ACマスターカードの特徴を詳しく解説

以前にもご紹介したACマスターカード!クレジットカード現金化にもよく使用されるカードですが、このカードの特徴に関して、今回はさらに詳しくご紹介いたします。

ACマスターカードは、消費者金融信販会社のアコム株式会社が発行するクレジットカードです。

Mastercardブランドがついているクレジットカード機能の他に、カードローン・キャッシング機能が標準でついており、最短で即日カード発行をすることができるので、すぐにクレジットカードを手に入れてキャッシングしたい方におすすめです。

さらに、ACマスターカードは、独自の審査基準を設けており、他社のクレジットカードよりも発行されやすいと言われています。しかし、アコムと聞くと消費者金融のイメージが強く、作るのが不安と言う人が多いのではないでしょうか。

そこで、当記事ではACマスターカードの仕組みについて詳しく説明していきます。

ACマスターカード

ACマスターカードの特長とは

ACマスターカードの特長には一体どのようなものがあるのでしょうか。
ここでは、ACマスターカードの特長についてご紹介します。

カードローン・キャッシング機能が充実している

ACマスターカードは、mastercardブランドのついたクレジットカードに、アコムのカードローン機能が付帯しているのが特長です。

「カードローン契約極度額」と「クレジットご利用限度額」の2つの利用枠があり、金額の高い方がカードの利用上限になります。

カード利用上限額が50万円で、カードローン枠とクレジット枠がそれぞれ50万円分あれば、50万円分すべてをカードローン枠で使用することもでき、カードローン枠とクレジット枠を25万円ずつ使うこともできるのです。

また、カード利用上限額が30万円で、カードローン枠が15万円+クレジット枠が30万円だった場合、カードローン枠を5万円分使った後のあまりの10万円分は、クレジット枠でもカードローン枠でも使うことができるのです。

このようにACマスターカードは、カード利用上限額内であれば、どちらの利用枠としても使うことができるので、2つの利用枠で自由度の高い使い方ができるのです。

年会費無料

ACマスターカードは年会費が永年無料なので、何年持っていても維持費は0円です。また、発行手数料も無料なので、いざというときのために作っておいても損はありません。

普段はクレジットカードを使わない人でもACマスターカードを作っておけば、急な出費が重なり現金が必要になった時は、カードローンが役に立つのではないでしょうか。

即日発行ができる

クレジットカードは通常、申込から発行まで数日間かかるものですが、ACマスターカードは即日発行できてしまうのが特長です。

ACマスターカードの申し込み方法は下記の方法から選ぶことができます。
・インターネット
・電話
・店頭窓口
・無人契約機(むじんくん)

ACマスターカードを即日発行したいなら、無人契約機(むじんくん)で申込をすることで、審査が通ればその日のうちにクレジットカードを手に入れることができます。
現地で審査の時間を取られたくない場合は、事前にネットでの申し込みしておくとスムーズです。

公式サイトから申込フォームに進み、住所、電話番号、勤務先情報などの個人情報を入力し、全て入力し終わると審査が開始されます。審査は大体30分ほどで終わり、結果は電話で伝えられます。

無事に審査に通ったら、次に本人確認書類を提出していきます。

本人確認書類として使えるのは下記になります。
・運転免許証
・個人番号カード(マイナンバーカード)
・健康保険証

提出方法は、本人確認書類をスマホのカメラで撮影したものを添付して送れば確認されます。本人確認書類の提出方法は、審査後の電話でやり方を教えてもらうことができます。

本人確認書類の確認が取れたら完了です。ACマスターカードの発行は、お近くの無人契約機(むじんくん)で行うことができます。

ACマスターカードには、カードローン枠が最初から付いているので、カードを受け取った直後からカードローンでキャッシングをすることができます。

即日発行できる無人契約機は、ACマスターカード発行機付きの自動契約機限定になり、公式サイトで設置されている場所を検索することが可能です。

キャッシングできるATMが多い

ACマスターカードのカードローンをキャッシングできるATMは全国で56,128台(2018年3月時点)設置されています。

セブンイレブンやローソン、ファミリーマートのATMも利用できますし、イオン銀行など提携銀行のATMでもカードローンのキャッシングをすることができてしまうので、日本国内であれば、不便を感じることが少ないのではないでしょうか。

ACマスターカードの審査基準とは

ACマスターカードの審査は独自の基準を採用しているので、他社クレジットカードよりも発行されやすいと言われていますが、アコムは審査基準を公表していないので、本当かどうかはわかりません。しかし、アコムの公式サイトに明記されている情報から、利用できる人の判断ができます。

ACマスターカードに申し込める年齢は20歳以上69歳以下

ACマスターカードを申し込める年齢20歳以上69歳以下とアコムの公式サイトに明記してあります。そのため、19歳以下の未成年者と70歳以上の高齢者は、ACマスターカードを申し込むことはできません。

安定した収入がある人

ACマスターカードを申し込めるのは、安定した収入があることが条件なので、仕事をしていて給料をもらっている人です。

つまり、働いていなくて収入が無い人は、ACマスターカードを作ることができません。専業主婦の人は、配偶者に安定した収入が発行される可能性があります。

安定した収入があれば良いので、正社員でなくとも、アルバイトやパート、派遣社員の方でも申し込むことができるのです。

それでも、審査に通るか心配な人は公式サイトの「3秒診断」をおすすめします。

年齢、年収、他社のカードローンからの借り入れ金額を入力するだけで、借入することができるかを教えてくれます。診断結果が「お借入できる可能性が高いです。」とでたら、さっそく申込に進んでみましょう。

審査に落ちる原因とは

独自の審査基準で他社クレジットカードよりも発行されやすいと言われるACマスターカードですが、誰でも審査に通るわけではありません。審査基準に満たなければ落ちてしまうことも当然あります。
では、ACマスターカードの審査に落ちてしまうのは何が原因なのでしょうか。

ブラックリストに載っている

過去に、クレジットカードの返済を3ヶ月以上滞納したことがある人や、自己破産や個人再生などの債務整理をしたことがある人は、信用情報機関にブラックリストとして載っているため、ACマスターカードの審査を通ることはできません。

ブラックリストに載ると、新しくクレジットカードを発行することや、ローンを組むことができなくなってしまいます。時間が経てばブラックリストからは消されますが、一般的にブラックリストから名前が消えるまで5年~10年はかかると言われています。

また、知らないうちにブラックリストに入っていたというケースもあります。

たとえば、携帯電話の分割支払いはローンと同じ意味を持っているので、以前に携帯の支払いを3ヶ月以上滞納したことがある人は、ブラックリストに載っている可能性が高いです。

なかなかクレジットカードの審査に通らないと思っている人は、一度ご自身の信用情報を確認してみることをおすすめします。

他の消費者金融からの借り入れ金額が多い

消費者金融からお金を借りる場合、多重債務者の破産を防ぐため、貸金業法の中で年収の3分の1までと決められています。年収は手取りの金額ではなく、給料や賞与から税金を引く前の総支給額になります。

この限度額を裁量規制といい、2010年の6月に完全施行されました。

たとえば、年収が300万円の人が消費者金融から借りられる金額は100万円になり、ACマスターカードの最低利用額は10万円なので、消費者金融からの借り入れが90万円以下であれば、裁量規制以内なので、ACマスターカードを発行することができます。

しかし、借入金額が91万円~100万円だった場合は、ACマスターカードの最低利用額の10万円を足すと、裁量規定の100万円を越えてしまうので、ACマスターカードを発行することはできないのです。

裁量規制が有効になるのは、消費者金融からの借り入れとクレジットカードのキャッシングになります。住宅ローンなど、銀行から借りたお金は裁量規制に含まれないので、年収の金額に関係なく借りることができます。

事実と異なる情報で申し込む

審査に通ろうとして本来の年収より多い金額で申請することや、派遣社員で働いている人が正社員として申請をした場合は、審査に通らない場合があります。
また、もし審査に通ったあとにアコムにバレてしまった場合は、強制解約などのペナルティが課せられる場合があります。

ACマスターカードのデメリット

ACマスターカードは、カードローンとしての役割が多いため普通のクレジットカードと比べてしまうと付帯機能などが少ない場合があります。
そのため、ACマスターカードのデメリットを理解し、場合によっては足りない部分を補えるクレジットカードを持つことも有効な手段になります。

付帯機能がない

クレジットカードの多くが、国内外の旅行保険や盗難補償などの付帯機能がついていて、いざというときにも安心して使うことができます。
また、ETCカードや家族カードなどの追加カードをオプションとして用意していますが、ACマスターカードにはそのような付帯機能はついていません。

ACマスターカードは、クレジットカード機能をもったカードローンという位置づけなので、そのような付帯機能やオプションが必要であれば、他のクレジットカードを選んだ方がよいでしょう。

返済はリボ払いのみ

ACマスターカードをショッピングやカードローンで使用した場合、返済はリボ払いのみになってしまいます。

リボ払いとは、利用残高を毎月一定金額で返済していく分割払いのことです。

たとえば、ACマスターカードで10万円分の利用をした場合、毎月5千円ずつ返済していくことができるのです。

大きな買い物をしても、毎月の返済額が少なくて済むのがリボ払いのメリットですが、リボ払いは返済するときの利息が高いのがデメリットです。

ACマスターカードのリボ払いの金利は、実質年利10.0%~14.6%になっており、毎月の返済額は、元本+手数料を合わせた金額を一定に返済することになります。

たとえば、ACマスターカードで10万円の利用をして、リボ払いで一ヶ月後に返済する場合にかかる手数料の計算方法は、100,000円(利用残高)×14.6%(実質年利)÷365(1日あたりの利息)×30(ひと月あたりの日数)になるので、一ヵ月後には1,200円の利息がついてしまうのです。

ただし、利息は元本をもとに計算されるので、返済が進み元本が少なくなってくれば利息も少なくなりますが、毎月の返済金額少なければ、それだけ長期的に利息を払い続けることになってしまうため、最終的な返済額は元本を大きく超えてしまうのです。

ACマスターカードは、繰上げ返済ができるので、現金に余裕があるなら、繰越返済をすることで早く完済することができるので、余計な利息を払うことがなくなります。

まとめ

ACマスターカードは付帯機能が他のクレジットカードに比べて少ないので、旅行保険や盗難補償などが欲しい場合は他のクレジットカードを使った方が安全です。

また、ショッピングに利用してもポイントなどは貯まらないため、通常使いにするのであれば、ポイント還元率の良いクレジットカードを使う方がお得になります。

ACマスターカードは、カードローン機能に特化したクレジットカードになり、カードローンやキャッシングを目的にしている人にはおすすめのクレジットカードなのです。

返済はリボ払いになり、毎月手数料が発生するため、完済までにかなりの手数料を払ってしまうことになります。しかし、毎月の資金繰りに困っている人にとっては大きな買い物をしても毎月数千円の返済で済むので、リボ払いの恩恵を受けられるのではないでしょうか。

カードローンはATMから手軽にキャッシングできてしまうので、お金を借りているという感覚が薄くなり、気づいたら限度額まで使っていたとなると大変です。
そのため、ACマスターカードのカードローンを利用する際は、返済の計画を立てて、無理のない範囲で利用するようにしましょう。