クレジットカード現金化業者の営業時間は本当に24時間なのか?

クレジットカードの現金化は、金融ブラックや収入が無くて消費者金融や銀行からお金を借りることができない人でも、審査不要で現金を手に入れることができます。

クレジットカードの現金化を利用したことが無い人は、現金化の手順がわからないため、専門の現金化業者に申込むことを検討しているのではないでしょうか。

現金化業者をインターネットで検索すると、24時間対応可能と記載されているサイトが多いことから、夜中に急に現金が必要になったときでも現金を手に入れることができるので安心感がありますよね。

実は、多くの現金化業者は24時間対応をしていないのです。

そのため、現金化業者を利用して、夜中の急な出費に対応しようと思っても、現金を手に入れられる可能性が低いのです。

なぜ、多くの現金化業者はサイトに24時間対応と記載しておきながら利用することができないのでしょうか。

当記事では、クレジットカードの現金化業者の営業時間についてご説明します。

なぜ24時間対応できる現金化業者が少ないのか?

現金化業者のサイトには、24時間対応と記載があるにも関わらず、実際に対応していない理由は下記の通りです。

・24時間対応と記載しないと利用者が来ない
・24時間対応は受付のみ
・24時間対応すると経費がかかる

現金化業者は、夜中の対応していないため、夜中に急に現金が必要になってもお金を用意することはできません。

そのため、現金化業者を利用する際は、営業時間を確認して、時間内に申込をすることが大切です。

24時間対応と記載しないと利用者が来ない

多くの現金化業者のサイトに24時間365日と記載されているのは、利用者を集めるためです。

なぜなら、他社が24時間対応と記載しているのに、自社だけ比較されてしまい利用者が離れてしまう可能性が高いからです。

現金化業者によって営業時間は異なりますが、実際に営業している時間は、午前8時頃から遅くでも夜中の1時頃だと言われています。

しかし、利用者が現金化業者を選ぶ場合、多くの現金化業者が24時間対応になっているので、本当の営業時間を記載すると、対応時間を比較されてしまい、利用者に選ばれなくなってしまうおそれがあります。

つまり、現金化業者の多くが、営業時間が決まっているのに、24時間対応と記載しているのは他社と比較されてしまうことで利用者が離れることを心配しているからです。

そのため、サイトに記載されている24時間対応を信じてしまうと、夜中に電話をしても営業時間外のためつながらず、現金化することができないことがあるので注意しましょう。

24時間対応は受付のみ

現金化業者のサイトに記載されている24時間対応は、現金化の対応ではなく受付のみの場合がほとんどです。

利用者が現金化業者に申込む場合、メールか専用フォームを入力して申込むため、受付自体は24時間可能になります。

しかし、現金化業者の社内には、営業時間外に現金化に必要な決済や振込みをする人はいないため、利用者は、現金化業者の翌日の営業開始時間まで現金化を待たなくてはいけません。

つまり、現金化業者のサイトに記載されている24時間対応は、受付可能時間のことになるため、利用者が夜中に現金を手に入れることはできないのです。

そのため、現金化業者の実際の営業時間は、サイト内の会社概要に記載されている場合が多いため、現金化業者を利用する前には、正確な営業時間を確認するようにしましょう。

24時間対応すると経費がかかる

現金化業者が24時間対応できないのは、経費がかかるからです。

現金化業者が対応時間を延ばそうとした場合、社内に待機する人や光熱費などの経費が掛かってくるため、利用者が少なかった場合には赤字になってしまうおそれがあります。

「朝まで飲みたいのに現金が足りないからなんとかしたい」「終電を逃したから始発まで時間をつぶしたいのに現金が足りない」など夜中でも現金化の需要があるのは事実です。

しかし、現金化業者は、夜中から朝までの利用者の予測が立てづらいため、リスクが高いことから24時間対応ができないのです。

そのため、現金化業者は、受付可能時間と現金化ができる時間を分けているのです。

休日や祝日は営業している現金化業者は多い

現金化業者は、24時間対応をしているところは少ないですが、365日対応をしているところは多くなっています。

なぜなら、休日や祝日は会社が休みの人が多いため、パチンコや競馬などのギャンブル、飲み会などで出費の予定があるため、現金化業者を利用する人が増えるからです。

そのため、現金化業者は、休日や祝日であっても対応しているため、安心して利用することができます。

ただし、全ての現金化業者が休日や祝日に対応しているとは限りません。

休日や祝日に現金化業者を利用する前には、事前に営業日であるかの確認をするようにしましょう。

24時間営業している現金化業者も存在する

ほとんどの現金化業者は、24時間対応をしていませんが、中には本当に24時間対応をしているところもあります。
しかし、現金化業者のサイトからでは、本当に24時間対応しているのかを確認することができません。

そのため、24時間対応の現金化業者を見つけるには、ご自身で実際に問い合わせをしてみるか、インターネット上のクチコミの情報を確認するしかありません。

無店舗型の現金化業者は24時間対応しているところがある

現金化業者には、実店舗を構えている業者と、インターネット上でのみ運営をしている無店舗型がありますが、24時間対応をしているのは無店舗型の現金化業者になります。

なぜなら、無店舗型の現金化業者の場合は、インターネット上で手続きができるため、パソコンと電話があれば、事務所に居なくても対応ができるからです。

一方で、店舗型の場合は、事務所を開けておかなければいけないため、光熱費などの経費が無店舗型よりもかかってしまうため、利用者が来なければ赤字になってしまう可能性が高いのです。

そのため、24時間対応できるのは、無店舗型の現金化業者になるのです。

特定の銀行口座があれば夜中に振込みもできる

モアタイムシステムを採用している金融機関の口座を持っていれば、24時間対応している現金化業者を利用することができます。

モアタイムシステムとは、全国銀行協会に加盟している全国500行以上の金融機関で採用されている24時間365日の即日振込に対応したシステムです。

モアタイムシステムに対応した代表的な金融機関は下記になります。
・三菱UFJ銀行
・みずほ銀行
・りそな銀行
・三井住友銀行
・埼玉りそな銀行
・ゆうちょ銀行
・楽天銀行
・住信SBIネット銀行

その他多くの地方銀行や、信用金庫でモアタイムシステムが採用されています。

モアタイムシステムに対応した銀行の口座を持っていれば、現金化業者からの振込みを24時間受けることができ、ATMから現金を引き出すことができます。

そのため、夜中に急な出費があった場合でも、24時間対応の現金化業者を利用して現金を手に入れることができます。

24時間営業している現金化業者を利用する際の注意点

24時間対応をしている現金化業者は、夜中の急な出費でも対応できるため便利ですが、利用する際のリスクも注意点があります。

24時間対応の現金化業者を利用する際の注意点を把握しておくことで、トラブルやリスクを回避することができます。

24時間対応の現金化業者は情報の管理が不十分な可能性が高い

24時間対応している現金化業者は個人で運営していることがあるため、情報の管理など安全性が不十分な場合があるので、利用には注意が必要です。

現金化業者の中には個人で運営しているところもあります。

個人で運営すれば、事務所を持たなくても自宅にいながら運営ができるため、24時間の対応が可能になるからです。

しかし、企業の現金化業者であれば、会社を存続するために企業内の仕組みや顧客の情報管理などを徹底するように努力しますが、個人で現金化業者を運営することで、顧客情報の管理などが甘くなり、情報漏洩などの危険性が高くなります。

また、現金化業者が企業なのか個人なのかは、サイトから判断することができません。

そのため、24時間対応の現金化業者を利用する際には、情報漏洩などのリスクを覚悟で申込をする必要があります。

換金率が低い

24時間対応の現金化業者は、人件費などの経費がかかっているため、換金率が他社よりの低い可能性があります。

現金化業者を利用する際に発生する手数料は、運営に必要な人件費や経費から計算されています。

つまり、24時間対応の現金化業者は、営業時間が決まっている現金化業者よりも人件費や経費が多くかかっているため、利用する際の手数料も高くなる傾向があります。

そのため、24時間対応の現金化業者を利用する際は、手数料が高くなることから換金率が下がってしまうため、高額の現金化は避けた方がよいでしょう。

クレジットカード会社に怪しまれる

夜中にクレジットカードの高額な決済を行うと、クレジットカード会社に不正利用を疑われるおそれがあります。

なぜなら、クレジットカード会社は、会員のクレジットカードの利用履歴を自動プログラムで常に監視しており、夜中に高額決済があると不正利用の可能性が高いと判断されるからです。

クレジットカードの盗難や情報漏洩による不正利用は、多くの人が眠っている夜中の時間帯に行うことで気付かれにくくなるため、その時間帯に高額決済が行われると、クレジットカード会社の自動監視システムにひっかかってしまうのです。

クレジットカード会社が不正利用の可能性が高いと判断した場合、利用者に電話連絡をして、カード所有者の決済であったかの確認をします。

しかし、夜中に行われた場合は、カード所有者が寝ている可能性もあるので、決済を保留して翌日の営業時間に電話連絡をしてくる可能性もあります。

そのため、決済を保留されてしまうと、翌日の電話連絡までクレジットカードを利用することができなくなってしまうため、夜中に現金化業者を利用する際は、そのようなリスクがあることを覚えておきましょう。

悪質な現金化業者が多い

24時間365日対応と記載している現金化業者の中には、利用者のお金を騙し取る悪質な現金化業者も存在しているので注意が必要です。

なぜなら、夜中に現金化業者を利用する人は、どうしても現金が必要で困っている人が多いため、そこに付け込んで多くの手数料を取ろうとしてくるからです。

さらに、手数料が高いので利用者がキャンセルしようとすると、キャンセル料が発生すると脅してくるため逃げることができず、低い換金率で契約させられてしまいます。

そのような現金化業者は、サイトからは判断することができないため、利用して初めて発覚することが多いのです。

そのため、24時間対応の現金化業者を初めて利用する場合は、まずは少額から利用して対応を確認するようにしましょう。

まずは現金化業者に電話かメールをしてみる

24時間対応の現金化業者を利用する場合、まずは電話かメールで問い合わせをして営業しているかの確認をしてみましょう。

とくに、キャッシュバック方式の現金化業者の場合は、営業時間外であっても商品の決済ができてしまうことがあるため、クレジットカードの決済で手続きが止まってしまい現金の振り込みがされないおそれがあるからです。

一度決済されてしまうと、利用者側でキャンセルすることができないので、決済した現金化業者が営業時間外だった場合、翌日の営業時間まで待たなくてはいけません。

また、決済された時点で、ショッピング枠が使われているため、利用残高が無い場合、他の現金化業者を利用することができなくなってしまいます。

そのため、現金化業者のサイトに24時間対応可能の記載があっても必ず問い合わせをして担当者がいることを確認するようにしましょう。

まとめ

多くの現金化業者がサイトに記載している24時間対応は、受付の対応時間になるため、夜中に現金を手に入れることができません。

現金化業者の中には本当に24時間対応している業者も存在しますが、換金率が低い場合や、悪質な現金化業者の可能性があるなどのリスクが伴います。

現金化業者は、即日の現金化が可能で、早ければ30分以内に現金を手に入れることができます。

そのため、現金化業者を利用する場合は、できるだけ、翌日の振込みの利用を検討するようにしましょう。