家族カードのメリットとデメリット

家族カードとは本会員と生計を共にする配偶者や子供(18歳・高校生以上)達が本会員の信用で作ることができるクレジットカードの事を言います。
専業主婦や大学生などでバイトをしていなくても「審査なし」で作ることができることが「最大のメリット」として聞いたことがある方も少なくないと思います。
メリットは「審査なし」以外のもあるが、デメリットもある家族カードですが、本カードのサブ的な存在のためかカード会社の説明には詳しいお得ポイントやデメリットの説明は目にしないこともあるため、詳しい内容を把握していない方も少なくないと思います。
ここでは発行するカード会社によって違いがあるものの、基本的な家族カードのメリット・デメリットを紹介します!
家族カード

 

 

 

 

 

家族カードとは

家族カードとは簡単に言うと、クレジットカードを発行した本会員の家族が本会員と同じカード(同グレード)を審査無しで発行できるサービスです。
家族カードを作れる対象は『本会員と生計を共にする配偶者』『両親』『満18歳以上の子供(高校生を除く)』となっています。
全てのクレジットカードで作れるわけではなく、家族カードの発行自体が無いカードや、基準も多少の違いがあるものの、多くのクレジットカードの基準は上記のようになっています。
家族カードの発行は、本会員の信用情報が元になるため、両親が定年退職して年金生活の無職だった場合や、大学生の子供がバイトもしておらず収入が無い場合などでも、本会員に安定的な収入がありクレジットカードを発行している人であれば家族は本会員の信用を元にクレジットカードを発行することができます。
本会員のカード発行のタイミングで一緒に家族カードを申込する他、後からでも追加で家族カードを発行する事は可能です。
本会員の信用で作れるクレジットカードですが、発行されるカードの名義は家族の名前となっており、本会員のクレジットカードと変わらず使用できます。

家族カードのメリット

家族カードの最大のメリットは審査なく誰でも本会員の使用で作れるところですが、その他にも
●年会費が安い
家族カードは1枚目まで無料や本会員の半額、3分の1などと安くなっているため、通常カードを家族それぞれが発行し所持するよりもお得です!とりわけゴールドカードやプラチナカード等のランク上カードの場合、本会員の年会費は非常に高い設定のカードが多いが、家族カードは半額程の年会費になるため、非常にお得です!
●本会員と同じ特典や付帯補償がついている
年会費は割り安でもカードの付帯する保証は本会員と変わりがないため、特にゴールドやプラチナなどのカードの場合には安心の旅行補償や、空港ラウンジを使用できる特典が付いてきます。
●支払いの管理が簡単
一部のカードを除き、支払い口座は本会員口座からまとめて引き落とされる他、利用明細もまとめて届くため、支払い金額の管理が簡単に家計簿をつけるのも簡単になります。
お子さんが何に使用したかも、親がしっかり管理することが可能です(一部のクレジットカードでは支払い明細が各カード所持者のウェブ明細の物もあります)
●ポイントが貯まりやすい
家族で利用する分ポイントも貯まやすいのもメリットとなります。
一定ポイントたまらないと交換できない物や期間限定のポイントも纏めることで無駄なく利用することも出来ます。

家族カードのデメリット

家族カードにはデメリットも当然あり、その内容は
●利用履歴が家族に筒抜け
カード利用内容が本会員に筒抜けになっているため、内緒での買い物はスグにばれてしまいます。
●利用限度枠が同じ
一部のクレジットカード会社から発行される家族カードでは、利用可能枠がそれぞれのカードごとに分けられているカードもありますが、基本は本会員のカードと家族カードの利用可能枠は同じ枠となっているため、家族カード所持者の誰かが高額での利用した場合、利用枠が無くなり、気が付かずにいざ使用しようとした際に利用限度額に達していることで使用できないこともあります。
●カード会社への対応は本会員のみ
海外決済などでセキュリティーロックがかかった場合には家族カード会員からの連絡では解除できず、本会員からカード会社に連絡を行なわないといけないカードもあります。

クレジットカード現金化は可能か

家族カードを利用してクレジットカード現金化を行う事は可能です。
一般的なクレジットカードと同じように使用できることから、利用可能な枠があれば利用できない理由自体がないのですが、注意点として家族(本会員)に利用したことが分かるため、何に利用したかを説明できるようにしておくこと(家族に内緒の場合)や高額で利用することで家族みんなの利用枠が無くなる可能性があります。