クレジットカード現金化が出来ない時の原因と対処法

クレジットカード現金化を行う際、当たりまえの事ですがクレジットカードのショッピング枠を利用します。そして業者指定商品を購入するのですが、その際クレジットカードで商品購入が出来ないことがあります。

突然クレジットカードが切れなくなると焦りますよね!その場合にはいくつかの原因があり、その原因を突き止めなければクレジットカード現金化をすることができません。

今回はその原因と対処法についてお話させて頂きます。

利用限度額オーバー

クレジットカード現金化で商品購入が出来ない一番の原因が利用限度額オーバーです。普段から利用明細・WEB明細など全く見ないで、大体で計算している人によく見られます。

利用者の中にはさっきWEB明細で確認した時には利用可能額があったのになんでカード切れないの?って事もあります。

実はWEB明細は全てリアルタイムで反映されるわけではなく、利用したお店などによってはWEB明細に反映されるのに時間がかかる場合があるからです。

WEB明細をしっかりと毎回チェックしている人ならなんとなく理解して頂けると思いますが、商品購入したのに一向にWEBに反映されない事ってありますよね!

その購入商品の金額が反映されていない為に、WEBで確認した金額と誤差がうまれカードが切れないのです。

もし、確実な利用額を知りたい場合は、直接カード会社に電話してオペレーターに確認しましょう。オペレーターに確認するとWEBに反映されていない物までわかるので、正確な金額をしることができます。

有効期限切れ

クレジットカードには有効期限があります。通常であれば更新のお知らせなどが来るので把握している人がほとんどですが、ちゃんと把握していない人は有効期限切れのクレジットカードを使ってしまい、よく見たら有効期限が切れてた(テヘ笑)なんて事があります。

クレジットカードの有効期限は02/23←このような記載になっています。02(月)/23(年)を意味し、2023年2月まで使えることになります。

しっかり覚えておきましょうね!

セキュリティー

クレジットカードにセキュリティロックがかかると、そのカードが使えなくなります。セキュリティロックとは、クレジットカードの不正使用を防ぐための機能のことです。

セキュリティーは通常より高額の決済をした時や、決済作業を何度も間違えた時、海外決済などでもかかります。
一旦セキュリティロックがかかると、カード会社に連絡してロックを解除してもらうまではそのカードが使えませんので、万が一商品購入が出来なかった場合には、何度も決済作業はせずにすぐにカード会社に電話して確認するようにしましょう。

支払い延滞

支払いを延滞している場合は支払いが終るまでお持ちのクレジットカードを使用する事ができません。また、支払い延滞は最もやってはいけない行為になり、1日でも延滞すると信用情報機関に延滞したと登録されるのと、何度も延滞を繰り返すと、ローンが組めなくなったりもします。絶対に支払い延滞はしないようにしましょう!

作りたてのクレジットカード

家族カード

作りたてのカードでいきなり高額商品を購入し現金化しようとすると、かなりの確率で商品購入が出来ないことがあります。

なぜ作りたてのクレジットカードだと高額決済ができなかと言うと、カード利用実績が何もないためです。利用実績もないのにいきなり高額商品を購入するとセキュリティーがかかる率が高くなるためです。

万が一、購入が出来なかった場合にはカード会社に電話してオペレーターに電話し、カードが切れなかったことをつたえましょう。セキュリティーが解除できれば商品を購入することが可能です。

クレジットカード現金化を行う場合には、利用実績のあるクレジットカードを使用した方がセキュリティーはかかりにくくなっています。

まとめ

このようにクレジットカードが使用できなかった場合にはいろいろな原因が考えられるのです。自身で利用可能額・有効期限などしっかり把握するようにしましょう。