アメックスカードを利用したクレジットカード現金化の注意点

AMERICAN EXPRESS(アメリカン・エキスプレス:以下アメックス)は、VISA(ビザ)、MasterCard(マスターカード)、JCB(ジェイシービー)、DINERS CLUB(ダイナースクラブ)と共にクレジットカードの5大国際ブランドと呼ばれています。

アメックスが独自で発行しているプロパーカードは、発行するための審査基準が高く、利用限度額も高いことで有名なクレジットカードです。

そのため、アメックスカードのステータス性を重視して持っている人も多いのではないでしょうか。

実は、急な出費で現金が必要なとき、アメックスカードを利用することで現金化をすることも可能なのです。

しかし、アメックスカードは、カード利用者を強く監視しているため、現金化に利用するには注意が必要になります。

この記事では、アメックスカードを利用したクレジットカードを現金化する方法を解説しています。現金化時の注意点についても触れていますので、参考にしてください。

amexカード

アメックスカードの種類

アメックスカードには、大きく分けてプロパーカードと提携カードの2種類があります。

現金化する際にも2種類のアメックスカードで手順が多少異なるので注意が必要です。

アメックスのプロパーカード

プロパーカードとは、国際ブランドであるアメリカン・エキスプレス社が発行しているクレジットカードになります。

アメックスのプロパーカードは、ステータスが高いクレジットカードと言われており、一番グレードの低いグリーンカードでも、年会費が12,000円(税抜)と高額設定になっています。
また、審査基準も高く、年収や勤続年数がある程度なければ審査に通過しないと言われています。

プロパーカードの特徴は、利用限度額が設定されておらず、信用があれば高額の決済も可能になるというところです。

たとえば、高額商品を購入したい場合、アメックスカードに連絡をして承認をもらうことができれば一時的に利用枠が増加するので高額商品を購入することができるのです。

そのため、高額な決済が多い人は、クレジットカードの利用枠が決まっていないアメックスカードはとても便利なのです。

アメックスの提携カード

アメックスの提携カードは、楽天カードや、セゾンカード、ANNカードなどのクレジットカード会社が発行するクレジットカードにアメリカン・エキスプレスの国際ブランドがついたものです。

年会費や審査基準は、発行元のクレジットカード会社に依存しているため、提携カードであれば、年会費無料や、審査基準などで手に入れやすいのがメリットです。

しかし、プロパーカードに付帯されている特典は利用できません。
提携カードでは、アメックスと提携している店舗の決済に利用することができるというのがポイントになります。

アメックスカードを現金化する方法

アメックスカードを現金化する方法は大きく分けて下記の2つになります。

・アマゾンでアマゾンギフト券を購入して金券ショップで売却して現金化をする
・現金化業者を利用して現金化をする

プロパーカードも提携カードも、利用する店舗がアメックスの加盟店であれば決済に使うことができます。

しかし、プロパーカードの場合、現金化をする前には、アメックスカードの事前承認が必要になる場合があります。

事前承認とは、アメックスカードで高額決済をする前に、アメックスに連絡をして高額決済の承認を受けることです。

アメックスの公式サイトには下記の記載があります。

“カード会員様のご利用状況や資産状況に応じて、随時カードご利用可能枠を設定しております。通常よりも高額のカードご利用時には、事前承認手続きをお勧めいたします。”

つまり、アメックスカードは、利用限度額の明確な設定がされていないため、カード所有者は、持っているアメックスカードでいくらまでの買い物ができるのかわからないのです。

アメックスの公式サイト内にあるマイページにログインし「カードご利用可能額の確認」を利用することで、現金化しようとしている金額が決済可能であるかの確認を行うことができます。

仮に、入力した金額が利用できないと表示されたら、金額を下げるか、事前承認を行うことの検討が必要になります。

事前承認の際に購入商品を聞かれた場合、現金化を疑われるような商品を答えてしまうと承認が通らない可能性があります。

アメックスは、カード利用者が決済しようとする店舗の名前はわかりますが、何を購入したかまでは分かりません。
そのため、現金化を疑われない商品を伝えることで事前承認を通すことができます。

アマゾンギフト券を購入して現金化する

アメックスカードは、アマゾンの決済に利用できるので、アマゾンギフト券を購入して、専門の金券ショップで売却することで現金化が可能になります。

アマゾンギフト券とは、ショッピングサイトのamazon内のショッピングに利用できるギフト券です。

アマゾンギフト券には、実物のあるカードタイプやギフト券タイプと、実物が無くギフトコードのみが発行されるEメールタイプがあります。

アメックスカードを利用して現金化するのに適したアマゾンギフト券は、Eメールタイプです。

Eメールタイプであればギフトコードが発行され、メールで届くだけなので、カードや券が手元に届くのを待つことや、金券ショップに送る手間がありません。

また、15円から50万円まで1円単位で発行できるので、必要な金額を無駄なく現金化することができます。

アマゾンギフト券は換金率も高く、専門の金券ショップでは85%前後の換金率で現金化することができるのです。
(ただし、買取専門の業者の場合はギフト券が利用できるか確認作業があるため、金額によっては買取完了までに1週間ほどかかる場合もあります)

また、アマゾンギフト券専門の金券ショップは、ネット上で営業しているところが多いため、スマホかパソコンがあれば、アマゾンギフト券のEメールタイプを利用することで家に居ながら現金化をすることが可能です。

ただし、アメックスカードでアマゾンギフト券を購入するときは、事前承認が必要になる場合があります。

さらに、アメックスカードでアマゾンギフト券を購入することをアメックは好意的には受け取らないようです。

そのため、事前承認の際に購入商品を伝える場合は、アマゾンギフト券以外の商品名を伝えなければいけません

なぜなら、アマゾンギフト券は、現金化をすることができてしまうので、アメックスカードでは、amazonギフト券の購入は認めていないとオペレーターに教育しているからです。

そのため、アマゾンギフト券の購入はアメックスカードの担当部署によって見解が分かれており、担当者によっては承認されない場合があります。

アマゾンギフト券を購入できなかった人の中には、事前承認の際に、利用限度額や支払状況を管理する部署でNGを出されてしまい決済ができなかったケースもあるのです。

ただし、事前承認が受けられれば、高額決済が可能になるので、高額な現金化ができる可能性が高くなります。

提携カードの場合は、プロパーカードと違い事前承認は不要です。

しかし、提携カードの場合、利用枠が決まっているため、限度額以上のアマゾンギフト券を購入することはできません。

また、一度に高額な決済を行うと、現金化を疑われる可能性があるため注意が必要です。

現金化業者を使う

キャッシュバック方式、買取り方式の現金化業者を利用してアメックスカードの現金化をすることができます。

以前は、現金化業者が利用している決済代行業者がアメックスカードに対応していなかったため、利用できる場所が少なかったのですが、2018年末頃から決済に対応する業者が増え始めています。

ただし、プロパーカードでは、現金化業者を利用する前には事前承認が必要になる場合があります。

アメックスカードの事前承認の際には、利用目的を現金化業者以外の言い訳を考えておきましょう。

アメックスカードを現金化するときの注意点

アメックスカードは、現金化をする際に注意することがあります。

監視が強くて警戒されやすいので現金化の定番商品は購入しない

アメックスはステータス性を重視しているため、ブランド価値を守るためにカード保有者の利用状況を他の国際ブランドよりも厳しく監視しているといわれています。

そのため、現金化の定番アイテムになっている、新幹線の回数券を購入すると、現金化を疑われてしまうので、現金化をしにくいのです。

アメックスカードで現金化をする場合は、現金化業者を利用するなど決済がわかりにくい方法で現金化をするようにしましょう。

現金化業者を利用すると換金率が下がる場合がある

アメックスカードで現金化業者を利用すると、他の国際ブランドのクレジットカードと比較して換金率が下がる場合があります。

その理由は、アメックスは決済代行手数料が高いからです。

決済代行会社の違いにもよりますがクレジットカードを決済したときにブランドに支払う手数料はVISAやMASTERで6%程と言われています。

一方で、アメックスの場合は、8~10%程かかると言われています。

例えば、100,000円分の現金化を現金化業者で決済した場合に現金化業者が支払う手数料は下記のようになります。

VISA、Mastercard:100,000円×6%=6,000円

アメックス:100,000円×10%=10,000円

決済手数料は、国際ブランドに加盟している店舗が支払うのですが、結局は換金率に反映されてしまうので利用者の負担になってしまいます。

そのため、アメックスで現金化をする場合は、換金率をきちんと確認する必要があります。

アメックスのカードで現金化がバレないための対策

アメックスカードを使って現金化をすることは可能ですが、怪しい決済をすればアメックスに現金化を疑われてしまうおそれもあります。

アメックスに現金化をバレてしまうとペナルティを課せられてしまいます。

アメックスに現金化がバレないためにはどのような対策が必要なのかご紹介します。

新規で作ったばかりのカードは現金化しない

新規で発行したアメックスカードは信用が低いため、現金化に利用するとアメックスに現金化が疑われてしまうおそれがあります。

そのため、発行されたばかりのアメックスカードを現金化に利用することはやめましょう。

利用履歴を育てておく

アメックスカードのプロパーカードは、利用履歴を重ねるごとに信用が上がり決済金額の上限があがってきます。

Amazonギフトカードをアメックスカードで購入している人の中には、毎月数十万円の利用を数年続けて購入している人もいれば、初回でも購入できない人もいます。

それらの違いは、今までの購入実績からくる信頼によるものなので、アメックスカードを利用して現金化をする場合は、利用履歴を作って実績を積むことが大切です。

アメックスカードで現金化をしても信用情報に傷は付かない?

アメックスカードで現金化をしても、信用情報に傷はつきません。

信用情報とは、個人のクレジットカードやローンの契約内容や返済状況が登録されている情報になり、個人信用情報機関で管理されています。

返済額を一定期間滞納した場合や、自己破産などの債務整理を行い返済額の減額や免除を受けた場合には、信用情報に金融機事故情報が登録されます。

信用情報に金融事故が登録されると、信用情報に傷がついた状態になります。

つまり、アメックスカードで現金化を利用しただけでは信用情報に傷はつきませんが、現金化で作った借金を返済しなかった場合には信用情報に傷がつくことになります。

ただし、アメックスカードの会員規約の中には、現金化を禁止する項目が記載されています。

現金化を行ったことがアメックスカードにバレてしまったら、会員資格の一時停止および取消しのペナルティを課せられます。

さらに、現金化を行ったことは社内データベースに永久に保管されると言われており、社内ブラックになることで、同じ会社のクレジットカードを作れる可能性が低くなりますので注意しましょう。

まとめ

アメックスカードは、現金化に対する監視が強いため、現金化が難しいクレジットカードになります。

プロパーカードの場合は、利用金額が決まっていないため、信用があれば一度に高額な現金化をすることも可能になります。

しかし、現金化がバレてしまえば、せっかく作り上げてきた信用が全てなくなってしまうのは非常にもったいないです。

アメックスカードしか持っておらず、どうしても現金化をしなければいけない状態であれば現金化業者を利用することをおすすめします。

現金化業者であれば、クレジットカード会社にバレにくい決済ノウハウを持っているため、個人で現金化するよりもバレにくいので安全です。

当サイトでは、優良な現金化業者を多数ご紹介しています。

ぜひ、参考にしてみてください。