クレジットカード現金化で失敗する人の特徴

クレジットカード現金化は誰でも申込みができ、手軽に資金調達することができるサービスですが、その手軽さあまりに失敗する人が後を絶ちません。

失敗と言っても、業者選びの失敗や、使いすぎてしまって失敗などいろいろな失敗があります。今回はそんな失敗についてお話をさせていただきたいと思います。

欲をかきすぎてしまい業者選びで失敗

クレジットカード現金化業者はインターネット上で検索して探しますが、この業者選びで失敗する人が沢山いるのです。現金化業者を探す際に皆さんが一番重視する所は、やはり還元率・換金率の高さではないでしょうか?もちろん管理人の私も還元率・換金率の高さで業者を選びます。

利用者は少しでも現金が手元に欲しいのは普通の事です。しかし、その高い還元率を重視するあまりに業者に騙されることがあります。現金化業者をネットで検索すると、よく目にするのが最大95%の還元率!!のように書いてある業者をたくさん目にしますよね。

心の中では本当に95%で現金化ができるのかな?なんて思いながら申込みすると実際には表示還元率から手数料(消費税・決済手数料・送料・振込手数料)などが引かれ最終的には65%~70%くらいまで還元率を下げられてしまいます。このように欲をかいてしまい、高い還元率の現金化業者に申込してしまうと痛い目にあってしまいます。

現時点で、このような現金化業者の割合が9割以上で、残りの1割が優良店なのです。9割以上が悪質な業者なため、本当の優良店を見つけるには数社失敗覚悟で申込みし、見極めるしか方法はありません。

ですが、それではこの記事を見ている人に何のメリットもありませんよね(笑)ですがご安心ください。管理人の私が数十社実際に申込みして調査し、オススメできる優良店を紹介しているからです。

私の紹介してる優良店はホームページ記載の換金率で現金化することができる業者で、一切手数料もかからない業者なのです。もしこれから現金化を考えている人や、今利用している業者を変えたいなーなんて思っている人がいれば是非参考にしてみてくださいね。

 

カードを使いすぎて失敗

続いてはクレジットカードのショッピング枠を使いすぎてしまい支払いが困難になってしまう事です。クレジットカード現金化は簡単に申込みができて、尚且つ手続きのスピードが断然速いので利用者が使いすぎてしまう傾向があります。クレジットカード現金化だけではなく、消費者金融やカードローンなども同じ事が言えます。

簡単にお金を手にすることができるので、利用者が使いすぎてしまい失敗することが多いのです。使いすぎてしまうと、支払いが膨らんでしまい最終的には支払いができなくなるケースも少なくありませんので、必ず利用する際には計画をしっかりと立てた上で利用するようにしましょう。できれば利用した分はしっかり返済が終ってから再度利用するようにしましょう。便利な半面、リスクも少なからずありますからね。