クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠の違いとは

クレジットカードをお持ちに方でも使用できる枠に関してよく理解していない方も少なくないと思います。
一昔前まではその用途に合わせたカードが発行されていたため、利用できる金額も分かりやすかったのですが、現在では同一カードでショッピングとキャッシングの2通りの用途や、中には電子マネーの機能まで組み込まれているカードまで存在する為、全てを把握されていない方が多くなったようです。
クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠の違いはクレジットカード現金化を行う場合にも把握しておきたいポイントである為、最低限の知識として覚えておきましょう。
クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードのキャッシング枠とは簡単に伝えると現金を借りることのできる枠であり、カードローンなどと同じ現金融資を受けれる範囲と言う事です。
カードローンとキャッシングの違いは明確に線引きすることが難しく、成り立ちからの説明すると「クレジットカード会社から発行されるカードの機能として一括返済が前提で融資を受けれる」のがキャッシングであり、「銀行や消費者金融から発行されるカードで分割やリボ払いでの返済が前提とされる」のがカードローンという事となります。
現在ではキャッシングも分割やリボ払いでの返済が可能になっているため区別が難しくなっています。
しかし、返済に関するルールでこの違いはあり、カードローンの返済は月々の支払期日までに当月分の返済金額を支払えば支払期日に再度支払いをする必要はなく、キャッシングはクレジットカード会社が指定する支払日より前に返済をしても、決められた期日には必ず決められた返済金額を支払う必要性があります。
細かな違いでも、キャッシング・カードローン共にATMから使用限度枠内で簡単にお金を引出せることができるが、カードローンは国内でしか使用できないのに対してキャッシングは海外のATMでも現金を引き出すことが可能となっています。(キャッシングはクレジットカードの一機能とみなされるからです)

クレジットカードのショッピング枠

クレジットカードショッピング枠は買い物や食事代をはじめ、今では家賃や光熱費などの支払いをカード会社が立替てくれる枠であり、この枠を使っての現金融資はできません。
元々は立替えた分の支払いは一括返済するのが通常でしたが、今ではリボ支払いや分割支払いが主流になりつつあります。
この枠は現金を持ち歩かなくてもサービス提供店舗で支払することが可能となるサービスであり、クレジットカード会社は決済利用料をカード決済機械を設置している店舗から徴収することで利益を生み出しています。
その性質上、クレジットカードショッピング枠にはキャッシング枠とは違い貸金業法の総量規制は対象外となっています。
また、クレジットカード会社での利用規則では、あくまで買い物や食事での利用が前提であり、支払代金をクレジットカード会社が立て替えているため、クレジットカード会社への支払い完済までは購入商品の所有権はクレジットカード会社にあるものと考えられています。

貸金業法総量規制とは

貸金業法総量規制
先のショッピング枠での説明に書いた「貸金業法総量規制」とは、2010年6月に完全施行された法律であり、その内容は現金融資での上限金利の引き下げ及び現金融資の上限設定となっています。
この総量規制は年収の3分の1以上の借入を原則禁止とした法律であり、年収の3分の1の規定は1社での借入金額ではなく借入先すべての会社・カードの合計が規制対象となっています。
総量規制の除外も設けられており、その内容は「不動産購入又は不動産改良の為の貸付」「自動車購入時の自動車担保貸付」「高額医療費の貸付」「有価証券担保の貸付」「不動産担保貸付」「売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付」「手形の割引」「金融商品取引業者が行う500万円超の貸付」「貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介」また、例外として「顧客に一方的に有利となる借り換え」「緊急の医療費の貸付」「社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金貸付」「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付」「個人事業者に対する貸付」などが総量規制の範囲に含まれません。
量規制の簡単にお金を借りることができたクレジットカードのキャッシング枠に対しては厳しい借入限度額が決められる形となりました。
カードローンに対しても例外、除外にあたる融資として借入が可能な場合もあるが、その審査は大変厳しいものとなってしまいました。

クレジットカードのショッピング枠は貸金業法総量規制には入らない

ショッピング枠での説明でも述べた内容ですが、貸金業法総量規制の中にはショッピング枠は含まれていません。
その為、現状ではカード利用者の信用情報が良ければ年収の3分の1以上の利用枠を作ることも可能となっています。
この「貸金業法総量規制」の特性により、近年ではキャッシング枠が無く、現金を必要とする人たちがクレジットカード現金化を利用する流れになっているようです。

キャッシング枠とショッピング枠の違い

キャッシング枠とショッピング枠の違いは単純に利用できる金額の枠が分かれているだけでなく、その利用用途の違いにより利用規約にも違う事や、利用可能金額自体も法律によって違いがあることを覚えておきましょう。