悪質な現金化業者を判断できればクレジットカードの現金化は怖くない

クレジットカードの現金化は、消費者金融や銀行のローン商品のような審査がないため、手軽に現金を手に入れる手段として、利用を検討している人もいるのではないでしょうか。

クレジットカードの現金化は、現金化業者を利用することで、年収額や勤続年数に関係なく安全に現金を手に入れることができるためおすすめです。

しかし、クレジットカードの現金化業者をインターネットで検索すると、「現金化業者に騙された」「現金化業者に脅されて悪い条件を飲まされた」といった情報がでてくるため、利用するのをためらっている人も多いと思います。

確かに、クレジットカードの現金化は、法律の規制がないため、現金化業者を利用する際にトラブルが発生しやすいのも事実です。

そのため、トラブルを回避して安全に現金化を行うためには、現金化業者に対する正しい知識を得ることが大切です。

クレジットカードの現金化業者に対する正しい知識があれば、優良な現金化業者を判断することができるため、トラブルを回避し、必要な現金をすぐに手に入れることができます。

当記事では、悪質な現金化業者の見極め方について解説します。

悪質業者

クレジットカードの現金化は違法ではない

クレジットカードの現金化と聞くと、現金が無くてどうしようもなくなった人が、違法な怪しい方法で、現金を手に入れるというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

実は、クレジットカードの現金化は違法ではないため、現金化を行ったことが警察にバレたとしても、逮捕されることはありません。

なぜなら、クレジットカードを現金化する手順は、クレジットカードに付帯されているショッピング枠を使って購入した商品を現金に交換するだけなので、違法性が全くないからです。

クレジットカードの現金化をするために購入する商品は、ギフトカードやブランド品など換金性の高い商品ですが、決して違法なものを決済するわけではありません。

また、クレジットカードで購入した商品を換金するのは、金券ショップやブランド買取り専門店であることが多いため、換金する場合も違法な場所ではありません。

つまり、クレジットカードの現金化は、商品の決済から換金するまで違法性が全くないのです。

そのため、クレジットカードの現金化が警察にバレても、逮捕される心配はないので、安心して利用することができます。

クレジットカードの現金化がバレると利用停止になる

クレジットカードの現金化には、クレジットカード会社に現金化がバレるとペナルティを科せられるリスクも存在します。

なぜなら、クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社の会員規約で禁止にされているため、現金化がバレると、クレジットカードの利用停止や、強制退会になってしまう可能性があるからです。

クレジットカードの現金化が会員規約違反になっているのは、貸し倒れのリスクにつながるからです。

クレジットカードの現金化は、どこからも借り入れができない、多重債務者や無職の人など返済能力の低い人が行う可能性が高いため、すぐに返済が困難になってしまい、利用残高の滞納や返済不可になりやすいのです。

クレジットカードのショッピング枠を利用して、商品を購入する場合は、クレジットカード会社が利用者の代わりに、購入代金を一時的に立て替えてくれており、後から利用者に請求をして回収します。

そのため、クレジットカード会社が利用者から利用残高を返済することができないと、貸し倒れになってしまい、資金の回収が困難になるため、回収できなかったお金は損失になってしまいます。

もし、クレジットカードの現金化を禁止にしなければ、現金化を行う人が増えるため、クレジットカード会社の損失が膨らんでしまうのです。

そのような状況になれば、クレジットカード会社の利益が減り経営状態の悪化につながってしまうため、クレジットカードの現金化を禁止にしているのです。

クレジットカードは会員の利用履歴を常に監視している

クレジットカード会社は、クレジットカードの不正利用を24時間365日監視しています。

そのため、クレジットカード会社は、クレジットカードの所有者が在住している国ではない全く別の国で決済があった場合や、全く利用が無かったクレジットカードで急に高額な決済があった場合などは、クレジットカードの所有者に電話連絡をかけて、本人の利用であるかの確認を行うのです。

クレジットカードの不正利用の大半は、盗難によるものですが、クレジットカードの現金化も不正利用になるため、クレジットカード会社は監視をしています。

たとえば、キャッシング枠を限度額まで使っている場合や、毎月の返済が度々遅れる人、リボ払いをしているという人は、クレジットカード会社に現金が無くて困っている人という判断をされるため、現金化を疑われやすくなります。

そのため、現金化業者を利用する以前に、クレジットカードの利用状況が悪いと、現金化ができない可能性があるため、日頃の利用状況を良好に保つようにしましょう。

インターネットの情報とは異なる現金化業者の実態とは

インターネットで現金化業者を検索すると、闇金と一緒だから絶対に利用しない方がいいとかいてあるサイトもあります。

闇金は、貸金業者の登録をしていないのに、貸金業を営んでいるため違法です。

一方で、現金化業者の場合は法律に反していないため、違法ではありません。

このように、インターネット上では、ウソの情報がたくさん載せられているのです。

そのため、現金化業者を利用する場合は、正しい情報を手に入れ判断することが重要になります。

現金化業者を利用しても怖い人はでてこない

クレジットカードの現金化業者は、利用者のクレジットカードのショッピング枠を現金化することで手数料を受け取り利益にしています。

そのため、現金化業者は、闇金のようなところで、利用した後に怖い人がでてきて無理矢理契約させられるというイメージをお持ちの人もいるのではないでしょうか。

しかし、実際に現金化業者に連絡をすると、女性オペレーターが対応しているところも多く、丁寧な対応をしてくれるので、安心して利用できることが分かります。

なぜなら、対応の悪い現金化業者は、すぐに情報が拡散してしまい、利用者がいなくなってしまうからです。

現金化業者は、クレジットカードの現金化をした際に発生する手数料が売上になるため、利用者がいなければ、売り上げが無いので営業を続けることができません。

また、現金化業者は、インターネット上に数多く存在するため、サービスや対応が悪ければ、すぐに他の現金化業者を利用されてしまいます。

そのため、現金化業者は、業界の中で生き残っていくために、利用者が使いやすいサービスや丁寧な対応を常に追求しており、利用者に不快感を与えることがないように努力しているのです。

現金化業者を利用しても取り立てはない

クレジットカードの現金化のために現金化業者を利用しても、現金化業者から後日取り立てがくることがありません。

なぜなら、クレジットカードの現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用するため、クレジットカード会社から請求がくるからです。

つまり、現金化業者は、ショッピングで利用した店舗と同じ扱いなので、決済が終わってしまえば、関わることが一切ありません。

現金化業者を利用する場合には、本人確認書類の提出が必須になるため、住所などを知られてしまいますが、それによって現金化業者から取り立てがくることはないので安心してください。

悪質な現金化業者の見極め方

消費者金融や信販会社などの貸金業者は、貸金業法という法律を順守して営業をしているため、利息の上限や、取り立ての基準が厳しく定められていますが、クレジットカードの現金化には、法律の規制がありません。

そのため、現金化業者を利用する際には、消費者が自分自身の判断で現金化業者を選別し、自己責任で利用することになります。

クレジットカードの現金化業者の中には、利用者からお金を奪おうとする悪質な現金化業者が存在します。

悪質な現金化業者は、利用者からお金を奪うことを目的としているため、利用することで、色々な理由を付けて換金率を極端に下げられてしまい、手元にお金がほとんど残らない状態になります。

また、換金率が低いことから、利用者がキャンセルしようとすると、キャンセル料が発生するなどと言って、無理矢理契約させられてしまうのです。

現金化業者には、法律の規制が無く、貸金業者のように登録制でもないため、このような悪質な現金化業者が潜むことができるのです。

そのため、悪質な現金化業者を見極めるための知識が必要になります。

問い合わせ先が携帯電話の番号になっている業者は利用しない

現金化業者のサイトに記載されている問い合わせ先の電話番号が、携帯電話の番号だった場合、その現金化業者を利用しないようにしましょう。

なぜなら、問い合わせが携帯電話の番号だった場合、サイトに掲載されている住所に本当に事務所があるのかを確認することができないからです。

固定電話の番号が記載されていれば、事務所に電話回線を引いていることが確認できるため、実際に事務所がある可能性が高なります。

しかし、携帯電話の番号では、実際にオフィスが存在していることを確認することができないのです。

現金化業者との間で何かトラブルがあった場合、着信拒否をされてしまうと、連絡をすることができません。

そのため、現金化業者を選ぶときには、問い合わせ先が固定電話であることを確認してから利用しましょう。

対応が悪い現金化業者は利用しない

問い合わせしたときに、態度が高圧的な場合や、説明が分かりにくい現金化業者は、利用後にトラブルに発展する可能性があるため、利用するのをやめましょう。

優良な現金化業者であれば、新規顧客やリピーターの獲得のために、対応やマナーがしっかりと教育されています。

しかし、問い合わせに対しての説明が不十分だと、手数料や換金率などがよくわからないまま利用した場合、取引後にトラブルに発展する恐れがあります。

そのため、問い合わせの際には、現金化業者の対応を見てから利用することを検討しましょう。

まずは少額の現金化で様子をうかがう

悪質な現金化業者に当たってしまった場合は、少額の現金化を依頼することで被害を最小に抑えることが出来ます。

悪質な現金化業者は、申込時の対応が良かったのに、決済後の態度が正反対に変わってしまったという可能性もゼロではないため、最終的には利用してみるまでわからないこともあります。

そのため、現金化業者を利用する場合、まずは少額からの利用で、対応の確認や換金率の確認をしましょう。

現金化業者によっては、現金化の金額が少ないと換金率が下がってしまうこともありますが、高額の現金化で換金率を下げられた場合や、トラブルで入金されないと取り返しのつかないことになるため、多少換金率が下がったとしても、最初は最低利用額から利用しましょう。

クレジットカード情報を聞いてくる現金化業者は利用しない

現金化業者を利用する場合、本人確認書類とクレジットカード情報の提出が必須です。

これは、現金化をするクレジットカードが申込者のものであるかを確認するために行われます。
ですから、運転免許証の名前と生年月日やクレジットカードの名義と有効期限が分かれば問題ありません。

そのため、優良な現金化業者では、クレジットカード番号を一部隠してから提出を求めるなどの対応をしています。

しかし、悪質な現金化業では、クレジットカードの表裏面の画像提出や、暗証番号を聞き出そうとしてくるところもあるそうです。

クレジットカードの番号と裏面に記載されているセキュリティコードが漏洩してしまうと、不正利用されてしまうおそれがあるため、絶対に教えてはいけません。

そのため、クレジットカードの情報を聞き出そうとしてくる現金化業者を絶対に使用しないようにしましょう。

まとめ

クレジットカードの現金化は、違法性がないため、警察にバレたとしても逮捕されることはありません。

クレジットカードの現金化を行う際には、現金化業者を利用することがおすすめですが、クレジットカードの現金化には法律の規制がないため、中には利用者から現金を奪い取ることを考えている悪質な現金化業者が存在するのも事実です。

そのため、現金化業者を利用する場合は、正しい知識の基、悪質な現金化業者を見極めることが重要です。