ダイナースクラブカードの特徴と注意点

世界で初めて誕生したクレジットカードであり、日本国内でも一番古い歴史のあるクレジットカードがダイナースクラブカードです。
ダイナースクラブカードを説明する場合、定番となるフレーズは「格式あるクレジットカード」と言う言葉だと思います。
通常カードでも、他のクレジットカードのプラチナ並みの特典やサービスが付帯しており、所持しているだけでステータスが上がるクレジットカードであることは間違いありません!
では、ステータスの高いダイナースクラブカードの特長とはどのようなものなのでしょう!

ダイナースクラブカード

 

 

 

ダインスクラブカードの審査基準

一昔前までは医者や弁護士、大手企業の社長など、「限られた人達」しか作ることができないといわれたダイナースクラブカードですが、いまではその審査基準も優しくなっているようです。
とはいえ、決して誰でも作れるクレジットカードではなく、年収や職業に関しては他のクレジットカードより、すこし厳しめの基準であることには変わりはありません。
ダイナースが公表している申込み基準と、ネット上でささやかれる職業や年収の審査通過基準は以下のようになっています。
【年齢】
27歳以上
【年収】
500万円以上
【職業】
一般企業正社員、公務員、個人事業主 (期間社員やパート、アルバイトは難しそうです)

ダイナースクラブカードの審査では持ち家でなければならないや、年収も1千万近く必要など、以前は厳しい条件があったようですが、今ではこのあたりの基準に関しては緩和され、賃貸住宅であっても作ることができることや、年収も500万円以上と正社員であれば手の届く範囲になっています。
(参考までの情報として、ダイナースクラブカードと同様にステータスの高いカードとして有名なAMEXカードはグリーンカードやゴールドカードでもここまで審査基準は高くありません)

ダインスクラブカードの基本情報

他のカードのプラチナクラスのサービスをもつダイナースクラブカードですが、その基本的なスペックは以下のようになっています
■年会費
22,000円(税抜)
■ご利用可能枠
一律の制限なし(利用者の利用状況によって変動されます)
■付帯保険
【海外旅行】
死亡後遺障害=最高1億円(利用付帯※)②最高5,000万円(自動付帯)
治療費用=300万円
賠償責任=1億円
携行品損害=50万円
救援者費用等=300万円
※交通乗用具、募集型企画旅行料金をダイナースクラブカードで決済した場合
【国内旅行】
死亡後遺障害=最高5,000万円
入院=日額5,000円
手術=5万円・10万円・20万円
通院日額=日額3,000円
※交通乗用具、募集型企画旅行料金をダイナースクラブカードで決済した場合
【ショッピング保険】
商品の購入日から90日間以内=購入代金が補償
■その他優待サービス
※ダイナースクラブカードのサービスは大変多く、ほんの一部の紹介となります
お食事系のサービスとして
【ごひいき予約】
予約の取りづらい有名店を含む優良飲食店で生じたキャンセル席をダイナースクラブが買い取り、会員様へ即時公開をするサービス
【エグゼクティブ ダイニング】
会員様を含む2名様以上で所定のコース料理をご利用いただくと、1名様のコース料金が無料になる
【料亭プラン】
通常では予約するのが難しい高級料亭を、ダイナースクラブが会員様に代わってご予約

トラベル系のサービスでは国内外の有名ホテルでの特別割引や特典が付くサービスや空港でのサービスとして国内外の空港ラウンジの無料利用や、海外からご帰国の際、お荷物1個を対象空港からご自宅・ご勤務先などご指定の場所まで無料で届けるサービスなどがあります。
この他にもレンタカーの割引など数えきれないほどのサービスが有るのがダイナースクラブカードです

ダインスクラブカードの注意点

VISAやmasterカードと比べて利用できる店が少なく、インターネット決済も利用できない店舗が少なくないのが外ナースクラブカードのデメリットであり、注意する点です。
お食事後にカードで支払いを行おうとしたところ、決済できない!なんてことがないように、お店を利用する前にダイナースクラブカードでの支払いが可能かを確認しておく必要があります。
(基本的に高級な店舗では利用できますが、庶民的なお店では使用できない店はちらほらあります)

クレジットカード現金化には利用できるのか

クレジットカード現金化にダイナースクラブカードが利用できるか否かの答えは、利用できる業者も有るが、キャッシュバック方式の業者では利用できない店舗が多く、利用できたとしても非常に高い手数料を引かれるため、手元に入る還元率は60%程度になることが多いです。
その理由としてダイナースはカード加盟店をしっかり選んでいるため、どこでも決済ができるわけではなく、キャッシュバックを行うための決済が行えないためです!また、決済が可能な場合でも決済代行会社もリスクが高いことから、非常に高い決済代行手数料がかかることから、このように非常に低い還元率となります。
ただし、買取方式での業者の場合には、問題なく利用できることも多く、とくにAmazonでのダイナースカードは利用できるため、Amazonギフト券買取での現金化業者は問題なく利用が可能です。(買取方式でダイナースクラブカード利用を理由に換金率を下げる業者は、換金率が下がる理由がないことから、何かと理解できない理由で換金率を下げてくる業者と判断も出来るため、利用は避けたほうが良いでしょう)