クレジットカード現金化が個人事業主の利用者が多いのはなぜ?

【個人事業主】

個人事業主(こじんじぎょうぬし)は、株式会社等の法人を設立せずに自ら事業を行っている個人をいう。自営業者とも。事業主一人のみ、家族のみ、あるいは少数の従業員を抱える小規模の経営が一般的だが、制限はなく、大規模な企業体を経営することも出来ないわけではない。雇用されている者(サラリーマンのこと)は個人事業主ではないが、継続的な請負(下請)や納入をする業者、代理店など、雇用でない契約によって他者の事業に従属する者はあくまで独立の経営であり、それが法人でなければ個人事業主である。 つまり、個人事業主とは、会社経営者でもサラリーマンでも公務員でもアルバイトでも無職でもない者の総称と言う。

個人事業主としてビジネスをしていると資金繰りに困ることも少なくないかと思います。運転資金が十分にあればさほど問題はありませんが、多くの個人事業主ははじめ、銀行からの融資を受けその資金を毎月返済しながら経営をおこなっている人も沢山います。

毎月安定して売り上げがあれば資金繰りに困ることはありませんが、そこまで世の中甘くはありません。売り上げが悪い月にはどうしても現金が必要になる事もありますし、何か問題が起きればすぐにまとまった現金を用意しなくてはいけない状況も出てくるでしょう。

その様な状態の時、真っ先に頭に浮かぶことは銀行からの追加融資ではないでしょうか。しかし、この不況な世の中でそう簡単に追加融資をしてくれるような銀行はそうそうありません。

銀行も売り上げの悪いお店に融資するよりも売り上げが上がっているお店に融資した方がリスクが少ないので、返済能力のあるリスクの少ない会社ばかりをピックアップし融資しようとします。

また、銀行に融資をお願いすると提出書類の多さや、審査まで時間がかなりかかってしまいます。その為、すぐにお金が必要な時には銀行での融資は不向きでもあります。

そんな急な資金繰りにも対応できるのがショッピング枠を使ったクレジットカード現金化なのです!

クレジットカード現金化は個人事業主の救世主

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2種類があります。

ショッピング枠は年齢や年収やカードヒストリーなどの独自審査により枠が決まります。はじめは枠が少なくても、クレジットカードをよく使っている人は数か月で枠が上がる事もあります。

長年クレジットカードを利用していれば50万円~200万円くらいの枠になるかとは思います。

キャッシングは、カード会社側にとってはいわゆる「貸金業」に当たる行為です。 そのため、貸金業法に定められている総量規制という制度を守る義務があります。その為、ショッピング枠に比べると枠が狭まっています。

【総量規制とは】
総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、(与信枠が50万円を超える場合も含みます。)あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。

クレジットカード現金化は今お持ちのカードのショッピング枠を利用して現金化するため、審査など煩わしいものはありません。利用可能額があればその分現金化することが可能になります。

クレジットカード現金化は急な資金繰りに即日対応が可能になります。通常新規の申込の場合、本人確認が必要になりますが、手続き自体は1時間程度あれば指定口座に現金が振込されます。

2回目以降の申込の場合には本人確認は不要になりますので、最短10分程度で完了するのも魅力の一つです。

銀行やカードローンなどは審査に時間がかかったり、審査に落ちる事もありますが、ショッピング枠現金化は審査に落ちることもありませんし、時間がかかることもありません。

万が一の時の為に、クレジットカード現金化と言う方法もシェアに入れてみてもいいのではないでしょうか。

クレジットカード現金化の注意点

クレジットカード現金化は専門の業者に依頼する際、必ず手数料が発生します。業者によって手数料は異なりますが、相場は20%~30%程度手数料として現金化業者に支払う形になります。

クレジットカード現金化業者をインターネットで探すと、最大98%の還元率!!なんて書いてある業者が沢山ありますが、実際に98%で現金化できるわけではありません。

表示還元率から消費税・決済手数料・送料・振込手数料などが必ず引かれ、最終的に70%前後の還元率になります。そのため、初めてクレジットカード現金化を行う際は、申込みする前に業者に電話でどのくらい手数料が引かれるのか確認が必要になります。

中には申込みする前に換金率・還元率は教えられないと言う現金化業者もありますのでそのような業者だった場合には申込するのをやめましょう。

優良店は換金率や振込金額など明確な数字を言ってくれるので、そのような現金化業者に依頼するようにしましょう。