クレジットカード現金化をする前に事前準備

クレジットカード現金化をスムーズに行うためには事前に準備(確認)しておくものがあります。事前に準備することにより、クレジットカード現金化業者に依頼した際にスムーズに手続きが完了します。今から現金化を考えている方がいれば是非参考にしてみてくださいね。

クレジットカードの利用可能額の確認

クレジットカード現金化はショッピング枠を利用して行います。ショッピング枠がないと現金化をすることができません。その為、必ず利用可能額の確認が必要になります。

利用可能額と限度額をよく勘違いしてる方も中にはいますので違いを説明させていただきます。

『限度額とは』

利用限度額とはクレジットカードが、発行される際に決定されたクレジットカードで利用することの出来る最高金額のことを言います。例えば、クレジットカードを作った際に、限度額が50万円であれば、50万円までの商品を購入することができるのです。

『利用可能額とは』

限度額が50万円で、ショッピングなどで15万円利用していた場合、利用可能額(今日現実使える金額)は50万円から15万円を引いて35万円になります。これが利用可能額になります。

利用可能額の確認方法はWEB明細でも確認が可能になります。しかし、頻繁にクレジットカードを利用しているとWEB明細に反映が遅れてしまっているものも存在します。

そうなると、WEB上では利用可能額が10万円と出ていても、実際には8万円しか利用ができない場合もあります。そうなると、クレジットカード現金化業者に依頼した際にカードが切れない事もありますので、確実に利用可能額を確認するのあれば、カード会社に電話し、今日現在使える金額を確認しましょう。

オペレーターに電話した場合には、WEB上で反映していない金額もわかりますので、正確な金額を確認することができるのでオススメです。

 

本人確認書類の用意

クレジットカード現金化は本人確認が必ず必要です。

本人確認書類がないと現金化業者に依頼することができません。例えば、運転免許証は持っているけど普段運転しないから自宅に運転免許証を置きっぱなしにしている方もいるでしょう。

しかし、急遽現金が必要になり、現金化業者に依頼したくても身分証明書がないので至急対応ができません。そうならない為にも、一枚運転免許証を写メで撮っておきましょう!

クレジットカード現金化業者の本人確認のほとんどは、メールに身分証明書の写真を添付して送ってもらうからです。事前準備する事によっていざって時に重宝します。

現金化業者の中には、身分証明書を顔の横において自撮りした写メしか受け付けてくれない業者もあるので2種類用意しておくとより良いでしょう。

また、現住所の変更をまだ行っていない方は、公共料金の明細など現住所の確認ができる書類も用意しておきましょう。

振込口座の用意

クレジットカード現金化業者の支払方法は、利用者の指定口座に振込になります。その為、口座を持っていない方は利用する事ができません。

ま、口座を持っていない人なんて聞いたことありませんが(笑)

現金化業者は不正利用防止の為に、申込みした本人以外の口座に振込は行っていません。利用者の中には、申込は本人だけど、振込先が家族や友人なんて事もあるようです。

現金化業者がよく使っている銀行は、楽天銀行・ジャパンネット銀行・ゆうちょ銀行なのでこのどれかを持っていれば、15時以降の振込も可能になりますし、土日祝日も対応できます。

地方銀行や、現金化業者の取り扱ってない銀行は15時までしか振込ができませんので、15時を過ぎた場合は振込予約で次の朝の入金になります。

その為、地方銀行しか持っていない方はなるべく早い時間に申込みすることをオススメいたします。