クレジットカードのブランドの違いによる現金化の注意点

クレジットカード現金化を行う上で、利用するクレジットカードのブランドや発行されるカード会社によって注意する点は異なります。
現金化を申し込む業者の選び方(カードの違いだけでの選定)や、利用する金額範囲、不正利用への警戒度などクレジットカードブランドの違い別に検証してみます。
※カード所持者の利用状況によっても違いがありますが、平均的な利用状況と想定してクレジットカードの違いのみでの検証とします。

クレジットカード種類

 

 

 

 

Masterカード

Masterカードを利用する現金化は、現状どこの現金化業者でも利用可能なカードブランドです。
Masterカードであることでの突起して挙げる注意点はあまりなく、返済を送れるなどの一般的な使用でもマイナスとなる行為を行わない限りは問題なく使用できます。
Masterカードと提携してカード発行を行う会社によって注意点は変わることから発行元による違いも別の機会に紹介いたします。

visaカード

visaカードは世界で一番決済業務が多いクレジットカードブランドです。
利用できるサイトも多く、クレジットカード現金化に関してもどの業者でも使用可能なカードブランドと言えます。
Masterカード同様に、Visaカードであることでの突起して挙げる現金化での注意点はあまりなく、返済を送れるなどの一般的な使用でもマイナスとなる行為を行わない限りは問題なく使用できます。
カード発行会社によっての注意点はマスターカードと同様にある事から、カード発行元別の注意点も別の機会に紹介いたします。

JCBカード

国際ブランドであるJCBカードは日本唯一の国産ブランドです。
JCB自身からもプロパーカードが発行されているほか提携カードとしても、多くのカード会社から発行されているブランドです。
Visaカード、Masterカードとくらべると利用できる店舗は少なく、お店側がカード会社に支払う決済手数料も高いことから、クレジットカード現金化での利用では、業者によって(特にキャッシュバック方式の業者)還元率(換金率)が低くなることもあります。
また、不正利用へのセキュリティも高いことから、海外決済システムを使用している現金化業者での決済時にセキュリティーロックがかかってしまう事もあります。
このセキュリティーロックはカード保持者ご本人が利用しているかの確認の為ロックであるため、ご本人がカード会社に連絡することで問題なく解除されます。
電話連絡でのご本人が使用したかの確認が掛かってくることもある為、その際には必ず対応することが必要です!その際には間違っても「現金化に使用する」などは伝えてはいけないこと説明するまでもないでしょう。

アメリカンエキスプレスカード(AMEX)

アメリカン・エキスプレス・カードはダイナースクラブカードと並びステータスが高く、多彩な特典を取り揃えたスペックの高いカードです。
クレディセゾンや三菱UFJニコス、ANNなどから発行される提携型のAMEXカードも存在しますが、ここではアメリカンエキスプレスから発行される単体カードでの説明とします。
一昔前までは利用できる店舗が少ないカードと言う認識でしたが、現在では大手カード発行会社のJCBと提携したことでJCBカードが利用できる店舗であれば利用することができ、多くの場所で利用できるクレジットカードとなりました。
しかしながら決済手数料はJCB同様に高く、現金化業者で利用する場合にはVisa、Masterカードより低い換金率(還元率)になること多いカードです。
もちろん、すべての現金化業者で低くなる訳ではなく優良な現金化業者では他のカードと同じ換金率で利用できます。
AMEXカードの利用限度額は設定されていませんが、無制限で利用できるカードと言うわけではなくカード所持者によって利用限度額は異なります
また、事前承認というシステムもあり、基本的には使用前にカード会社の電話する、もしくはネットにて利用可能かの確認を行う(利用可能金額確=事前承認となります)が必要となります。
この事前承認を行っていないことで現金化での利用が出来ないことも多くあるため、かならず現金化で利用の際にも事前承認を行う事をお勧めします。
その事前承認の方法などは各現金化業者に確認して、どのように行えばいいかを確認すると良いでしょう。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードは、世界で最初に誕生し日本でも一番長い歴史を持つ伝統ある格式高いクレジットカードです。
現在では審査基準も優しくなり医者や弁護士、会社経営者等でなければ審査が通らないと言う過去の状況とは違い、年収500万円以上で審査が通ると言う情報まであります。
実際には500万以上の年収で必ず所持できるカードと言うわけでもありませんが、一昔に比べると審査基準は優しくなった事は確かです。
クレジットカード現金化でダイナースクラブカードを利用する際の注意点は、利用できる現金化業者が少ないことや、たとえ利用できたとしても決済手数料の関係から換金率(還元率)が低くなってしまう事が多いようです。
ただしAMEXカードの場合と同じく、他のクレジットカードと変わらない優良な業者も存在しています。
ダイナースクラブカードは提携先もしっかり判断していることやカード申し込み審査での難易度が高いことから、利用できる業者であればアメックスカードの様に事前承認などの必要もなく、利用状況に関してもVisaやMasterなどのカードと変わりはありません。
ダイナースクラブカードを所持できていること、決済として使用できる店舗と言う事で既に信頼度が高いと判断しているのかもしれません。

まとめとして

クレジットカード現金化に限らず、ご自身の所持しているクレジットカードの特長を把握しておくことは長くカード会社と付き合えるコツの一つです
ここで紹介した内容は各カードブランドの特長の一部であるため、ご自身でも所持しているクレジットカードの特長をしっかり調べてみる機会を設けてみてはいかがでしょう。