クレジットカード現金化がモアタイムシステムで便利になる

クレジットカード現金化業者の多くは即日振込での対応を掲げていますが、各クレジットカード現金化業者指定の金融機関以外への即日振込は平日15時までが通常でした。
15時以降や土曜日曜祝日に振込みを行ってもらうためには、ネットバンクやゆうちょ銀行の口座が必要であり、それら以外の金融機関への振込みを希望する場合には翌営業日の着金となるのが普通でその理由は金融機構のシステム上、仕方のないことでした。
そのような既存のシステムでの不便な点を解消するがごとく、2018年10月9日より金融機関に導入されたシステムが「モアタイムシステム」です!

モアタイムシステムとは

銀行振込

 

 

 

 

 

 

「モアタイムシステム」とは一般社団法人全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)が、他の銀行(全銀ネット加盟金融機関)などへの即時振り込みを24時間365日可能にした新しいシステムの事を呼びます。
「モアタイムシステム」が開始時点では、全国約500の金融機関で対応可能となっており、今までは平日15時までの振込みだった地方銀行などへも即時振込みが可能なりました。
実際にはシステム開始数週間は即時とはいかない可能性もあり、15分~30分ほどのタイムロスが起こる可能性も考えられますが、今までのシステムと比べると問題ないレベルまで利便性が上がったと言えるでしょう。
ちなみに今までの稼動時間帯(平日8時30分~15時30分、12月を除く月末営業日7時30分~16時30分)はこれまでのシステムでの稼働となり、それらの時間以外を「モアタイムシステム」がカバーする形で稼働させるようです。
また、日本全国すべての金融機関がこのモアタイムシステム開始時から参加しているわけではなく、メガバンクではみずほ銀行が開始時点では未対応であるほか、その他の銀行や信用金庫などで未対応の金融機関もあります。

ネットバンク口座が無くても即日現金を受け取ることも可能

このシステムは金融機関でのシステムであり、一部の金融機関を除いては基本24時間(開始当初は8:30~18:00までの金融機関もあり)即日振込みが可能ですので、クレジットカード現金化を利用した際の振込みも、同じく24時間年中無休で受取可能となったわけです。
とうぜん現金化業者の営業時間内での話ですが、今までは業者指定の金融機関口座を持っていない場合は翌営業日にお金を手にすることとなっていた方達も即日現金を手にすることが可能となったわけです。
注意点として一部の金融機構で「モアタイムシステム」に参加していない金融機関も存在している為、振込先の金融機構が対応可能かは確認しておく必要があります。
こちらから確認は可能ですので予め調べてみておくといいでしょう⇒モアタイムシステム参加金融機関一覧

注意する点

この「モアタイムシステム」の導入により、現金化業者の対応可能な金融機関での差は無くなりました!
24時間振込み可能になった金融機関が増えたことから、現金化業者を選ぶ際にも24時間営業の業者を選ぶ方が増えることも予想できますが、営業時間だけで業者を選ぶことは非常に危険な行為です!
24時間営業の業者の中には企業としての営業形態ではなく、個人営業で自宅で対応する業者もあり、このような業者は個人情報の管理も杜撰である場合が多いことや、換金率(還元率)が非常に低い業者が多いようです。
基本、夜中も営業していることを考えると手数料も割高になるのは仕方ないにですが、そういった告知は無く、当然のように後から手数料を引いてくるような業者が多いため、営業時間重視の業者選定は避けるべきと言えます。

現金化業者は土日、祝日でも掘り込み可能

現状の現金化業者は土日祝日営業は当たり前になっています。
今までなら地方銀行の口座しか持ち合わせてない方は、手続きは土日祝日に行えても、現金を手にすることができるのは金融機関の翌営業日となっていましたが、これからは「モアタイムシステム」のと稼働により即日現金を手にすることが可能になりました。
現金化業者のサイトにはまだまだそれらのガイダンスは表示されていない可能性もありますが、問い合わせで確認すると振込み可能なと返答があるとおもいます。
その為、わざわざ夜中に手続きを行わなくても休日にゆっくり手続きをすることも可能であり、換金率(還元率)や安全性、問い合わせ対応などを基準に現金化業者を選ぶことに専念できます。

モアタイムシステムによって本質で業者選びが可能になった

振込先金融機関

 

 

 

 

 

今までは換金率(還元率)に不満があっても、振込先口座や休日に即日現金が手にできるかなどの理由でなくなくあまりよくない現金化業者を利用していた方も、あたらしい金融システム開始によって現金化業者の本質である換金率(還元率)や安全性重視で選ぶことが可能になりました。
現在利用中の現金化業者に不満がある場合には、これを機会に別業者への乗り換えを検討してみるのも良いでしょう。