安全なクレジットカード現金化業者を選ぶときのポイント!

普段生活している中で、お祝い事や支払いなどで急な出費が重なってお金が必要なときに、どこからも借りれず困った経験はないだろうか!?
そんな時にすがる思いで現金をつくるための情報をを探していると思います。
クレジットカードを使って現金を手元にする方法は、すぐに現金を手にすることができるので、多くの人が利用しています。
ただし、クレジットカード現金化業者を利用する際は、優良業者(合法的)・悪徳業者(非合法)が存在しますので気を付けなければなりません。

冠婚葬祭で急に現金が必要になる方や、支払いのため現金が必要な方など色々といます。

忘年会や新年会と出費がかさむシーズンになると、現金が必要なため、飲み会の幹事になって支払いをクレジットカードで済ませ、皆から現金を集めて現金化するという人も多くいます。
また、会社の人や知人との飲み会で、皆から現金を集めてクレジットカードで支払い現金を手元にする人もいます。
いずれにしても現金が一時的にできたとしても、後にクレジットカード会社への返済が必要となってしまします。
このような機会がない場合は、現金化業者を活用して現金化をするしかありません。

クレジットカード現金化業者は、店舗型とネット型の業者があり、ネット型の業者が多数増え、それに伴い悪徳業者も多数増えています。
悪徳業者にあたってしまうと、現金が振り込まれなかったり、高額な手数料を取られたり、クレジットカードを悪用されてしまうといったトラブルに巻き込まれてしまいます。

こちらでは、クレジットカード現金化の仕組みや安全な業者選びのコツなど利用者が安心して現金化できるためにアドバイスをします。

ポイント

クレジットカード現金化の仕組みを整理しておこう!

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金に換える方法です。
業者を活用する際は、二種類の方法があり、買取方式とキャッシュバック方式があります。

自分で商品を購入し、その商品を質屋・金券ショップなどに持っていき売って現金を手に入れることもできますが、自分で現金化をするとリスクもありますので、現金化業者を利用する人が多くなっています。

現金化業者を利用した場合は、お申し込みからそんなに時間はかかりません。
業者によって違いますが、ご新規様ですとご本人様確認などがありますので、一時間くらいはかかるでしょう。
ホームページに最短5分などと記載がある業者がありますが、ご新規様で5分で振込みまで完了するのはありえません。
よって偽った表記をし、集客しようとしている悪徳業者の可能性があります。
これは、換金率についても同じことが言えます。
最大〇〇%などと。90%以上を謳っている業者は、経験上怪しい現金化業者になります。
こういった表記をしている業者の実際の換金率は70%前後になりますのでご注意ください。

自分で現金化をすると、購入する商品・売る場所など色々と調べ行動しなければなりませんので、時間と手間がかかり、リスクのことも考えると現金化業者を活用した方がいいと言えます。

現金化業者を利用する流れとしては、業者から指定された商品を購入するだけです。
商品を購入後、キャッシュバック方式の業者であれば、すぐに現金が振り込まれます。
買取方式の場合は、その商品を買取ってもらうので配送すれば現金が振り込まれます。
商品を送る際は、時間がかかりますが、Amazonギフト券(Eメールタイプ)を扱っている業者であれば、ネット上のみで簡単にすぐ現金が振込みされます。

怪しい業者には気をつける!優良業者と悪徳業者が存在します

クレジットカード現金化業者を利用することで、簡単にすぐに現金を手に入れることができるのですが、多数ある現金化業者の中には悪質な業者もありますので、注意しなくてはいけません。

「ビックギフト」「ネオギフト」などの知名度の高い優良業者を利用する場合は問題ありませんが、あまり聞かない新しい業者などは十分に注意が必要です。

悪質な現金化業者の特徴をまとめてみました

悪質な業者は、ホームページに記載されている表示換金率(還元率・買取率)が異様に高い。
このことにより、初めてクレジットカード現金化業者を利用する人が一番騙されやすいので気を付けてください。

キャッシュバック方式の業者でクレジットカード決済をした場合は、業者が提携しているクレジットカード決済会社に手数料2%~10%ほどかかります。
そのため、高い還元率でキャッシュバックしたら、会社としては利益がないどころかマイナスになってしまいます。
会社として経営している以上、そのようなマイナスになる商売は絶対にしません。
よって還元率が高い業者には気を付けた方がいいです。
何だかんだ理由をつけ還元率を下げてくることが分かりますし、そうすることによって実際の還元率はかなり低くなってしまいます。

自社のサイトに会社の情報が記載されていない会社の住所や連絡先、利用規約が一切かかれていない業者もありますが、ネットで取引しているにもかかわらず、そういった情報がないのは信頼できる会社ではありません。
中には架空の住所を使っているクレジットカード現金化業者もあります。

自作自演の口コミを見分けるポイント

悪徳業者に引っかからないためには、優良な現金化業者かどうか調べる必要があります。
優良かどうかを調べるためには、口コミサイトや比較サイトなど実際に利用した方の体験を書き込んでいるようなサイトで情報を集めるのが一番です。

しかし、ここでも気を付けなければいけないのが嘘の口コミもあるということです。

悪徳業者が自作自演で口コミを投稿していることもあるため、口コミで安全と書かれているから大丈夫と嘘の情報を信じきって騙されたとしても自分の責任です。
現金が振り込まれなかったしても泣き寝入りするしかありません。

では、どこの口コミサイトを信じたらいいのか?
現金化の口コミサイトでは、自作自演の可能性があるから、2チャンネルやYAHOO!知恵袋なら大丈夫と思っている人もいるかもしれません。
ですが、それは大きな間違いです。
現金化業者は昔から掲示板にまで自作自演のコメントをしているのです。
ですので、優良な業者を探すために口コミを見るのではなく、悪徳業者かどうかチェックするために口コミを参考にしましょう。
そこで見た情報が本当かどうか知りたい場合は、実際に現金化業者に電話で問い合わせをするといいでしょう。
悪徳業者の場合は、電話対応が悪い傾向がありますので、対応が普通ではなかったり、質問に対して曖昧な返答をしてきた場合は悪質な業者と思っていいでしょう。
以上の事を注意するだけで、少しでも多くの換金率で現金化ができるでしょう。

安全にクレジットカード現金化するときのポイントまとめ

安全

安全なクレジットカード現金化業者を選ぶポイントをあげましたがいかがでしたか?
とくにはじめて現金化業者を利用する方は、換金率(還元率・買取率)だけで判断しがちなところがあります。
現金化するときには、換金率よりも優先すべきことは安全性だと思います。
現金化業者の自社サイトの情報を調べたり、口コミを調べたり、直接電話して安全で優良なクレジットカード現金化業者を選んでください。