クレジットカードの途上与信とは?

クレジットカードの「途上与信」と言う言葉をご存知でしょうか?クレジットカードを申し込む際の個人信用情報の審査に関してはネット上にも様々な情報が出ていることから把握している人も少なくないと思いますが、「途上与信」と言う単語やその内容を把握している人は決して多くないと思います。

途上与信とは

 

 

 

 

 

 

途上与信とは?

途上与信とは別名で「途上管理」や「途上審査」「モニタリング」とも呼ばれるもので、金融消費者信用のリスク管理手法の一つで、クレジットカードやキャッシング、カードローンなどの信用供与を行った後に、利用者のカード利用状況や返済状況をチェック(審査)することをいいます。
この途上与信によってカード利用者の利用限度額の見直や、延滞発生の未然防止、また偽造カードや不正カードをいち早く発見することに役立てることを目的としています。
申し込み審査の際に確認される、個人信用情報機関での審査と同様に行なわれ、審査される項目は「利用金額」・「支払い履歴」・「他社利用額の増減」・「延滞履歴」・「事故を起こしてないか」などです。

途上与信はいつされるのか?

調べる

 

 

 

 

 

 

 

途上与信のタイミングは各カード会社によって違いがありますが、共通して行なわれるのは
・カード更新の際
・利用限度額の引き上げ申し込みがあった場合 です。
また、全てのカード会社が行なっているわけではないのですが、住所変更職業変更の届けを出した際にも行われ場合もあります。
カード会社や利用者の状況によって違いがありますが、上記のタイミング以外でも途上与信は定期的に行われており、銀行系カードでは数か月に一度は必ず行うと言う様な情報があることや、利用状況が不安定な利用者は頻繁に行われる傾向にあるようです(消費者金融の利用歴が多い、リボ払いをよく使う、職業が不安定など)。
カード会社から明確にいつ行うかなどが公表されていないことから、公の情報では無いものの、クレジットカードの比較を行うサイトなどでの検証結果では、銀行系カード以外で利用状況が良い場合には一年以上、途上与信が行われない場合が多いなどの情報があります。

法定途上与信

途上与信とは別の法定途上与信というものもありますが、こちらも中間審査であり、審査内容に途上与信と変わりはありません。
変わる点は貸金業法で定められたものであり、法律で定められた途上与信の事を呼びます。
貸金業法で定められているため、対象はキャッシングやカードローンの利用者が対象であり、法定途上与信を行うタイミングは途上与信とはことなり、法律で定められています。
【法廷途上与信のタイミング】
・1か月の貸付合計金額が5万円以上、貸付残高合計が10万以上の場合には毎月、途上与信が行われます。
・また、貸付がない月でも、貸付残高が10万円以上ある場合には、3か月に一度、途上与信が行われます。
※途上与信の結果、借り入れ合計額が年収の3分の1に達していると分かった場合、貸金業法の総量規制によって、新たな借入はできなくなります。

途上与信に落ちると

途上与信とは中間審査であるため、利用状況が悪い場合には審査に落ちてしまうこともあります。
カード更新時、通常は新しいカードが送られてきますが、こちらは新しいカードを発行する前に途上与信が行われ、審査に通過したから送られてくるのです!審査に落ちた場合には残念ながら更新された新しいカードは送られてこないことや、利用限度額が低い金額に変更されたカードが送られてくることとなります。
利用限度額の増額を行った際の途上与信で落ちた場合には、増額は出来ないことはもちろん、場合によっては利用限度額の減額やカード利用停止になることもあります。

途上与信に落ちる理由

クレジットカードの途上与信に落ちる理由は利用状況が悪いためですが、「利用状況が悪い」とは『他者(他のクレジットカード)での支払い延滞』・『他者での利用額(借入)が増えた』
などとなります。
基本、一括支払いでの返済を行っている方よりも、いくつかのカードでリボルビング支払いを行っている人の方が途上与信での審査に落ちる人が多いようで、その理由は返済能力に不安があると判断されるためです。
利用状況が悪い場合以外でも、利用限度額が自動的にアップしたことで審査基準が厳しくなり、カード利用者に落ち度はない状況でも審査に落ちる場合があります。
(楽天カードなど、申し込み審査が優しいカードでこのようなことが起こりやすいようです)

途上与信に落ちた場合

途上与信での審査でカード利用停止になった場合、コールセンターにいくら文句や理由を伝えても基本的にはカードを復活させることはできません!
この場合にはカード利用停止になったカードは一度あきらめて、新たにクレジットヒストリーを貯めて新たに申し込みを行うか、カード審査の基準が低い別カードを申し込むほうが良いでしょう。
※個人信用情報機関に事故情報がある場合には他のクレジットカードを作ることも難しいです。