新幹線チケットでの現金化は危険?

個人で行う現金化の方法として新幹線チケットをクレジットカードで購入して転売する方法があります。
ターミナル駅近くに店舗を構える店舗型現金化業者の多くも、この新幹線チケットでの現金化であり、指定した新幹線の回数券を買取ることで現金化を行っています。
新幹線

 

 

 

 

 

新幹線チケットの換金率は高い

幹線チケットは『JRみどりの窓口』で販売しており、現金化を行う場合に購入するのは回数券となります。
日本の代表的な交通手段であり、出張や旅行で頻繁に利用されるため、人気も高く、金券ショップでの買取率も非常に高く平均90%~95%程度、人気の区間の場合には97%程で買取ってもらえることもあります。
通常換金率の高い商品はクレジットカードで購入できないのですが、新幹線チケットはなぜかクレジットカードで購入できるようになっています。
ここまでの内容を見ると、クレジットカードで購入できる商品や方法の中では確実に1番高い換金率であり、個人でも簡単に行える新幹線チケットでの現金化ですが、今ではこの方法を選択する人は少なくなっています。

クレジットカードでの購入にはカード会社が警戒している

 

 

 

 

 

クレジットカード現金化の中でも高い換金率を見込める新幹線チケットですが、この方法が頻繁に行われていたのは一昔前であり、今ではあまり行われなくなってしまいました。
その理由はあまりにも有名な現金化方法として問題になったこと(一部では有名漫画でこの方法が描かれたことが原因ともいわれています)でカード会社も警戒する商品と位置付けていることや、ネット環境の整った現在では新幹線チケットを購入したことが即クレジットカード会社に分かってしまうため不自然な形での購入が出来なくなったためです。
ネット上の情報では「購入=カード利用停止」と言う様な記事をよく見かけますが実際は少し違い、カード会社の処置はカード発行元やカード所持者の状況によって対応が変わります。

発行元やカードの種類による違い

クレジットカード

 

 

 

 

クレジットカードで購入できる新幹線チケットですが、アマゾンギフト券などとは違い使用用途は新幹線に乗車することのみであり、購入場所や購入頻度を見て不自然な場合にはカード発行元から何らかの対応をされてしまいます。(クレジットカード会社への登録住所から離れた区間で購入など)
とりわけ厳しい対応と言われているのがAMEXカードやJCBカードです。
これらのクレジットカードでは決済時にセキュリティーがかかる、もしくは即座に電話連絡にあり、なぜ購入しているのかなど詳しく理由を聞かれ(この段階で新幹線チケットを購入していることは略バレています)その受け答えの際に購入理由につじつまが合わず、曖昧な受け答えをすると現金化を疑われ購入できず、場合にっては即利用限度額の減額や使用場所の制限がかけられることや、最悪の場合はカード利用停止になることもあります。
購入できた場合にも今回限りなど1回限定の場合が多いようです(まとめ買いでの高額決済は略不可です)
VISAやMasterカードの場合には発行元によって対応が違うようです。
AMEXカード等と同様にセキュリティーや電話連絡がある場合や、その場では普通に購入できるが後日連絡があり利用限度額の減額や2回目以降の購入制限をかけられるなど様々です。
最悪のパターンとして、問題なく数回購入できたが突然カード利用停止にされたなどの事例もあるようです。

JRでの使用が前提のビューカード

ビューカードとは、Suica一体型のJR東日本グループが発行するクレジットカードです。
JCB、VISA、マスターカードなどの国際ブランドが付いていることで通常のクレジットカードとしての利用はもちろん、JRでの利用に特化したクレジットカードとして定期券機能やSuicaへのオートチャージ機能、またショッピング利用可能枠のなかに、新幹線回数券の購入枠まで設定されています。
利用枠は10万円で通常利用で想定される範囲内となっていますが、この範囲内であれば新幹線回数券を購することが可能です。
例外ももちろんあり、支払いの延滞がある場合や、キャッシングを利用枠いっぱいに利用している場合には、換金目的と疑われてしまい購入できない事や利用制限などされることもあります。

新幹線チケットでの現金化はメリットよりもデメリットが大きい

新幹線チケットでの現金化のメリットとして現金化業者を通さずに個人で行える手軽さや、換金率の高さが挙げられます。
しかし、全体的にはカード利用停止などのデメリットの方が多く、たとえ購入途中で決済が出来ずに終わった場合でもカード会社には要注意人物とマークされ、カードの利用場所や決済額の制限をかけられてしまうことがあることや、一度現金化の疑いをかけられてしまうと支払いが少しでも遅れた場合に猶予なく即利用停止になってしまいます。
JR発行のビューカードの利用枠内(新幹線チケット購入枠内)以外での新幹線チケットでの現金化は総合的におすすめできる方法ではありません。