複数回利用した場合はクレジットカード会社に現金化を疑われてしまうおそれがあるので気を付けましょう。