Amazonギフト券での現金化は安全?危険?

クレジットカード現金化の方法は大きく分けて2種類です。
キャッシュバック方式と買取方式の2種類となりますが、買取方式での現金化業者が主に購入対象とする代表的な商品として有名なのが、Amazonギフト券です。
インターネット上での情報には、Amazonギフト券での現金化は「カード利用停止につながる」等の情報も見受けられますが、事実ではありません!
現金化業者がメインで取り扱うAmazonギフト券は「Eメールタイプ」と言う種類で、この「Eメールタイプ」のギフト券はクレジットカードでしか購入できない商品であり、全てのクレジットカードで利用できる商品となっています。

Amazonギフト券

Amazonギフト券での現金化は危険ではありません

先にも説明した内容と重複しますが、クレジットカード現金化業が取り扱うAmazonギフト券の主流は「Eメールタイプ」であり、この「Eメールタイプ」のギフト券を購入する方法はクレジットカード支払いしかありません。
クレジットカードでしか購入できない商品を、カード決済することで、利用したクレジットカードが利用停止になること自体が矛盾する内容となります。
また、カード会社として購入を全面的に禁止しているのなら、Amazon内で決済自体が出来ないクレジットカードとして表示されているのが通常であり、その表示もないことから、購入が禁止されていないと言えます。
一部事前承認が必要なクレジットカードの場合はオペレータの知識不足から「ギフトカード」と単語だけで事前承認が下りないこともありますが、ネットでの承認や、電話ガイダンスで承認を取れば問題なく購入可能です。

ここまでの説明でなぜ「Amazonギフト券での現金化は危険」という情報が流れたのか不思議に思う方もいらっしゃると思います。
その理由として考えられるのは、ネット上の「Amazonギフト券での現金化は危険」とする内容を記載するサイトをよく見てみると判明する事実として、それらのサイトは必ず、キャッシュバック方式の現金化業者をおすすめしていたり、カードローンや消費者金融の広告を出しているサイトとなっています。
これらの事実から「Amazonギフト券での現金化は危険」と言う情報の元は、自社のサービスに、Amazonギフト券買取方式のお客を誘導するための事実とは異なる記事と思われます。
とりわけ、キャッシュバック方式は数年前に摘発された業者があり、その事実からキャッシュバック方式イコール危険と言うイメージがついてしまいました(実際何かトラブルに巻き込まれる可能性も捨てきれません)、そのイメージからか、買取方式の現金化業者に乗り換えた利用者も多く存在する為、買取方式の現金化業者から利用者を取り返す必要があり、このような事実とは異なる情報を流すことを行っているものと考えられます。

クレジットカードの利用履歴に傷がある場合には購入自体が出来ないことがある

Amazonギフト券での現金化は全ての利用者が問題なく手続きできるか?となると、全ての人と言うわけではありません。
購入することで即カード利用停止になることはありません(もちろん、ご自身でカード会社に現金化の為にギフト券を買ったと伝えた場合は利用停止になる可能性もあります)
ただし、過去に新幹線の回数券を数回購入してカード会社から利用枠の制限をかけられている人や、支払いが数回遅れているような方はギフト券の決済承認が下りず、購入自体が出来ない場合があります。

Amazonギフト券購入の際の注意点

Amazonギフト券は他のAmazon商品を購入する際より、利用するクレジットカードの確認が厳しくなっています。
そのため、Amazonのアカウントにクレジットカードを登録する際には必ずクレジットカード会社に登録した請求先情報と同じ内容を登録する必要があります。
この情報が違った場合には、Amazonにクレジットカード会社に登録してある正しい請求先情報を、メールで返信する作業が増えてしまいます。(高齢者の場合には情報に間違いがない場合でも確認のメールが届くことがあります)
また、初回利用時にはギフト券発送までに時間がかかる事があるため、急ぎで利用を考えている場合には、時間に少しゆとりをもって利用する必要があります(2回目以降はスムーズにギフト券が発送されます)

Amazonギフト券はプレゼント用としてAmazonが進めている商品です

Amazonギフト券は誕生日やお祝いの品としてAmazonが進めている商品であることから、ご自身以外のメールアドレス宛に送ることが通常であり、不自然さはありません。
また、カード会社より万が一、電話などがあり、Amazonギフト券を購入したことを伝えてしまった場合にも、プレゼント用として購入したと説明がしっかりでき、それ自体に問題は全くありません。
法人での利用もAmazonは進めている為、もちろん法人カードも利用することが可能となっています。
基本、クレジットカードの所持者側に問題が無ければ安心してクレジットカードで購入できる商品と言っていいでしょう。