クレジットカードの利用限度額を引き上げる方法と注意点

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2通りの利用できる金額の枠が有ります。
ショッピング枠とキャッシング枠の利用限度額が共通となっているクレジットカードも存在しますが、総量規制の関係でクレジットカードの多くはそれぞれの別に利用限度額が設定されています。
この利用限度額はカードの種類によって違いがあるのはもちろんのこと、同じカードでも申込時の審査基準によって10万程度の利用限度額の人もいれま数100万程の利用限度額がある人もいます。
それではカードを作った際に決められた利用限度額を引き上げる事は出来ないのでしょうか?答えはNOで利用限度額を引き上げることは可能となっています。

利用限度額を引き上げる

 

 

 

 

クレジットカードの利用限度額とは

利用限度額とはクレジットカードで利用することができる上限金額のことをいいます!
この上限金額の範囲内で買い物やキャッシングが可能となりますが、利用することで支払いが完了するまではその利用できる枠は少なくなります。
先にも述べたように、この利用限度枠はカード会社から現金を借り入れることができる「キャッシング枠」と、お店で買い物や食事代などに利用することができる「ショッピング枠」を合計したものや、それぞれ別枠としてカード発行時に設定されます。
クレジットカードの利用限度額は、カードの種類によって大きく異なりますが、基本的な範囲は以下のようになっています
【一般カード】
10万~100万
【ゴールドカード等のランク上カード】
100万~300万
同じクレジットカードでも申込者の職業・年収・住居・年齢・他のクレジットカードの利用履歴などによって初めに設定される利用限度額は変わります。

クレジットカードの利用限度額を引き上げる方法

クレジットカードの利用限度額は初めに設定された金額から引き上げることも可能でありその方法は以下のようになっています

クレジットカードの利用実績を積み上げる

発行されたクレジットカードを毎月の支払いを忘れることなく支払い、利用し続けることで自動的に利用枠は引き上げられます(一部カードによっては自動に上がることが無いものも有ります)
基本的な目安としては1年程度のカード利用が自動引き上げの目安になりますが、ポイントとしてカードを作り持っているだけでは利用限度額の引き上げはありません!「利用してしっかり支払う」ことで信用度が上がり実績が付く形です。

カード発行会社に引き上げの申請をする

カード発行会社に申請を行う事で利用限度額を引き上げることが出来ることもあります。
申請はクレジットカード入会後、3ヵ月~半年程度経過した段階で行う事が出来ますが、ポイントはこの期間内に利用と支払いをしっかり行っておくことが大切です。
引き上げ可能か否かは電話やネットから簡単にできるようになっているクレジットカード会社が多いようですが、その際にはしっかり審査が行われるため、必ず利用限度額が引き上げられる保証はありません。

一時的に利用限度額を引き上げる

永続的では無い物のクレジットカード発行会社に利用目的や日時を伝えることで一時的に利用枠を引き上げることをできるカードもあります。
旅行などの際にこの一時的に引き上げることを行う利用者も多いようですが、注意点としては引き上げた利用枠分の支払いは一括支払いでの返済のみでのカード会社があるため事前に自身のカードがどのようになっているかの確認も必要です。
こちらの場合も審査はありますが、、恒久的な利用枠の引き上げではなく一時的な引き上げのため、これまでのカード利用内容が著しく悪くない限りは審査は通りやすいようです。

ワンランク上のカードを申し込む

お持ちのクレジットカードの利用枠を引き上げるとは異なりますが、カード発行会社のワンランク上のゴールドカード等に新たに申し込みを行い、審査が通過した場合には基本的な利用枠の設定が高いことから、必然的に利用枠を引き上げた事となります。
しかし、この場合にはランク上のカードのため、年会費が高くなることや、必ずしも審査に通る訳ではないことも忘れてはいけません。

引き上げ申請の審査が通らない場合

引き上げ申請での審査が通らない理由としては以下の理由が考えられます。
●信用力が低い
カードを作ってからの期間が浅い
●申請時の年収がカード申込時より低くなっている
少し下がっている程度はあまり関係ないようですが、大きく年収が変わっている場合には審査に影響します
●勤務先や雇用形態が申込時と異なる
申込時には正社員だったが引き上げ申請時にはバイトなどに代わっている場合には引き上げ審査は難しくなります
●連続して申請をしている
何度も申し込みを繰り返すことで、お金に困っているなどのマイナスイメージを与えてしまうことが原因です
●他社カードを含めて「延滞履歴」がある
利用枠引き上げ対象のカード以外でも支払いが遅れ信用情報に傷がついている場合には引き上げ審査は通らないと思った方が良いでしょう。また、他社の支払い延滞などの傷があることを利用枠の引き上げを申請したことで確認されてしまい、逆に枠を引き下げられることもあります
●支払可能見込額を超えてしまっている
支払可能見込額とは、年収などから生活を維持するために必要な支出や債務などを除き、無理なくクレジット代金として1年間に支払うことができると想定される金額の事を呼び「年収−法律で定められた生活維持費-1年間のクレジット支払い予定額」で求められた金額以上の利用限度額は設定されないようになっています

上記のような理由から信用情報に傷がある人や、勤務状況や年収にカード作成時より変化があった人は、利用枠の引き上げ申請を行う事で逆に枠を下げられてしまうこともある事から、それらに当たる人は逆に再審査をされる機会を作る、利用博の引き上げは避けたほうが良いでしょう