クレジットカード現金化業者のメリットとデメリット

クレジットカード現金化業者を利用するにあたって、メリット・デメリットが必ずあります。今回の記事では何がメリットで、何がデメリットなのかお話させていただきます。

クレジットカード現金化業者を利用してよかった点

 

・手間がかからない

クレジットカード現金化はとにかく簡単で、手間がかかりません。自身でクレジットカード現金化をおこなうと換金率の高い商品を調べたり、その商品を購入しに足を運ばなくてはいけなかったり、購入した商品を売りに行ったりと、とにかく手間ヒマがかかります。しかし、現金化業者の場合はその手間が無くなりますので、時間を有効活用することができるのです。

・インターネットから申込できる

クレジットカード現金化業者の9割以上はネットからの申込になります。その為、わざわざお店に行かなくてもいいのが魅力の一つです。パソコン・スマホがあれば全国どこにいても申込みする事ができるので、急に現金が必要になった時でも安心。

お店まで行かなくても良いので、田舎の山奥に住んでいる人でも、周りが海に囲まれていて中々都心に出ることができない人でも簡単に申込めます。

・自分で現金化するより安全

自身で現金化する場合、ある程度現金化の知識がないと危険なこともあります。換金性の高い商品を何度も行えばカード会社から目をつけられてします事もあります。クレジットカード現金化はカード会社の規約に違反する行為ですから、万が一発覚すればそれなりの罰があります。利用残高の一括請求やクレジットカードに制限がかけられたり、最悪の場合には強制的に退会させられることもあるのです。

しかし、現金化業者はその道のプロなので、購入する商品や決済代行業者を使ったりしてなるべくカード会社にわからないように取引してくれますので、現金化する際は業者に依頼しましょう。

・入金スピードが速い

クレジットカード現金化ははじめての業者を利用する場合、必ず本人確認がありますので、初回に限り入金までに40分くらいはかかります。ですが、2回目以降の申込は本人確認がないので、最短で10分程度で手続きが完了します。

クレジットカード現金化を利用して悪かった点

・電話対応の悪い業者がたくさんある

現金化業者に依頼する場合、初回のみ本人確認のため業者と電話でやりとりします。しかし、多くの業者はとにかく電話対応が悪い人が多いです。

申込するまで還元率・換金率を教えてもらえなかったり、図太い声で少し威圧的な電話対応する業者も沢山あるのが、デメリットな点です。

接客業なのでしっかりと研修して欲しいものです!

・優良店を見つけづらい

クレジットカード現金化業者はネット上に数百社存在します。その中から優良店をみつけ出すのはすごい労力を使います。現金化業者の口コミサイトや比較サイトもありますが、自作自演で作っている物も数多く存在するため非常に困難です。

・表記されてる還元率・換金率より悪くなる

現金化業者のホームページを見るとほとんどの現金化業者が98%の還元率!のように記載していますが、実際には表示還元率から手数料がプラスで引かれ、最終的に65%~70%代になることがほとんどです。手数料はおもに消費税・決済手数料・送料・振込手数料などの名目で引かれます。

・個人情報・クレジットカード情報を教えなくてはいけない

現金化業者に依頼した際、身分証明書とクレジットカード情報を業者に渡さなければいけません。悪質な業者の場合にはクレジットカードの両面を何も隠さずに渡さなくてはいけない業者もあります。業者も他人のカードや偽造カードなど使われたらリスクがあるため、送らせるのだと思いますが、利用者だって全ての情報を渡したらリスクがあります。優良店の場合はクレジットカードの写メはもらいますが、セキュリティコードやクレジットカード番号の一部を隠し送ってもらいます。全てのクレジットカード情報を求める業者にあたってしまったらすぐにキャンセルしましょう。自分の身は自分でしか守れませんからね。

・商品が自宅に届く業者がある

自宅に商品を送る業者はキャッシュバック方式の現金化業者になります。キャッシュバックの現金化業者は商品を送らないと違法になります。その為、100均などに売っている価値の無いパワーストーンや天然石などを送ってきます。一人暮らしなら問題ありませんが、家族と一緒に住んでいる人だと嫁に怪しまれた。などというコメントがよく届きますのでご注意を!