クレジットカードの審査難易度

現在多くのカード会社からクレジットカードが発行されていますが、希望するクレジットカードは誰でも所持できるものでは無く、カード会社ごとに申し込み審査を行い、申し込み審査に通過した人物にのみがカードを所持することができます。
申し込み審査はカード会社や発行するカードランクによって難易度は異なり、バイトでも作れるカードもあれば正社員かつ高所得でなければ通らないなど様々です。
ご自身が持ちたいと思うクレジットカードの難易度や、実際に今作れる可能性が有るカードはどこのカードなのかを知っておくことで、今後クレジットカードを新しく作る際にスムーズに手続きを進める役に立つはずです。
カード難易度

 

 

 

 

 

クレジットカードの審査とは

クレジットカードの審査とは、各カード会社ごとに定められた「スコアリング審査」と個人の信用情報にキズがないか「個人信用情報機関」で調べる、「信用情報審査」の2つとなり、どのクレジットカード会社でも略、同じ審査基準となるのが個人信用情報機関での信用審査です。
この信用情報にはクレジットカードやローンを利用すると、その利用履歴が情報として登録されます。
情報にはそれぞれ保存される期間は異なる物の、クレジットカードやローンに申し込みを行った履歴や、返済の延滞情報、自己破産などの事故情報も記載されています。
個人信用情報に事故情報が書かれたいわゆる信用ブラックの状況では、基本何処のクレジットカードも作れません!
(ACアコムマスターカードのみブラックでも作れると言う様な情報もあります)

日本にある個人信用情報機関は3機構となっており、信用情報が必要な業態によって加盟している機関に違いがあり、大まかな振り分けは以下のようになっています。
●クレジットカード会社が多く加盟している信用情報機関=CIC
●消費者金融系が多く加盟している信用情報機関=JICC
●銀行系が多く加盟している信用情報機関=全国銀行個人信用情報センター
クレジットカードには現金を貸すキャッシング枠と、買い物に利用するショッピング枠が存在するため、カード会社の多くはCICとJICCのどちらにも加盟していることが大半のようです。
また、個人信用情報機関は互いに「FINE」「CRIN」という2つのシステムで情報共有を行なっているため、事故情報が有る場合にはどこの機構でも情報が残っていると思った方が良いでしょう。(通常の情報は共有されていないようです)
信用情報にはクレジットカードやローンの利用履歴が記録されるため、申込み審査ではネガティブなイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、信用情報にはその利用者がどのようにクレジットカードやローンを使ってきたのかという記録であるため、事故情報がない限りはネガティブな評価ではなく、カードの利用と支払いをしっかり行っていた実績を確認できるポジティブな情報として、申込者の信用度を有利にする情報でもあります。

スコアリング審査は各カード会社ごとに基準が異なり、カード会社ごとの審査難易度と称する場合このスコアリング審査の事を指します。
クレジットカード審査で重要となる条件は「返済能力が有るか無いか」の判断と言われており、返済能力があるかどうかを見極める為にカード会社は【支払能力】【本人の性格】【資産、財産】3つの要素から査定基準を設けています。
これらの基準をスコアリングで点数を付けることでカードを発行するに値する人か否かの判断を行います。
審査内容はどの会社もほぼ同じであるが、スコアリングの基準が異なることで審査の難易度が変わり、例えば申込者の年齢が40歳の場合、A社は25点とするがB社は20点、年収が500万円の場合、A社は10点だがB社は15点など各項目ごとの点数の付け方が違う事で合計テンスが変わってきます。
ちなみに審査喜寿とされる項目は「年齢」「年収」「勤務先」「雇用形態」「勤務年数」「既婚・未婚」「家族構成」「住宅状況」「移住年数」「他社借入件数」「他社借入額」となっています。

クレジットカードの審査難易度

以下の表はカード会社審査難易度の一覧です。
同カード会社のランクアップカード(ゴールド・プラチナ・ブラックカード等)の場合は以下の表よりさらに難易度が数ランク上がりますが、自ら申し込みを行う事が出来ない(インビテーションが来ないと作れない)カードもあることから、一般カードで審査難易度とします。

審査難易度 カード会社
★★★★★★★★★ ダイナースクラブカード
★★★★★★★★ アメリカン・エキスプラスカード/三井住友VISAクラシックカード
★★★★★★★ MUFGカード/みずほマイレージクラブカード
★★★★★★ JCB一般カード/セゾンパール・アメリカンエキスプレスカード(グリーンカード)
★★★★★ NICOSカード/セディナカード
★★★★ REXカード/オリコカード
★★★ dカード/Yahoo! Japanカード
★★ エポスカード/楽天カード/ファミマTカード
ACアコムマスターカード

※審査基準となる条件(収入・雇用形態・住宅・他社の借入など)が各カード会社ごとに異なるため、申込者の状況によって難易度が低いカードが通らなくても、数ランク上の難易度のカードに通る事もあります。あくまで目安としてご利用ください!