クレジットカード現金化は万人におすすめできる行為ではない

クレジットカード現金化は合法か否かは多くの現金化口コミサイトでも紹介されているように、法律上では違法と言い切れないが、カード会社の規約違反であり、カード会社に発覚した場合、最悪の場合にはカード利用停止になる可能性もあります。
そのような100%安全ではない手段である以上は万人におすすめできる方法ではありません。
クレジットカード現金化

 

 

 

クレジットカード現金化を利用する人とは

代表的なクレジットカード現金化を利用する理由として、「現金が必要だが他の借入方法がない」だと思います。
2010年より完全施行された貸金業法の総量規制によって、消費者金融やクレジットカードのキャッシングでの現金借入が年収の3分の1までと制限されてしまいました。
今まで借り入れすることで生活が回っていた人達や、既に借入可能額が一杯で急な出費により現金が必要な方にとって、クレジットカード現金化と言う方法以外での現金借入方法がなくなったわけです。
クレジットカードのショッピング枠が有れば、わざわざ現金でなくてもカード支払いにしてはと思う方もいると思います。
今では公共料金や家賃の支払いまでカード支払いが可能になってきていますが、他のクレジットカードの支払いや、冠婚葬祭、大家さんに直接手渡しの家賃、学校への支払いなどは現状では現金での支払いとなっているように、銀行口座に預金がない状態ではどうにもならない場面はあるのです。

会社の運転資金として

個人事業主の場合には一時的な運転資金としてクレジットカード現金化を行う人もいます。
銀行などの融資が決定しているが、融資金が下りるまでの繋ぎとして現金が必要な場合や、個人店舗の場合には、カード売上のお金が入金されるまでの繋ぎとして利用することがあるようです。
また、小額な現金借入は可能だが、高額融資を受ける予定があるため、クレジットカード現金化を利用することもあります!
クレジットカードのショッピング枠を利用する現金化は、現金借入の跡が残らない事から、高額融資前に現金借入の履歴を残さず、印象を悪くしない対策として利用するようです。
現金借入の後が残らない理由から、住宅ローン等を考えている個人の方の中でも一時的な現金を借りるために利用することも一部では存在するようです。

現金化はあくまで特殊な方法です

個人事業主や小規模な会社の代表者が一時的に現金化を利用することもありますが、多くの意場合は他の方法での現金借入が出来ない人が利用するサービスがクレジットカード現金化です。
クレジットカード現金化の事実がカード発行会社にバレてしまった場合には、最悪カード利用停止になることもある事や、悪質な現金化業者を利用してしまった場合には個人情報を悪用されることもあるかもしれません。
また、現金化業者が摘発されるようなことが万が一にもあった場合には、そこから現金化を利用したことがカード会社に発覚する可能性や、警察の事情聴取などを受ける可能性も0%ではありません。
もちろん、優良なクレジットカード現金化業者を利用することで、これらのリスクを低くすることは可能ではありますが、リスクがまったくなくなるわけではありません。
現金化を絶対的に良いものと正当化する業者サイトや口コミ比較サイトなどでは、「家族に内緒」や「ちょっとしたお小遣いのため」、「家族や親せきに借金することに気が引ける」などの理由でも利用をすすめる内容が記載されていますが、ちょっとした遊び金欲しさに気軽に利用することは決してお勧めできません!
あくまで、支払いなどにより、どうしても現金が必要だが他の借りれ方法がない場合や、個人事業主などで一時的な資金として利用する以外での利用は控えたほうが良い特殊な方法と言う事は忘れないほうが良いでしょう。
優良店舗でも20%近くは費用として現金化業者に差し引かれることや、カード会社への支払いも、リボや分割にした場合には金利がかかってしまうことも、忘れてはいけない事実です。

どうしても必要な場合は?

どうしても現金が必要で、親戚や友人からの借入も不可能な場合の最終手段がクレジットカード現金化です。
現金化をを利用する状況では、クレジットカードが生活の最後の砦となっている状況であるとおもいます!その状況で現金化を利用することから、現金化を行う業者選びは慎重に行う事が大切となります。
クレジットカード現金化への口コミ比較や評判サイトの情報を鵜呑みにせずに、自ら電話問い合わせ行ない、その現金化の方法や対応、換金率(還元率)を調べ上げた上で優良な店舗を探しだすことをおすすめします。
また、カード会社への支払いは必ず遅れることなく支払っていくことも忘れてはいけません。
(出来るのなら、クレジットカード現金化で利用した金額は一括返済することをおすすめします)